Power View の折れ線グラフ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

折れ線グラフは、データの時系列での表示や連続データの表示に適しています。

Power View の折れ線グラフ

  1. すでにデータが入力されている Excel ブックまたはその他のデータ ソースを使用します。

  2. Power View シートで、次のようなフィールドを持つテーブルを作成します。

    • 配置したい値を持つフィールド。

    • 日付/時間など連続するデータを持つフィールド。

  3. テーブルを選んだ状態で、[デザイン] タブ、[折れ線グラフ] の順に選びます。

日付/時間フィールドが [軸] ボックスに、値フィールドが [値] ボックスに入力されます。 そのようにならないときは、[フィールド リスト] で移動します。

以上が折れ線グラフの基本です。

さらに詳しい情報

Power View でのグラフおよびその他の視覚エフェクト

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×