Power View のマップ

Power View のマップでは、地理のコンテキストでデータを表示します。Power View のマップには Bing のマップ タイルが使われているので、他の Bing マップと同様にズームおよびパンできます。マップを機能させるには、ジオコード化のために、Power View からセキュリティで保護された Web 接続を介して Bing にデータを送信する必要があります。そのため、コンテンツを有効にするかどうかを確認するメッセージが表示されます。場所やフィールドを追加すると、マップ上に点が配置されます。値が大きくなると、点が大きくなります。複数値の系列を追加すると、マップ上に円グラフが表示されます。円グラフのサイズは合計のサイズを示します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

マップを作成する

  1. 国/地域、都道府県、市区町村などの地理的なフィールドを Power View のシートまたはビューにドラッグしてテーブルを作成します。

    ヒント:  地理的なフィールドは、小さな地球のアイコンで示されている場合があります。このアイコンで地理的なフィールドを識別できます。

  2. 売上高などの数値フィールドをテーブルにドラッグします。

  3. [デザイン] タブの [マップ] をクリックします。

  4. [コンテンツの有効化] をクリックして、ジオコード化のために、セキュリティで保護された Web 接続を介して Bing にデータを送信します。

Power View で、各都市など、各値の点を使用してマップが作成されます。点の大きさは値を表します。

  1. 点を円グラフに変換するには、マップの [] ボックスにカテゴリ フィールドを追加します。

    円グラフを使用した米国の Power View マップ

マップでは、グラフおよび Power View の他の視覚エフェクトはクロスフィルター処理されます。その反対も同様です。たとえば、マップ上のデータ ポイントをクリックすると、他のグラフはそのデータ ポイントでフィルター処理されます。同様に、横棒グラフの棒をクリックすると、マップはその棒に関連するデータでフィルター処理されます。

注記: 

  • Bing のマップと同じようには、 Power View のマップでズームインして拡大することはできません。

  • Power View に統合された Bing マッピング サービスは現在、 一部のロケールで利用できません。サポートされていないロケールでは、Power View によって汎用マップ上にマップ データ ポイントがプロットされます。

マップ データを明確にするPower View

Power View map of Europe with bubbles showing sales amount

マップ データはあいまいになることがあります。たとえば、パリという地名はフランスにもテキサス州にもあります。地理データは市区町村名や都道府県名などに分けて別々の列に格納されていることがあるため、どちらのパリのデータであるかを Bing で特定できない可能性があります。このような場合は、地理的な値が一意になるように修正が必要です。

この作業は、Power View ではなくデータ モデルで行います。Excel ファイル (XLSX) のデータ モデルの場合は、PowerPivot で、2 つの列の値を連結して 1 つの一意の値を作成する計算列を作成します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。
  1. Excel で、[PowerPivot] タブをクリックし、[データ モデルの管理] をクリックします。

[PowerPivot] タブが表示されていない場合は、Power Pivot in Microsoft Excel 2013を起動してください。

  1. 地理データが格納されているテーブルのタブをクリックします。

  2. テーブルの右側にある列で [列の追加] をクリックし、ワークシートの上にある数式バーに次のような式を入力します。

    = [ StateProvinceName ] & ", " & [ Reg ionCountryName ]

  3. Enter キーを押します。

PowerPivot の列の各行に、カンマで区切られた次の形式で値が表示されます。

StateProvinceName, RegionCountryName

  1. 列を右クリックして名前を変更します。

  2. Excel の Power View シートに戻ります。データを更新して、マップで新しい列を使用します。

このとき、基になるデータは変更されません。新しい計算列は、ソース データではなくデータ モデルにあります。

ヒント:  この式では、Data Analysis Expression (DAX) 言語を使用しています。DAX について詳しくは、「 クイック スタート: 30 分で学ぶ DAX の基礎」をご覧ください。

注記:  ビデオの著作権:

  • Olympics Dataset © Guardian News & Media Ltd.

  • 国旗の画像の提供元: CIA Factbook (cia.gov)

  • 人口データの提供元: Microsoft Azure Marketplace の UNData (data.un.org)

  • Olympic Sport Pictograms の提供元: Thadius856 および Parutakupiu (Wikimedia Commons (creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/) のライセンスに基づく配布)

ページの先頭へ

参照

Power View でのグラフおよびその他の視覚エフェクト

Power View: データの調査、ビジュアル化、プレゼンテーション

Power View と Power Pivot のビデオ

チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×