Power View のデザインに関するヒント

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

ここでは、Power View in Excel および Power View in SharePoint で、Excel ブックのデータ モデルや SQL Server 2012 Service Pack 1 (SP1) Analysis Services (SSAS) インスタンスに配置されたテーブル モデルからデータの対話型ビューを作成する際に役立つヒントをいくつか示します。

この記事の内容

Power View レポートを作成する

Power View in Excel

Power View in SharePoint

Power View レポートをウィンドウに合わせる

グラフ アイコンがグレー表示になる理由

フィールド リストのアイコンの意味

フィールド セクションのフィールド

テーブル名

行ラベル フィールド

レイアウト セクション

閲覧モードと全画面表示モードにおける SharePoint の Power View レポートの表示

同士の重なりと埋め込みアイテム

視覚エフェクトの展開

視覚エフェクトのサイズ変更

元に戻す

“申し訳ございません。関連性の高いフィールドが別の軸上にあるため、データを表示できません。”

解決方法 1: フィールドを削除する

解決方法 2: データ モデル内に重複フィールドを作成する

関連項目

Power View レポートの作成

Power View in Excel

Power View in Microsoft Excel 2013 を起動するのは簡単です。

Excel で、[挿入] タブの [Power View] をクリックします。

Power View in Excel 2013 の起動の詳細については、こちらをご覧ください。

Power View in SharePoint

SharePoint Server 2013 で、Excel (XLSX)、共有データ ソース (RSDS)、または BISM 接続 (BISM) ファイル内のデータ モデルから Power View を起動します。

モデルには、標準の SharePoint Server 2013 ドキュメント ライブラリで、またはでのPowerpivot ギャラリーを使用できます。Power View のデザイン環境が開き、視覚エフェクトを配置するビューを参照してください。

詳しくは、「Power View レポートの作成、保存、エクスポート、および印刷」をご覧ください。

ページの先頭へ

Power View レポートをウィンドウに合わせる

Microsoft Excel の Power View レポート シート (または SharePoint のビュー) は、Excel とは異なり、Microsoft Office PowerPoint のスライドのようにサイズが固定されています。

Power View のサイズ変更

既定では、シートのサイズはウィンドウに合わせて調整され、他のペインを開くとサイズが変更されます。たとえば、フィルター領域を表示すると、シートは残りのウィンドウに合わせて小さくなります。これは無効にすることができます。

シートのサイズがウィンドウに合わせて変更されないようにするには、[ウィンドウ幅に合わせる] をオフにします。

無効にした場合は、スクロールすることでシートの他の部分を表示できます。

ページの先頭へ

グラフ アイコンがグレー表示になる理由

リボンにある項目が無効 (グレー表示) になっているときは、シートまたはビューで選んでいるものに対して、その操作が適用されないことを意味します。たとえば、合計や平均などの集計値を含まないテーブルは、グラフに変換することはできません。そのため、[デザイン] タブのすべてのグラフ アイコンは無効になります。

数値フィールドをテーブルに追加します。

Power View での合計から平均またはその他の集計への変更については、こちらをご覧ください。

ページの先頭へ

フィールド リストのアイコンの意味

ビューの右側のペインはフィールド リストです。

上半分のフィールド セクションには、Power View レポートの基になるデータ モデルに含まれているテーブルとフィールドが表示されます。これらのフィールドは、レポートで使用できるようにすることができます。

下半分はレイアウト セクションです。ここには、ビューで選んだ視覚エフェクトのフィールド レイアウト オプションが表示されます。

フィールド セクションのフィールド

フィールドを選ぶと、そのフィールドがビューに追加されます。ビューで視覚エフェクトが選択されている場合は、新しいフィールドがその視覚エフェクトに追加されます。選択されていない場合は、新しいフィールドによってビュー内に新しい視覚エフェクトが作成されます。

フィールドをビューにドラッグすることもできます。新しいテーブルを作成することも、既存のテーブルに追加することもできます。

テーブル名

フィールド セクションのテーブル名を展開すると、そのテーブルのフィールドが表示されます。

テーブル名をクリックすると、Power View によってテーブルの既定のフィールドがビューに追加されます。既定のフィールドは、レポートの基になるデータ モデル内で定義されます。

