Power View の画像

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

画像を追加すると、Excel の Power View シートや SharePoint の Power View の視覚的効果を高めることができます。次のような機能を利用できます。

Power View シートに背景画像が表示される
競技種別の画像によってタイル コンテナー内のスポーツ イベントがフィルター処理され、スライサーの国旗の画像によってシート全体がフィルター処理されます。

この記事の内容

Power View に静的な画像を追加する

背景画像を追加する

画像を追加する

Power View でデータ バインド画像を使う

画像をタイル コンテナーのタブとして使う

画像をカードで使う

画像をスライサーの値として使う

Power View で使用する Power Pivot の画像のプロパティを設定します。

Powerpivot の既定の画像を設定します。

並べ替え順序を制御する

データ バインド画像のソース

外部サイトの画像

データ モデルに保存されている画像

SharePoint フォルダーの画像

Power View に静的な画像を追加する

デザインまたは識別の目的で画像や背景画像を追加することができます。画像と背景画像は、ブックまたはレポートのすべてのシートやビューに繰り返し表示されません。各シートやビューに対して固有の画像を使うことも、同じ画像を再利用することもできます。

背景画像を追加する

  1. Excel を使っている場合は、Power View シートが表示されていることを確認してください。表示されていない場合は、[挿入]、[Power View] の順にクリックします。

  2. [Power View] タブで、[背景の画像] の [画像の設定] をクリックします。

    画像の配置には、[引き伸ばし]、[並べて表示]、[中央] を使用できます。

  3. 透明度を設定します。パーセンテージが高くなるほど透明度が高くなります (画像が見えにくくなります)。

画像を追加する

  1. Power View シートの空白のキャンバスで、[Power View] タブ、[挿入]、[] の順にクリックします。

  2. 画像を参照し、[開く] をクリックします。

  3. 画像がシートに表示されたら、次の操作を実行できます。

    • 画像を移動する: 画像を選び、端をポイントして、カーソルが手の形になるまで待ちます。

      Power View の手の形のカーソル

    • 画像のサイズを変更する: 画像を選び、端の中央および隅のサイズ変更ハンドルをポイントして、双方向矢印のカーソルが表示されるまで待ちます。

      Power View の双方向矢印のサイズ変更カーソル

ページの先頭へ

Power View でデータ バインド画像を使う

データ バインド画像は、データ モデルのデータの一部です。たとえば、会社の従業員や製品の写真をデータ バインド画像として使用できます。

Power View でデータ バインド画像を使うと、よりわかりやすく魅力的なレポートを作成できます。たとえば次のような使い方が考えられます。

Power View で画像を使うには、Power Pivot にプロパティを設定する必要がある場合があります。データ バインド画像には、データ モデル内の画像を使用することも、外部の画像を使用することもできます。画像のソースによって使い方が異なります。

画像をタイル コンテナーのタブとして使う

各種スポーツの画像を表示する Power View のタイル コンテナー
このタイル コンテナーでは、競技種別 (この場合はスピード スケート) の画像によって横棒グラフがフィルター処理されます。

Power View のタイルは、動的なナビゲーション ストリップを含むコンテナーです。タイルはフィルターとして機能し、タブ ストリップで選んだ値でタイル内のコンテンツがフィルター処理されます。画像をタイルのタブとして使うと効果的です。

  1. Power View シートまたは Power View ビューで、タイルで使う視覚エフェクトを作成します。

  2. 画像フィールドを [タイル] ボックスにドラッグします。

タブ ストリップに画像を含むタイルが作成されます。

タイルの機能はこれだけではありません。詳しくは、「Power View のタイル」をご覧ください。

画像をカードで使う

Power View の国旗の画像があるカード
これらのカードには、国旗の画像と、それぞれの国が獲得したメダルの数が表示されています。
  1. Power View シートで、カードで使うフィールドを追加します。

  2. [デザイン] タブ、[テーブル]、[カード] の順にクリックします。

フィールドは、[フィールド] ボックスと同じ順序で配置されますが、次の 2 つの例外があります。

  • 既定のフィールドは見出しとして表示されます。

  • 既定の画像は大きく目立つように表示されます。

詳しくは、「Power View のカード」をご覧ください。

画像をスライサーの値として使う

Power View の画像付きのスライサーで他の表示項目をフィルター処理する
次の図では、左側のスライサーでさまざまな競技種別の画像がフィルターとして使われています。ここでは、このシートのすべての視覚エフェクトがフィギュア スケートでフィルター処理されています。
  1. Power View シートまたは Power View ビューで、空白のキャンバスをクリックします。

  2. フィールド リストで、目的の画像を含むフィールドのチェック ボックスをオンにします。

  3. それらの画像を含むテーブルが作成されます。

  4. [デザイン] タブの [スライサー] をクリックします。

    ヒント:  [スライサー] が淡色表示になっている場合は、テーブルに複数のフィールドが含まれていないかどうかを確認してください。スライサーは、フィールドが 1 つのテーブルからしか作成できません。

  5. スライサーの画像をクリックすると、その画像に関連付けられている値でシートがフィルター処理されます。

詳しくは、「Power View のスライサー」をご覧ください。

ページの先頭へ

PowerPivot に Power View で使うための画像のプロパティを設定する

PowerPivot に既定の画像を設定する

データが Excel にある場合、PowerPivot に既定の画像を設定できます。既定の画像は、カードに追加したときに大きく表示され、目立つように配置されます。既定の画像として設定する画像 (または画像へのリンク) は、テーブル内で一意である (テーブルの各行に異なる画像が含まれている) 必要があります。

