Power View 用の PowerPivot のレポート プロパティ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power View のレポートを使いやすくするために、PowerPivot で多数のプロパティを設定できます。

組織によっては、PowerPivot を扱う人と、Power View レポートを作成または操作する人が違う場合があります。そのような組織では、他の人がレポートのプロパティを設定することになります。しかし、別の人がレポートのプロパティを設定する場合でも、プロパティの意味や働き、設定の根拠を把握しておくだけでも、Power View がより使いやすくなります。

次のようなレポート プロパティがあります。

Power View のフィールドの既定の集計を設定します。

Power View テーブルのフィールドの既定の設定

Power View レポートのテーブル動作プロパティを構成します。

パースペクティブ (ユーザー設定のビュー) を追加します。

Power View のテーブル、列、フィールドへの説明を追加します。

テーブル、列、フィールド、メジャーを非表示にします。

注: ここでは、 PowerPivotを囲むように拡張でのレポートには] タブの [レポートのプロパティとPowerPivotで設定できるその他のプロパティの数値が高度な。

関連項目

Power View 用の PowerPivot のレポート プロパティ

Power View と Power Pivot のビデオ

Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション

Power Pivot: 強力なデータ分析と Excel でデータ モデリング

チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×