Power View in Excel 2013 と Power View in SharePoint Server の新機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

重要: Power View とPowerPivotは、standalone エディションの Excel 2013 および Office Professional Plus、Office 365 Professional Plus のエディションで使用できます。Power Pivot と Excel 2010 ブックが Excel 2013 の一部のバージョンで動作しないをお読みください。表示したいを使用している Office のバージョンですか?

Power View in Excel 2013 と SharePoint Server の Power View はどちらも、すべてのスキル レベルに対して、対話型のデータの調査、可視化、およびプレゼンテーション環境を提供します。テーブル、マトリックス、マップ、およびさまざまなグラフのデータを対話的なビューにまとめて、データを活用できます。Power View in Excel 2013 に追加された機能の多くは SharePoint 2010 の Power View が備えていたものですが、どちらにも新機能が追加されました。

Power View in SharePoint Server のレポートの SQL Server Analysis Services 多次元モデルに基づいたを作成することができます。

Power BIに Power View シートを含んだ Excel ブックを公開することもできます。Power BI は、Power BI レポートとしてブック内の Power View シートを保存します。まだ Power BI を使用していないか。無料のPower BI アカウントにサインアップします。

詳細については、「Power View でできるその他の操作」を参照してください。

この記事の内容

Power View in Excel 2013: 新機能

1 つのブックで異なるデータ モデルに接続できる Power View シート

Power View シートを離れずに内部データ モデルを変更する

Excel Services、Excel Web App、Office 365 の Power View

Power View in Excel 2013 と Power View in SharePoint Server: 新機能

円グラフ

マップ

主要業績評価指標 (KPI)

階層

ドリル アップとドリル ダウン

スタイル、テーマ、テキストのサイズ変更を使ってレポートを書式設定する

背景と背景画像

ハイパーリンク

印刷

右から左へ記述する言語のサポート

Power View での整数の処理方法の変更

Power View の下位互換性と上位互換性

Power View とデータ モデル

Power View と Excel Services

Power View in SharePoint Server

多次元モデルの Power View レポート

Power View in Excel 2013: 新機能

Power View in Excel 2013 では、次のセクションのすべての新機能Power View in Excel 2013 と SharePoint Server: 新機能します。SharePoint の Power View の有効期限がない、次の機能もあります。

1 つのブックで異なるデータ モデルに接続できる Power View シート

Excel 2013 では、すべてのブックに、Excel、PowerPivot、Excel の Power View シートで変更できる内部データ モデルを含めることができます。1 つのブックに含めることができる内部データ モデルは 1 つだけですが、そのブックのデータ モデルまたは外部データ ソースを基に Power View を作成できます。1 つの Excel ブックに複数の Power View シートを含めることができ、各シートはそれぞれ異なるデータ モデルを基に作成できます。

各 Power View シートには、独自のグラフ、テーブル、およびその他の視覚エフェクトが含まれています。2 つのシートが同じデータ モデルを基に作成されている場合にのみ、シート間でグラフやその他の視覚エフェクトをコピーして貼り付けることができます。

詳細については、「Excel の外部データ モデルに接続された Power View シートの作成」を参照してください。

Power View シートを離れずに内部データ モデルを変更する

Excel 2013 ブックの Power View シートと内部データ モデルを作成できるようになっているので、内部データ モデルに基づいて Power View シートを作成する場合は、Power View シートからデータ モデルを変更できます。次に例を示します。

  • Excel の Power View のフィールド リストでは、ブックの異なるテーブル間にリレーションシップを作成できます。

  • Excel のデータ モデルに計算フィールドがある場合、それらのフィールドを基に主要業績評価指標 (KPI) を作成し、Power View レポートに追加できます。

Excel Services、Excel Online、Office 365 の Power View

Excel で作成した Power View シートは、オンプレミスの場合、Excel Services および Office 365 で表示して操作できます。Excel 2013 の Power View シートは、クライアント コンピューターでしか編集できません。

Office 365 では、Excel Services ではなく SharePoint Online に付属する Excel Online Data Center で Power View シートを表示します。

詳細については、「SharePoint Server または Office 365 の SharePoint Online での Excel の Power View」を参照してください。

注記: 

  • Power View シートを OneDrive で表示することはできません。

  • Power View シートが付属する Excel ブックを PowerPivot ギャラリーに保存した場合、ブックの Power View シートはギャラリーに表示されませんが、ファイルには存在します。

  • 詳細については、「ビジネス インテリジェンスのソフトウェア要件 (SharePoint 2013)」を参照してください。

  • Power BIを Power View シートを含んだ Excel ブックを発行するとします。Power BI は、Power BI レポートとしてブック内の Power View シートを保存します。無料のPower BI アカウントにサインアップします。

