Power View レポートの書式設定

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power View レポートでは、さまざまな方法で書式を設定できます。

Power View レポートの書式設定ツール
[Power View] タブで使用できる書式設定

この記事の内容

背景画像を追加する

背景の書式を選ぶ

テーマを選択します。

1 つの視覚エフェクトのフォント サイズを変更する

シート全体のフォントまたはフォント サイズを変更する

テーブル、カード、またはマトリックス内の数値の書式を設定する

背景画像を追加する

  1. Excel では、[Power View ] タブ、[イメージの設定] の順にクリックします。

SharePoint の Power View では、[スタイル] タブ、[イメージの設定] の順にクリックします。

  1. 目的の画像を参照し、[開く] をクリックします。

  2. 既定では、画像は [背景画像の位置] が [描画に合わせる] に設定され、[透明度] が [50%] に設定されます。 これらの設定はどちらも変更できます。

注:  1 つの Power View シートまたはビューに画像を追加しても、その画像は他の Power View シートまたはビューには追加されません。 各シートまたはビューには、同じ画像または異なる画像を追加できます。

詳細については、「Power View に画像を追加する」をご覧ください。

背景の書式を選ぶ

Power View には、単色から各種のグラデーションまで、さまざまな背景が用意されています。 暗い色の背景では、テキストは白および薄いグレーになります。

  • Excel では、[Power View] タブ、[背景] の順にクリックします。

SharePoint の Power View では、[スタイル] タブ、[背景] の順にクリックします。

テーマを選ぶ

Power View の 39 個のテーマは、Excel のテーマと同じです。 各テーマでは、色とフォントの組み合わせが使われています。 テーマは、シート上の視覚エフェクトとテキストに適用されます。背景画像は置き換えられません。

  • Excel では、[Power View] タブ、[テーマ] の順にクリックします。

SharePoint の Power View では、[スタイル] タブ、[テーマ] の順にクリックします。

1 つの視覚エフェクトのフォント サイズを変更する

  1. 視覚エフェクトを選びます。

  2. Excel では、[デザイン] タブ、[フォント サイズの拡大] または [フォント サイズの縮小] の順にクリックします。

SharePoint の Power View では、[スタイル] タブ、[フォント サイズの拡大] または [フォント サイズの縮小] の順にクリックします。

視覚エフェクトごとに異なるフォント サイズを設定する
テーマと背景が新しく、1 つの視覚エフェクトでフォント サイズが大きくなっているシート

シート全体のフォントまたはフォント サイズを変更する

選択されたフォントは、マップの視覚エフェクトのフォントを除き、すべての視覚エフェクトに適用されます。

  • Excel では、[Power View] タブ、[フォント] または [テキスト サイズ] の順にクリックします。

SharePoint の Power View では、[スタイル] タブ、[フォント] または [テキスト サイズ] の順にクリックします。

注:  個別の視覚エフェクトのフォント サイズは変更できますが、フォントは変更できません。

テーブル、カード、またはマトリックス内の数値の書式を設定する

  1. 書式を設定する数値が含まれている列のセルを選びます。

  2. Excel では、[デザイン] タブ、[数値] の順にクリックし、書式設定を選びます。

SharePoint の Power View では、[ホーム] タブ、[数値] の順に選び、書式設定を選びます。

この操作では、その列の数値の書式が設定されます。 他の列のテキストまたは数値の書式を設定するには、各列でセルを選び、その数値の書式を個別に設定します。

ページの先頭へ

関連項目

Power View と Power Pivot のビデオ

チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析

Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×