行ラベル フィールド

テーブルの集計は、小さいシグマ (∑) 記号でマークされているフィールドです。集計は数値で、何かのサイズ、数量、スケール、重要度、またはエクステントを示します。集計は、レポートの基になっているモデルで定義されています。グラフの視覚エフェクトを作成するには、少なくとも 1 つの集計が必要です。

詳しくは、「Power View レポートのテーブル動作プロパティの構成」をご覧ください。

非集計フィールドを集計として扱うこともできます。たとえば、Product Name フィールドがあるとき、これをテーブルに追加して [カウント] に設定することが考えられます。「Power View での合計の平均またはその他の集計への変更」をご覧ください。

Power View の [電卓] テーブル内の計算フィールドは、 Power View の [電卓] 記号でマークされます。これらは、計算メジャーと呼ぶこともあります。各計算フィールドには、DAX で作成されたそれぞれ固有の式があります。集計を変更することはできません。たとえば、合計のフィールドを合計以外にすることはできません。

Power View での視覚エフェクトの作成の詳細については、こちらをご覧ください。

ページの先頭へ

レイアウト セクション

レイアウト セクション内の要素は、ビューで選んだ視覚エフェクトの種類によって変わります。たとえば、グラフを選んだ場合は、[値]、[軸]、および [系列] ボックスのフィールドが表示されます。レイアウト セクションで実行できるいくつかの操作を以下に示します。

フィールド リストのフィールド セクションからレイアウト セクションのボックスにフィールドをドラッグする。これにより、ビュー内で選択されている視覚エフェクトにフィールドが追加されます。

レイアウト セクションからフィールドを削除する。これにより、モデルからフィールドが削除されることはありません。

レイアウト セクション内の集計を変更する。既定では、大部分の集計は合計です。を使って既定の集計を完全に変更することができます。または、[値] ボックスのフィールド名の横にある矢印をクリックし、[平均]、[最小]、[最大]、または [カウント] を選ぶと、使用のたびに集計を変更することもできます。PowerPivot

非集計フィールドを集計フィールドに変更する。詳しくは、「Power View での合計の平均またはその他の集計への変更」をご覧ください。

タイル コンテナーを作成する。たとえば、グラフを選んだ場合、フィールドを [タイル] ボックスにドラッグしてタイルを作成できます。 詳細については、「Power View のタイル」をご覧ください。

レイアウト セクションの垂直方向または水平方向のマルチプル ボックスにフィールドをドラッグすると、垂直方向または水平方向のマルチプルを作成できます。詳しくは、「Power View のマルチプル視覚エフェクト (英語)」をご覧ください。

ページの先頭へ

閲覧モードと全画面表示モードにおける SharePoint の Power View レポートの表示

閲覧モードでは、レポートはブラウザー全体に表示されます。全画面表示モードでは、名前が示すように、PowerPoint のスライド ショーのようにレポートは画面全体に表示されます。これは、Power View でプレゼンテーションを行うときに使用するモードです。

[ホーム] タブで、[閲覧モード] または [全画面] をクリックします。

どちらのモードでもリボンとフィールド リストは表示されないので、ビュー内で視覚エフェクトを表示するための領域が広くなります。フィルター領域は、デザイン モードのときの状態が維持されます。デザイン モードで表示されていれば、閲覧モードまたは全画面表示モードでも表示されます。

閲覧モードおよび全画面表示モードでは、方向キーを使用するか左下にあるマルチビュー アイコンをクリックしてレポートのビュー間を移動します。デザイン モードの場合と同じように、レポートの視覚エフェクトを操作できます。

ただし、閲覧モードおよび全画面表示モードでレポートを編集することはできません。たとえば、視覚エフェクトを移動、サイズ変更、削除したり、ビューをコピー、表示、削除したりすることはできません。

全画面表示モードを終了して元のモード (デザイン モードまたは閲覧モード) に戻るには、Esc キーを押します。

ページの先頭へ

アイテムどうしの重なりと埋め込み

ビュー内のアイテムが互いに重なる場合や、片方がもう片方を完全に隠す場合があります。たとえば、小さなグラフを大きなグラフの中に置く場合が考えられます。デザインしやすくするために、オブジェクトを前面または最前面に移動するか、背面または最前面に移動することができます。