Power View in Excel 2013 と Power View in SharePoint Server: 新機能

円グラフ

Power View では、単純な円グラフも高度な円グラフも作成できます。スライスをダブルクリックするとドリル ダウンする円グラフや、色付きの大きなスライス内にサブスライスが表示される円グラフを作成できます。円グラフを別のグラフでクロスフィルター処理できます。たとえば、棒グラフの棒をクリックすると、その棒に対応する円グラフの部分が強調表示され、残りの部分が淡色表示になります。

2007 年のデータを選んで大陸ごとの売上を示す Power View の円グラフ

詳細については、「Power View の円グラフ」を参照してください。

マップ

Power View のマップには Bing のマップ タイルが使われているので、他の Bing マップと同様にズームおよびパンできます。場所とフィールドは、マップ上の点で表されます。値が大きくなると、点が大きくなります。複数値の系列を追加すると、マップ上に円グラフが表示されます。

円グラフを使用した米国の Power View マップ

詳細については、「Power View のマップ」を参照してください。

主要業績評価指標 (KPI)

Power View レポートの基になっているデータ モデルに主要業績評価指標 (KPI) が含まれている場合、Power View レポートに KPI を追加して、目標達成度を表示できます。

飛行機の遅延を示す KPI を使用した Power View テーブル

詳細については、「Power View の主要業績評価指標 (KPI)」を参照してください。

階層

データ モデルに階層がある場合は、Power View で階層を使用できます。たとえば、データ モデルに大陸 > 国/地域 > 州/都道府県 > 市町村のフィールドで構成されている場所の階層を含めることができます。Power View では各フィールドをそれぞれ一度だけデザイン画面に追加できますが、場所の階層を追加して、そこにすべてのフィールドを一度に追加できます。

データ モデルに階層が存在しない場合は、Power View で階層を作成することもできます。階層内には、フィールドを任意の順序で配置できます。

また SQL Server Analysis Services テーブル モデルから階層を使用することもできます。

詳細については、「Power View の階層」を参照してください。

ドリル アップとドリル ダウン

Power View のグラフまたはマトリックスにドリル アップ/ドリル ダウンすると、一度に 1 レベルだけが表示されます。レポートを表示するユーザーは、ドリル ダウンによって詳細を表示でき、ドリル アップによって集計データを表示できます。

マトリックスの行または列に複数のフィールドが含まれている場合は、レベルを表示するように設定すると、マトリックスを折りたたんで、最上位 (最も外側の) レベルだけを表示できます。そのレベルの 1 つの値をダブルクリックして展開すると、階層内でその値よりも下位の値が表示されます。上向き矢印をクリックすると、ドリル アップします。

縦棒グラフ、横棒グラフ、円グラフは、同様に操作できます。グラフの [軸] ボックスに複数のフィールドが含まれている場合、レベルを表示するように設定すると、最上位レベルから順に一度に 1 つのレベルだけが表示されます。隅の上向き矢印をクリックすると、前のレベルに戻ります。

ヨーロッパの国/地域にドリル ダウンした Power View の縦棒グラフ

注: グラフやマトリックスのドリル ダウンは、オブジェクトのフィルターとして機能します。フィルター ペインでは、ドリル ダウンするとオブジェクトの値にフィルターが適用され、ドリル アップするとフィルターが除外されます。

詳細については、「Power View のグラフまたはマトリックスでのドリル アップ/ドリル ダウン」を参照してください。

スタイル、テーマ、テキストのサイズ変更を使ってレポートを書式設定する

Power View に新しいレポートのテーマが追加されました。テーマを変更すると、ブック内のレポートまたはシートに含まれているすべての Power View ビューに新しいテーマが適用されます。

SharePoint Server 2010 の Power View には、グラフの色を制御する 8 つの基本的なアクセント テーマがありました。

Power View in Excel 2013 と SharePoint Server の Power View には、より多様なグラフ パレット、フォント、および背景色を使用したテーマが 39 個用意されています。

また、すべてのレポート要素のテキスト サイズを変更することもできます。

詳細については、「Power View レポートの書式設定」を参照してください。

背景と背景画像

各ビューの背景は、白から黒まで、さまざまなグラデーション オプションを使用して設定できます。背景が暗い場合は、テキストを黒から白に変更すると、よく目立ちます。

各シートまたは各ビューに背景画像を追加することもできます。ローカル マシン上などにある画像ファイルを見つけ、シートまたはビューの背景画像として適用します。背景画像は、サイズに合わせる、拡大する、並べて表示する、または中央に表示することができ、透明度を 0% (表示されない) ~ 100% (まったく透けない) の範囲で設定できます。ブックやレポートには画像のコピーが格納されます。

