Power View を使って Adventure Works マルチディメンション モデルを調べる

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

この記事の情報とタスクでは、データ ソースとしてサンプルの AdventureWorksDWMultidimensional モデルを参照し、使っています。 Adventure Works マルチディメンション モデルをインストールしていない場合でも、この記事を読むと、Power View でのマルチディメンション モデルの処理方法を理解できます。

前提条件

タスクを完了するために必要な条件:

注: この機能は Excel 2013 の Power View には適用されません。

  • Microsoft SQL Server 2012 Analysis Services を多次元モードで Service Pack 1 累積的な更新プログラム (CU) 適用以降を実行します。

  • Microsoft SQL Server 2012 Reporting Services SharePoint 統合モードに Service Pack 1 累積的な更新プログラム (CU) 適用以降。

  • Microsoft SharePoint Server 2010 または 2013 Enterprise Edition 以降が必要です。SharePoint Server 2010 の Service Pack 1 の使用をお勧めします。

  • Adventure Works マルチディメンション モデルのデータ ソースとして、AdventureWorksDW2012 サンプル データベースが必要です。

  • Analysis Services インスタンスに展開されている SQL Server 2012 向け Adventure Works マルチディメンション モデル。

必要な知識:

  • Power View でレポートやデザイン ビューを作成する方法を理解する必要があります。詳細情報と Power View チュートリアルの場合は、次を参照してください。 Power View: 調査、視覚化、およびデータ表示するします。

  • ドキュメントを作成し、SharePoint ライブラリに保存する方法を理解している必要があります。

Power View を使って AdventureWorksDW2012Multidimensional モデルのデータを調べて分析する

インストールされている必要な条件を使っている場合、AdventureWorksDWMultidimensional モデルへの共有データ ソース接続を作成し、Adventure Works のデータを操作するさまざまな視覚エフェクトを含む Power View レポートを作成するには、次のタスクを完了してください。テーブル モデルとして公開多次元モデルに基づく Power View レポートを作成してにご注意ください。いくつかのオブジェクトと一部の動作に精通している可能性があります旧式のテーブル モデルからさまざまな表示されます。詳細については、 Power View の多次元モデル オブジェクトを理解するを参照してください。

サンプル レポート

再販業者の販売レポート

データ モデルの共有データ ソースの作成

このタスクの実行には、管理者権限が必要なことがあります。

Adventure Works Reseller Sales 共有データ ソース (.rsds) ファイルを作成するには

1. Report Data Source ドキュメントの種類を有効にした SharePoint ライブラリで、[ドキュメント] > [新しいドキュメント] > [レポート データ ソース] をクリックします。

2. [データ ソースのプロパティ] ページの [名前] に「Adventure Works Reseller Sales」と入力します。

3. [データ ソースの種類] で [Power View 用 Microsoft BI セマンティック モデル] をクリックします。

4. [接続文字列] に次の接続文字列を入力します。 <InstanceName> は、実際の Analysis Server インスタンス名に置き換えてください。

data source=<InstanceName>;initial catalog=Adventure Works DW Multidimensional;cube='Adventure Works' 

ヒント:  AdventureWorksDWMultidimensional モデルには、Adventure Works と Mined Customers という 2 つのキューブが含まれています。 このモデルのように複数のキューブがある場合は、接続文字列でキューブ名を指定する必要があります。 キューブが 1 つのみの場合は、キューブ名を指定する必要はありませんが、接続文字列で常にキューブ名を指定しておくことをお勧めします。複数のマルチディメンション モデルに複数のデータ ソースを接続する場合でも、一貫性を保つことができます。

5. [資格情報] で [Windows 認証 (統合)] を選びます。

6. [このデータ ソースを有効にする] をオンにします。

データ ソース接続は次のように表示されます。

データ ソース接続

7. [テスト接続] をクリックして確認し、[閉じる] をクリックします。

新しい Power View レポートを作成する

このタスクでは、Adventure Works Reseller Sales データ ソースを使って新しい Power View レポートを作成します。

Adventure Works Reseller Sales の Power View レポートを作成するには

  • SharePoint で、[Adventure Works Reseller Sales] 共有データ ソースの横にある下矢印をクリックし、[Power View レポートの作成] をクリックします。

    Power View が編集モードで開き、デザイナーには空白のビュー、上部にはリボン、右側にはフィールド リストが表示されます。

動的ビューを作成して操作する

作業用に空白のビューを準備できました。いくつかフィールドを追加してみましょう。

国/地域、都道府県、市区町村の視覚エフェクトを追加するには

1. まずビューにタイトルを追加してみましょう。 デザイナーで、[ここをクリックして、タイトルを追加します] をクリックし、「Adventure Works Reseller Sales」と入力します。

2. [フィールド リスト] の [地理] テーブルを展開します。

[地理] は、AdventureWorksDWMultidimensional モデルの次元ですが、Power View はテーブルに使用するので、[フィールド リスト] にはテーブルとして次元が表示されます。

