Power View の散布図とバブル チャート

散布図とバブル チャートは、多数の関連するデータを 1 つのグラフに表示する優れた方法です。散布図では、X 軸に 1 つの数値フィールドが表示され、Y 軸には別の数値フィールドが表示されるので、グラフ内のすべてのアイテムについて 2 つの値の関係を簡単に把握できます。

バブル チャートでは、第 3 の数値フィールドでデータ ポイントのサイズを制御します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

バブル チャートの作成

  1. 1 つのカテゴリの値を含むテーブルを作成します。

    ヒント:  含まれる値があまり多くないカテゴリを選びます。カテゴリの値の数が 2,000 を超える場合、グラフにすべてのカテゴリが表示されず、代わりに "代表サンプルを表示しています" というメッセージが表示されます。実際、数が多すぎると個々のバブルが見づらくなります。

  2. テーブルに数値を 2 つまたは 3 つ追加します。

    • 値が 2 つの場合は、すべて同じサイズの小さな円で示される散布図になります。

    • 値が 3 つの場合は、バブル チャートになります。バブルごとに色分けされ、バブルのサイズで 3 つ目の値の大きさが示されます。

  3. テーブルをグラフに変換するには、[デザイン] タブで次の操作を行います。

    • Excel の Power View では、[その他のグラフ] の下の矢印をクリックし、[散布図] をクリックします。

    • SharePoint の Power View では、[散布図] をクリックします。

時系列のデータ

時間経過でのデータの変化を表示するには、"再生" 軸を使用して、散布図やバブル チャートに時間ディメンションを追加できます。

  • バブル チャートまたは散布図を選び、時間の値が含まれるフィールドを [再生軸] ボックスにドラッグします。

これにより、グラフの最下部に "再生" ボタンとタイムラインが追加されます。

再生ボタンをクリックすると、バブルが移動、拡大、縮小して、再生軸に基づく値の変化が示されます。いつでも一時停止して、データを詳細に調査できます。チャートのバブルをクリックできる場合は、バブルが時間と共にたどったトレールの履歴を見ることができます。

再生軸とデータ ラベルを使用したバブル チャート

Bubble chart with play axis and data labels

ページの先頭へ

散布図およびバブル チャートの色による分類

散布図またはバブル チャートの [] ボックスにフィールドを追加すると、そのフィールドの値に従って、バブルまたは散布図のポイントが色分けされます。この設定はバブルの色よりも優先されます。たとえば、食品のバブル チャートに Category フィールドを追加すると、くだもの、野菜、パン、または飲み物のいずれを示すかによって、バブルに異なる色が割り当てられます

Category の値に応じて色分けされたバブル チャート

色系列を含むバブル チャート

計算フィールドを使用することはできません。また、このフィールドの値の数は 20 個までです。

注:  凡例で色をクリックすると、その色のすべてのバブルを強調表示できます。ただし、その色のすべてのバブルのトレースが表示されるわけではありません。トレースを表示するには、各バブルを個別にクリックする必要があります。一度に複数のバブルを選ぶには、Ctrl キーを押しながらクリックします。

注記:  ビデオの著作権:

  • Olympics Dataset © Guardian News & Media Ltd.

  • 国旗の画像の提供元: CIA Factbook (cia.gov)

  • 人口データの提供元: Microsoft Azure Marketplace の UNData (data.un.org)

  • Olympic Sport Pictograms の提供元: Thadius856 および Parutakupiu (Wikimedia Commons (creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/) のライセンスに基づく配布)

ページの先頭へ

参照

Power View でのグラフおよびその他の視覚エフェクト

Power View でのグラフの並べ替え

Power View: データの調査、ビジュアル化、プレゼンテーション

Power View と Power Pivot のビデオ

チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×