PowerPivot でインポートされたデータを更新する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

前にインポートしたデータを PowerPivot アドインを使って更新する際には、更新が成功したか、失敗したか、取り消されたかを確認できます。

PowerPivot で、[ホーム]、[外部データの取り込み]、[更新] (または [すべて更新]) の順にクリックして、データ モデル内の現在のテーブルまたはすべてのテーブルを再インポートします。

データ モデルで使われている接続ごとに、更新の状態が示されます。 状態には 3 種類あります。

Power Pivot で表示されるデータ更新状態のメッセージ

"成功" では、各テーブルにインポートされた行の数が報告されます。

"エラー" は、データベースがオフラインの場合、アクセス許可がなくなっている場合、またはインポート元でテーブルや列が削除/名前変更されている場合に発生します。別のブックで新しい接続を作成するなどして、そのデータベースを利用できるかどうかをご確認ください。

"取り消されました" は、その接続で更新が無効になっているなどの理由で、Excel で更新要求が発行されなかったことを意味します。

ヒント:  データを更新する必要がある他のユーザーと、このブックを共有していませんか。データ更新エラーを回避するため、データを提供するデータ ソースに対するアクセス許可を要求するように、同僚に伝えてください。

データ更新に使われたクエリを示すテーブルのプロパティ

データ更新では、最初にデータを取得したときに使われたのと同じクエリが再び実行されます。PowerPivot ウィンドウでテーブルのプロパティを表示すると、そのクエリを表示し、必要に応じて変更できます。

  1. データ更新で使われたクエリを表示するには、[PowerPivot]、[管理] の順にクリックして PowerPivot ウィンドウを開きます。

  2. [デザイン]、[テーブルのプロパティ] の順にクリックします。

  3. クエリ エディターに切り替えて、基になるクエリを表示します。

すべての種類のデータ ソースについてクエリが表示されるわけではありません。たとえば、データ フィードのインポートの場合、クエリは表示されません。

データ更新を取り消す接続のプロパティ

Excel では、データ更新の頻度を決める接続のプロパティを設定できます。更新が許可されない接続がある場合は、[すべて更新] を実行したときや、その接続を使うテーブルを更新しようとしたときに、取り消しの通知が表示されます。

  1. Excel で接続のプロパティを確認するには、[データ]、[接続] の順にクリックして、そのブックで使われているすべての接続の一覧を表示します。

  2. 接続を選んで [プロパティ] をクリックします。

  3. [使用] の [コントロールの更新] で [すべて更新でこの接続を更新する] チェック ボックスがオフになっている場合は、 ウィンドウで [すべて更新] しようとすると取り消されます。PowerPivot

Office 365 でデータを更新する

ブックをどのように共有するかによって、データ更新が行われるかどうかが決まります。Office 365 では、外部のデータ ソースのデータは更新できません。 ブックを Excel で作成し、ネットワーク上のサーバーからデータをインポートし、ピボットテーブルを作成してから、ブックを Office 365 にアップロードするとします。Office 365 でそのピボットテーブルを操作できますが、[データ]、[更新] の順にクリックしてそのデータを更新することはできません。

"外部データの更新が失敗しました" というエラー メッセージが、更新に失敗した接続の名前と場所と共に表示されます。

SharePoint Server 2013 でデータを更新する

SharePoint Server 2013 では、サーバー上での無人データ更新のスケジュールを設定できますが、これを行うには、SharePoint 環境に PowerPivot for SharePoint 2013 がインストールされ、設定されている必要があります。SharePoint の管理者にお問い合わせ頂き、スケジュール設定されたデータ更新ができるかをご確認ください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×