背景と画像を組み合わせて、さまざまな効果を作成できます。

Power View での画像の使用についての詳細を参照してください。

ハイパーリンク

シートまたはビューのテキスト ボックスにハイパーリンクを追加します。データ モデルのフィールドにハイパーリンクが含まれている場合、シートまたはビューにフィールドを追加します。ハイパーリンクは、任意のインターネットや電子メール アドレスにリンクすることができます。

Excel の Power View または SharePoint の Power View レポートの編集モードでは、Ctrl キーを押したままクリックすると、ハイパーリンクにアクセスできます。

閲覧モードおよび全画面表示モードでは、Excel Services または Office 365 で Excel ブックのリンクをクリックするか、SharePoint レポートの Power View のリンクをクリックします。

印刷

Power View シートは Excel で印刷でき、Power View ビューは SharePoint で印刷できます。どちらの場合も、プリンターに送信したときにシートまたはビューに表示されているとおりに印刷されます。シートまたはビューにスクロール バーが表示されている領域がある場合、印刷されたページには、その領域の画面に表示されている部分が含まれます。シートまたはビューにタイルが表示されている領域がある場合、選択されているタイルが印刷されます。

右から左へ記述する言語のサポート

Excel と SharePoint の両方の Power View で、右から左へ記述する言語がサポートされるようになりました。

SharePoint の power View   では、新しいビューの既定の方向と、特定の既存のビューの方向を設定するオプションがあります。変更した場合を除き、方向の値が、[SharePoint の方向と同じです。

Power View in Excel    では、Excel の既定の方向の設定が使われます。これらの設定は変更できます。Excel で、[ファイル]、[オプション]、[詳細設定] の順にクリックし、[標準の方向] を選びます。同じダイアログ ボックスで、既定の方向を変更せずに特定のシートの方向を変更することもできます。

詳細については、「右から左に記述する言語に関連した機能」を参照してください。

Power View での整数の処理方法の変更

Power View でテーブルをグラフに変換するには、1 つ以上のデータ列を集計する必要があります。

SharePoint 2010 の Power View では、既定で、小数は集計されましたが、整数は集計されずに、カテゴリとして扱われました。PowerPivot または SQL Server Data Tools のデータ モデル デザイナーでは、整数に対して既定の動作を設定できましたが、これが既定の動作でした。

Power View in Excel 2013 および SharePoint Server の Power View では、既定で、小数と整数の両方が集計されます。データ モデル デザイナーでは、引き続き他の既定の動作を指定できますが、それが既定です。

Power View の数値フィールドと数値以外のフィールドの詳細を参照してください。

Power View の下位互換性と上位互換性

SharePoint の Power View RDLX ファイルには下位互換性があります。そのため、SQL Server 2012 Reporting Services アドインがインストールされている SharePoint 2010 で Power View ファイルを保存した場合、SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP 1) Reporting Services アドインがインストールされている SharePoint 2013 の Power View でそのファイルを開いたり保存できます。その逆はできません。以前のバージョンの SharePoint と SQL Server Reporting Services アドインで、新しいバージョンの Power View RDLX ファイルを開くことはできません。

Power View とデータ モデル

Power View と SQL Server Analysis Services のデータ モデルには、相互に上位互換性および下位互換性があります。

SQL Server 2012 Reporting Services アドインがインストールされている SharePoint 2010 で、Excel 2013 のデータ モデルまたは SQL Server 2012 SP 1 Analysis Services のテーブル モデルを基に Power View ファイルを作成できます。その逆も可能です。ただし、階層や KPI などの一部の機能は、SQL Server 2012 SP 1 Reporting Services アドインがインストールされている SharePoint Server で、Excel 2013 のデータ モデルまたは SQL Server 2012 SP 1 Analysis Services のテーブル モデルを基に Power View レポートを作成した場合にしか使用できません。

Power View と Excel Services

Power View と Excel Services は、下位互換性はありますが、上位互換性はありません。

  • SharePoint 2013 には、下位の Excel 2010 の PowerPivot ブックとの互換性があります。Excel 2010 の PowerPivot ブックを SharePoint 2013 にアップロードした場合は、そのブックを Excel Services で開いたり、そのブックを基に Power View レポートを作成できます。

  • SharePoint 2010 には、上位の Excel 2013 ブックのデータ モデルとの互換性がありません。データ モデルを含む Excel 2013 ブックを SharePoint 2010 にアップロードした場合は、Excel Services で適切に機能しない可能性があります。また、そのブックを基に Power View レポートを作成することはできません。

詳細については、「以前のバージョンからの Power Pivot データ モデルのアップグレード」を参照してください。

Power View in SharePoint Server

多次元モデルの Power View レポート

SharePoint Server で Power View を使用するには対話形式でデータを調査し、Analysis Services 多次元モデルから動的な視覚エフェクトを作成します。

Power View の多次元モデル オブジェクトについて

Power View を使って Adventure Works 多次元モデルを調べる

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×