Power View in Excel のキーボード ショートカットとユーザー補助機能

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、Power View in Excel 2013 のキーボード ショートカットや、その他のユーザー補助機能について詳しく説明します。

Power View には、Power View in Excel 2013 と Power View in SharePoint 2013 の 2 つのバージョンがあります。このトピックで示すショートカットは、Power View in Excel 2013 にのみ適用されます。Power View in SharePoint のキーボード ショートカットとユーザー補助機能については、こちらをご覧ください。Power View でできるその他の操作については、こちらをご覧ください。

注: Power View は以降のバージョンの Excel では削除され、データの収集および整理機能の強力な新しいセットを対象とするし変換で更新します。

他の Excel のショートカット キーについてもご確認ください。

注記: Power View では、以下がサポートされます。

  • ほとんどのサード パーティのスクリーン リーダー

  • ハイ コントラスト

この記事の内容

フィールド リストの操作

テーブルおよびマトリックスの操作

グラフの操作

詳細情報

フィールド リストの操作

アクション

キーボード操作

フィールド リストのフィールド セクション

前/次のテーブルまたはフィールドに移動する

↑または↓

最初/最後のテーブルまたはフィールドに移動する

Home または End

テーブルを展開する/折りたたむ

←または→

フィールドを選択する/選択解除する

Space

テーブルの既定のフィールドをすべて追加/削除する

Space

ドロップダウン メニューを表示する

Shift + Enter

フィールド リストのレイアウト セクション

フィールド領域内の前/次のフィールドに移動する

↑または↓

選んだフィールドをレイアウト セクション内の前/次の位置に移動する

Ctrl + ↑または Ctrl + ↓

フィールドを削除する

Shift + Enter

テーブルおよびマトリックスの操作

アクション

キーボード操作

テーブルまたはマトリックスに移動する

Tab、Enter

テーブルまたはマトリックスのサイズを変更する

Shift + Ctrl + 方向キー

1 つ上/下のセルにフォーカスを移動する (すべての領域のすべてのセルが対象)

↑または↓

1 つ左/右のセルにフォーカスを移動する (すべての領域のすべてのセルが対象)

←または→

現在の行の最初のセルにフォーカスを移動して表示する (マトリックスの領域ごと)

Home キー

現在の行の最後のセルにフォーカスを移動して表示する (マトリックスの領域ごと)

End

グラフの操作

アクション

キーボード操作

ビューでグラフを選んだ状態で、グラフの各部に切り替える (順序は次のとおり)

  1. グラフのプロット エリア

  2. 凡例

  3. 並べ替えフィールド

  4. 昇順または降順で並べ替え

  5. フィルター

  6. ポップアウト

Tab キー

グラフのプロット エリアにフォーカスがある状態で、グラフの各データに切り替える (順序は次のとおり)

  1. グラフのプロット エリア

  2. データ ポイントの系列全体 (縦棒グラフまたは横棒グラフのデータ ブロック)

  3. その系列の各データ ポイント

  4. 別のデータ ポイントの系列全体

  5. その系列の各データ ポイント

→または←

グラフのプロット エリアにフォーカスがある状態で、グラフの各データに切り替える (順序は次のとおり)

  1. グラフのプロット エリア

  2. データ ポイントの系列全体

↑または↓

グラフのサイズを変更する

Shift + Ctrl + 方向キー

データ ポイントを選択する/選択解除する (1 回クリックした状態)

Space または Enter キー

次のデータ ポイントのセットまで上にスクロールする

PageUp

次のデータ ポイントのセットまで下にスクロールする

PageDown

次のデータ ポイントのセットまで左にスクロールする

Ctrl + PageUp

次のデータ ポイントのセットまで右にスクロールする

Ctrl + PageDown

最初のデータ ポイントのセットにフォーカスを移動する (垂直)

Home キー

最後のデータ ポイントのセットにフォーカスを移動する (垂直)

End

最初のデータ ポイントのセットにフォーカスを移動する (水平)

Ctrl + Home

最後のデータ ポイントのセットにフォーカスを移動する (水平)

Ctrl + End

軸を拡大する* (一度に 25%、中央に配置)

Ctrl + ↑または Ctrl + →

軸を縮小する

Ctrl + ↓または Ctrl + ←

* 軸の拡大縮小は、連続的な軸 (年や月など) で使用します。軸は、リボンで連続的な軸に変更することができます。[レイアウト] タブの [グラフ ツール] コンテキスト タブで、[種類] をクリックしてから、[連続] をクリックします。

詳細情報

Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション

Excel のショートカット キー

Power View in SharePoint のキーボード ショートカットとユーザー補助機能

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×