[国/地域] をクリックして、レイアウト セクションの [フィールド] 領域にドラッグします。 ビュー デザイナーに新しい [国/地域] 視覚エフェクト テーブルが表示されます。 必要に応じて、[国/地域] 視覚エフェクトをビューの左上に移動します。

3. [デザイン] リボンの [スライサー] をクリックします。 この視覚エフェクトのデータは、ビューに追加した他のデータ フィールドとやり取りできるようになりました。

4.  ビューの空白領域をクリックして、新しい視覚エフェクトを追加します。 [地理] テーブルの [都道府県] をクリックして [フィールド] 領域にドラッグします。

5. [デザイン] リボンの [スライサー] をクリックし、[国/地域] 視覚エフェクトの真下に新しい [都道府県] 視覚エフェクトを移動します。

6. ビューの空白領域をクリックして、新しい視覚エフェクトを追加します。 [地理] テーブルの [市区町村] をクリックして、[フィールド] 領域にドラッグします。 スライサーにして、[都道府県] 視覚エフェクトの下に移動します。

これで、ビューの左側に [国/地域]、[都道府県]、[市区町村] の視覚エフェクトが表示されます。 各視覚エフェクトをそろえて並べます。 各視覚エフェクトはスライス フィルターとして動作するので、場所ごとに再販業者の販売データの内訳を表示できます。

[再販業者の売上高] マップの視覚エフェクトを作成するには

1. ビューの空白領域をクリックして、新しい視覚エフェクトを追加します。 [フィールド リスト] の [再販業者の販売] メジャー テーブルを展開し、[再販業者の売上高] の横にあるチェック ボックスをクリックします。

2. リボンの [視覚エフェクト] グループの [マップ] をクリックします。

視覚エフェクトをマップに変更したので、[再販業者の売上高] メジャーはレイアウト セクションの [サイズ] 領域に自動的に移動されます。

3. [フィールド リスト] の [地理] テーブルで、[国/地域]、[都道府県]、[市区町村] の順にクリックして、レイアウト セクションの [場所] 領域にドラッグします。 [フィールド リスト] のこれらのフィールドに表示される地球アイコンは、マップの視覚エフェクトで使用できる地理属性であることを示します。

4. タイトルの下に、タイトルと同じくらいの幅になるように、新しい [再販業者の売上高] マップのサイズを変更してそろえます。

カレンダー年度別の売上高の視覚エフェクトを作成するには

1. ビューの空白領域をクリックして、新しい視覚エフェクトを追加します。 [フィールド リスト] の [販売集計] メジャー テーブルを展開し、[売上高] の横にあるチェック ボックスをクリックします。

2. リボンの [視覚エフェクト] グループの [クラスター化] をクリックします。

視覚エフェクトを [集合縦棒] に変更したので、[売上高] メジャーはレイアウト セクションの [値] 領域に自動的に移動されます。

3. [フィールド リスト] の [日付] テーブルの [カレンダー年度] をクリックして、レイアウト セクションの [] 領域にドラッグします。

4. カレンダー年度別の売上高のサイズを変更して、国/地域別の再販業者の売上高マップの視覚エフェクトの右に合わせて配置します。

カレンダー年度とカテゴリ フィールドごとの再販業者の売上高を作成するには

1. ビューの空白領域をクリックして、新しい視覚エフェクトを追加します。 [フィールド リスト] の [再販業者の販売] メジャー テーブルを展開し、[再販業者の売上高] の横にあるチェック ボックスをクリックします。

2. リボンの [視覚エフェクト] グループの [] をクリックします。

視覚エフェクトを線に変更したので、[再販業者の売上高] メジャーはレイアウト セクションの [値] 領域に自動的に移動されます。

3. [フィールド リスト] の [日付] テーブルの [カレンダー年度] をクリックして、レイアウト セクションの [横軸のマルチプル] 領域にドラッグします。

4. [フィールド リスト] の [製品] テーブルで、[カテゴリ]、[サブカテゴリ]、[製品] の順にクリックして、レイアウト セクションの [] 領域にドラッグします。

5. 新しい視覚エフェクトのサイズを変更して、国別の再販業者の売上高マップとカレンダー年度別の売上高の視覚エフェクトの下に配置します。

ビューは次のようになります。

完成した Power View レポート

6. Adventure Works Reseller Sales という名前で、新しい Power View レポートを保存します。

以上の操作で複数のフィールドがあるビューが作成されました。次に、AdventureWorksDWMultidimensional モデル データを調べて、視覚化してみましょう。

注:  Power View には、表示部分の合計のみが表示されます。 マルチディメンション モデルは、ディメンション セキュリティ設定に応じて、総計または表示部分の合計のクエリをサポートしています。 Power View では、合計は、フィルター コンテキストで定義されている値と、ディメンション セキュリティに定義されている値のみに制限されています。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×