Power View で視覚エフェクトの順番を調整する

デザイン領域で視覚エフェクトを選びます。

[デザイン] タブで、以下のいずれかを実行します。

前面へ移動

最前面へ移動

背面へ移動

最背面へ移動

ヒント:  ある視覚エフェクトが別の視覚エフェクトの右上隅の前面に表示されている場合、背面にある視覚エフェクトのフィルターやポップアウト アイコンを選ぶことは困難です。背面の視覚エフェクトを前面に移動してフィルター処理を行い、再び背面に戻してください。

Power View では、ビューに空き領域がない状態で新しい視覚エフェクトを追加すると、その視覚エフェクトはビュー内の既存のアイテムの最前面に配置されます。

ページの先頭へ

視覚エフェクトの展開

すべての視覚エフェクトでは、右上隅にある 'ポップアウト' ボタン Power View のポップアウト アイコン があります。全体の Power View ビューのコピー先の展開に視覚エフェクトが表示されます] をクリックするときに閲覧または全画面表示の場合、またはモードを使用して、全体のモードを入力します。これは、一時的なだけです。レポートの残りの部分は、引き続きその下位には、し、レポート内には、その場所に視覚エフェクトを返します。 ポップアウト アイコンをもう一度クリックするとします。

注: タイルでは、ポップアウト ボタン必要がありません。

視覚エフェクトのサイズ変更

視覚エフェクトに新しいフィールドを追加すると、その視覚エフェクトは自動的にサイズが変更されます。手動でサイズ変更を行うこともできます。

  1. 視覚エフェクトを選びます。

  2. 視覚エフェクトのサイズ変更ハンドルの 1 つの上にマウス ポインターを置きます (サイズ変更ハンドルは、視覚エフェクトを囲む灰色の点線の内部にマウス ポインターを置くと表示されます)。マウス ポインターが両方向矢印 Power View の双方向矢印のサイズ変更カーソル に変わります。

  3. 視覚エフェクトが希望のサイズになるように両方向矢印をドラッグします。

注: 手動でサイズ変更した視覚エフェクトは、新しいフィールドに合わせて自動的にサイズ変更されなくなります。代わりにスクロール バーが表示されるので、これを使用して視覚エフェクトの内容をスクロールできます。サイズが自動調整されるモードに戻すには、サイズ変更ハンドルの 1 つをダブルクリックします。

元に戻す

Power View によるデザインの便利な機能として、ほぼすべての操作を元に戻すことができます。いつでも操作を元に戻すことができるため、さまざまな操作を試すことができます。実行した順序どおりに複数の手順を元に戻すことができます。

Power View の元に戻す機能とやり直し機能

注: Excel の Power View シートには独自の[元に戻す] と [やり直し] があります。[Power View] タブにある大きな右矢印と左矢印です。

“申し訳ございません。関連性の高いフィールドが別の軸上にあるため、データを表示できません。”

Power View でこのメッセージが表示されるのは、複数の領域 ([軸] 領域と [凡例] 領域など) で視覚エフェクトに同じフィールドが存在する場合です。

SQL Server Analysis Services 多次元モデルを使って SharePoint (RDLX ファイル) で Power View レポートを作成している場合、“関連性の高い” (一部の主要フィールドを共有している) フィールドであれば、それらが異なるフィールドであっても、このメッセージが表示されることがあります。 この制限は、多次元モデルを追加でサポートするためのものです。

解決方法 1: フィールドを削除する

1 つを除くすべての領域からフィールドを削除します。 たとえば、[軸] と [凡例] の両方に同じフィールドが存在する縦棒グラフがある場合は、[凡例] のフィールドを削除して、[軸] のフィールドのみを残します。

解決方法 2: データ モデル内に重複フィールドを作成する

Power View レポートのデータ モデルにアクセスできる場合は、そのフィールドのコピーを作成します。 たとえば、[軸] と [凡例] の両方に [国] フィールドが存在する縦棒グラフがあるとします。 データ モデル式 "=[国]" を使って計算列を作成し、"国 2" という名前を付けます。 次に、Power View で [国] を [軸] に、[国 2] を [凡例] にドラッグします。

関連項目

Power View と Power Pivot のビデオ

チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析

Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×