  1. Excel の [PowerPivot] タブで [データ モデルの管理] をクリックします。

    [PowerPivot] タブが表示されていない場合は、Power Pivot を有効にします

  2. [詳細設定]、[テーブルの動作] の順にクリックします。

  3. [行識別子] を設定します。たとえば、一意の ID を含む列を使用できます。[行識別子] 列の値は一意である必要があります。

  4. [既定の画像] を画像の列の名前に設定します。

ヒント: [既定のラベル] も設定すると、タイル コンテナーの画像の下に表示されます。

Power View レポートのテーブル動作プロパティの構成」をご覧ください。

並べ替え順序を制御する

既定の画像を設定すると、画像の並べ替え順序を制御できるようになるという利点もあります。スライサーとタイルの画像は、既定では画像のファイル名で並べ替えられますが、既定の画像を設定すると、[行識別子] 列に従って並べ替えられるようになります。[既定のラベル] 列として別の列を指定すると、その列の値に従って並べ替えられます。

データが Excel にあり、画像がテーブル内で一意でない場合は、並べ替え順序を別のフィールドに設定することができます。

  1. [PowerPivot] タブで [データ モデルの管理] をクリックします。

    [PowerPivot] タブが表示されていない場合は、Power Pivot を有効にします

  2. 画像または画像の URL を含む列をクリックします。

  3. [ホーム] タブの [列で並べ替え] をクリックします。

  4. 画像の列が [並べ替え] ボックスに表示されます。

  5. [基準] ボックスで、画像の並べ替えに使う列の名前を選びます。

  6. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

データ バインド画像のソース

Power View レポートでは、さまざまなソースの画像を使用できます。

外部サイトの画像

画像が外部サイトにある場合、Power View は匿名アクセスで画像にアクセスするため、それらの画像で匿名アクセスが許可されている必要があります。したがって、レポートを表示するユーザーに画像を表示する権限があっても画像を表示できない場合があります。

外部サイトの画像の手順は (SharePoint サイトの URL ではなく外部サイトの URL を使う以外は) SharePoint の画像の手順と同じです。

たとえば、アクセスできる一連の画像が外部サイトにあり、それらの画像の名前を含む列が Excel のテーブルにある場合、それらの画像へのリンクを最も柔軟な方法で管理するには、画像の名前と外部サイトの画像の場所の URL を表示する集計列を作成します。

  1. 外部サイトの URL をコピーします。

  2. Excel の [PowerPivot] タブで [データ モデルの管理] をクリックします。

    [PowerPivot] タブが表示されていない場合は、Power Pivot を有効にします

  3. [列の追加] 列の空白セルをクリックし、等号 (=)、二重引用符 ("") で囲んだ URL、各かっこ ([]) で囲んだ画像名の列の名前を入力します。次に例を示します。

    ="http://contoso.com/images" & [画像名の列]

  4. PowerPivot で、その列のすべてのセルに URL と画像の名前が設定されます。

  5. 列見出しをクリックし、右クリックして [列名の変更] をクリックして、列にわかりやすい名前を付けます。

  6. 正しく機能することを確認するために、いずれかの値をコピーしてブラウザーの [アドレス] ボックスに貼り付けます。画像が表示されれば問題ありません。

注: 外部の画像は、Office 365 の Power View シートでは表示できません。この場合、画像がデータ モデルのテーブルに保存されている必要があります。

データ モデルに保存されている画像

画像がデータ モデルに保存されている場合、次のような利点があります。

  • 完全なブックを使用できるため、オフラインでも画像が表示されます。

  • Office 365 の Power View シートに画像が表示されます。

画像は、バイナリ データ型の列に含まれている必要があります。PowerPivot では表示されませんが (列の各フィールドに "バイナリ データ" と表示されます)、フィールドを Power View に追加すると表示されます。

重要:  バイナリ列は、Power View のフィールド リストでは、基になるテーブルに [行識別子] 列がある場合に限り表示されます。「Power View レポートのテーブル動作プロパティの構成」をご覧ください。

SQL Server へのアクセスがあれば、SQL Server に画像を取り込むをモデルにアップロードします。Microsoft ブログ投稿を参照してくださいPowerpivot による画像の追加: Power View in Excel 2013 によるオリンピックの表示、詳細についてはします。

注:  Power View では、OLE オブジェクトは画像としてサポートされていません。

したがって、Access の画像をモデルにインポートすることはできません。Access では、画像が OLE オブジェクトとして保存されます。

SharePoint フォルダーの画像

Power View in SharePoint (Power View in Excel ではなく) を使っている場合は、外部サイトの画像の場合と同じように SharePoint フォルダーの画像へのリンクを使用できます。

注: SharePoint サイトに保存されている画像をデスクトップの Excel の Power View シートに表示できるのは、画像で匿名アクセスが許可されている場合だけです。これは、ほとんどの SharePoint の構成で許可されていません。したがって、ブックを作成するユーザーと表示するユーザーに SharePoint サイトで直接画像を表示する権限があっても、Power View in Excel で画像を表示できない場合があります。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×