PowerPivot での既存のデータ ソースの変更

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

データ モデルで外部データ ソースへの接続を作成した後で、PowerPivot アドインを使って次の情報を変更することができます。

  • ソースとして使用するファイル、フィード、またはデータベース、そのプロパティ、その他のプロバイダー固有の接続オプションなどの接続情報。

  • テーブルと列のマッピング。使用されなくなった列への参照も削除できます。

  • 外部データ ソースから取得するテーブル、ビュー、または列。「にインポートするデータのフィルター処理」をご覧ください。PowerPivot

この記事の内容

現在の接続で使用する外部データ ソースの変更

テーブルと列のマッピング (バインド) の編集

既存のデータ ソースに加えることができる変更

現在の接続で使用する外部データ ソースの変更

データ ソースに使用できるオプションは、データ ソースの種類ごとに異なります。この手順では、シンプルな Access データベースを使用します。

  1. PowerPivot ウィンドウで [ホーム]、[接続]、[既存の接続] の順にクリックします。

  2. 現在のデータベース接続を選び、[編集] をクリックします。

    この例では、テーブルのインポート ウィザードの Access データベースを設定するためのページが開きます。プロバイダーとプロパティは、データ ソースの種類によって異なります。

  3. [接続の編集] ダイアログ ボックスの [参照] をクリックして、同じ種類で名前または場所が異なる別のデータベースを探します。

    データベース ファイルを変更すると、新しいデータを表示するにはテーブルを保存および更新する必要があることを示すメッセージが表示されます。

  4. [保存]、[閉じる] の順にクリックします。

  5. [ホーム]、[外部データの取り込み]、[更新]、[すべて更新] の順にクリックします。

    新しいデータ ソースと元のデータ選択を使用して、テーブルが更新されます。

    注:  Excel 2010 のブックで作成したデータ ソース接続だった場合、Excel 2013 内でその接続を更新できない場合があります。詳しくは、『 データ モデルの Excel 2013 へのアップグレード』の「アップグレードしたブックで、データ ソース接続が更新されない」をご覧ください。Power Pivot

ページの先頭へ

テーブルと列のマッピング (バインド) の編集

データ ソースを変更すると、モデル内のテーブルの列とソース内のテーブルの列が、よく似たデータが格納されているにもかかわらず、同じ名前でなくなる場合があります。これにより、別々の列どうしを結びつける情報である列間のマッピングが壊れます。

  1. PowerPivot ウィンドウで、[デザイン]、[プロパティ]、[テーブルのプロパティ] の順にクリックします。

  2. 現在のテーブルの名前が、[テーブル名] ボックスに表示されます。[ソース名] ボックスには、外部データ ソースのテーブルの名前が入っています。列がソースとモデルとで異なる名前になっている場合は、[ソース] と [モデル] を選ぶことにより、両方の一連の列名の間を行ったり来たりできます。

  3. データ ソースとして使用するテーブルを変更するには、[ソース名] で、現在のテーブルと異なるテーブルを選びます。

  4. 必要に応じて列マッピングを変更します。

    1. ソース内には存在するけれどもモデル内にはない列を追加するには、列名の横にあるボックスを選びます。次に更新を行ったときに、実際のデータがモデルに読み込まれます。

    2. 現在のデータ ソースで使用できなくなった列がモデルにある場合は、無効な列を示すメッセージが通知領域に表示されます。他の操作は必要ありません。

  5. [保存] をクリックして、ブックに変更を適用します。

    新しい一連のテーブル プロパティを保存すると、見つからない列はすべて自動的に削除され、新しい列が追加されます。テーブルを更新する必要があることを示すメッセージが表示されます。

  6. [更新] をクリックして、更新されたデータをモデルに読み込みます。

ページの先頭へ

既存のデータ ソースに加えることができる変更

ブックに関連付けられているデータを変更するには、PowerPivot のツールを使って接続情報を編集するか、PowerPivot データで使われているテーブルおよび列の定義を更新します。

既存のデータ ソースには次のような変更を加えることができます。

接続

表​​

段組み

データベース名またはサーバー名の編集

ソース テキスト ファイル、スプレッドシート、またはデータ フィードの名前の変更

データ ソースの場所の変更

リレーショナル データ ソースの場合、既定のカタログまたは初期カタログの変更

データにアクセスするときに使用する認証方法または資格情報の変更

データ ソースの詳細プロパティの編集

データに対するフィルターの追加または削除

フィルター条件の変更

テーブルの追加または削除

テーブル名の変更

ソース内のテーブルとブック内のテーブルとの間のマッピングの編集

ソースの別の列の選択

列名の変更

列の追加

ブックからの列の削除 (データ ソースに影響なし)

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×