Power View のグラフまたはマトリックスにドリル ダウンする

Power View のグラフまたはマトリックスにドリル アップ/ドリル ダウンすると、一度に 1 レベルだけが表示されます。レポートを表示するユーザーは、ドリル ダウンによって詳細を表示でき、ドリル アップによって集計データを表示できます。マトリックスまたはグラフにドリル アップ/ドリル ダウンするには、階層が必要です。データ モデルの階層か、または Power View で作成した階層のどちらかです。

ドリル ダウンに関連するビデオ

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオでは、データ モデルの既存階層の使い方を示します。

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

このビデオでは、Power View で階層を作成して階層をドリルアップ/ドリルダウンする方法を示します。

既存の階層を使ってドリルアップ/ドリルダウンを追加する

この例では、マトリックスへのドリルアップ/ドリルダウンの追加方法を説明します。 横棒グラフ、縦棒グラフ、円グラフにもドリルアップ/ドリルダウンを追加できます。

データ モデル内に既存の階層があると、この階層を多数の Power View シートおよびレポートに繰り返し使えるので便利です。

  1. 既存階層を使って視覚エフェクトを作成します。 フィールド一覧内の階層には、階層の構成要素を展開したり、折りたたんだりするための矢印が付いています。 階層をクリックすると、階層を構成しているすべてのフィールドがテーブルとして視覚エフェクトに追加されます。

    データ モデル内の Power View の階層

  2. テーブルをマトリックスまたはグラフに変換します。 [デザイン] タブで [視覚エフェクトの切り替え]、[マトリックス] の順にクリックします。

  3. ドリルダウンを有効にするには、マトリックスを折りたたみます。 [デザイン] タブで [レベルの表示]、[一度に 1 レベルのドリルダウンを有効にする] の順にクリックします。

    Power View のドリル レベル

  4. 一番上の階層フィールドをダブルクリックします。 たとえば、Sports-Disciplines-Events 階層の場合は、[水上競技] をクリックします。 こうすると、階層の次のレベルにドリルダウンし、水上競技を構成する 4 つの種目 ([飛び込み]、[水泳]、[Synchronized S (シンクロナイズド スイミング)]、[Water polo (水球)]) が表示されます

    Power View のドリル矢印

  5. 特定のフィールドをクリックして、さらにドリルダウンします。 [Synchronized S (シンクロナイズド スイミング)] をクリックします。 階層内の [種目] をドリルダウンして、[duet]、[solo]、[team] を表示します。

  6. 上矢印をクリックして、ドリルアップします。

ページの先頭へ

Power View で階層を作成し、それを使ってドリルアップ/ドリルダウンする

この例では、横棒グラフのドリルアップ/ドリルダウンの追加方法を説明します。 マトリックス、縦棒グラフ、円グラフにもドリルアップ/ドリルダウンを追加できます。

ドリルアップ/ドリルダウンするには、階層が必要です。 この前の例では、既存の階層を使いました。 この例では、Power View でアドホック階層を作成します。 階層は “論理的” でなければなりません。ドリルダウンしたい任意のフィールドを指定できます。

折りたたんでドリルダウン/ドリルアップしたいフィールドを使って、テーブルを作成します。 テーブル作成のヘルプについては、「Power View のテーブル」をご覧ください。

この前の例で使ったのと同じ階層を手動で作成できます。

[種目] テーブルから [競技分類] を選びます。

注:  [種目] テーブルには [競技分類] フィールドが 2 回表示されます。フィールド自身と、SDE 階層の一部としてです。 [競技分類]をテーブルに追加するには、いずれかのチェックボックスをオンにします。

[競技] テーブルから [競技] を選びます。

[種目] テーブルから [種目] を選びます。

値フィールドをテーブルに追加します。 たとえば、[メダル数] を追加します。

Power View のテーブルのドリルアップ/ドリルダウン

テーブルをグラフまたはマトリックスに変換します。 [デザイン] タブで [視覚エフェクトの切り替え]、[横棒グラフ]、[積み上げ横棒] の順にクリックします。

[Power View Fields] レイアウト領域で、[軸] フィールドが目的の順番に並んでいることを確認します。 この場合、[競技分類]、[競技]、[種目] の順です。

Power View での [軸] フィールドへのドリルダウン

横棒をダブルクリックします。 たとえば、[水上競技] の横棒をクリックすると階層の次のレベルにドリルダウンし、水上競技を構成する 4 つの種目 ([飛び込み]、[水泳]、[Synchronized S (シンクロナイズド スイミング)]、[Water polo (水球)]) が表示されます

Power View でのアドホックのドリルダウン

特定のフィールドをダブルクリックして、さらにドリルダウンします。 [Synchronized S(シンクロナイズド スイミング)] をダブルクリックします。 階層内の [種目] をドリルダウンして、[duet]、[solo]、[team] を表示します。

視覚エフェクトの右上にある上向き矢印をクリックして、ドリルアップします。

ページの先頭へ

マトリックス

マトリックスの行または列に複数のフィールドが含まれている場合は、レベルを表示するように設定すると、マトリックスを折りたたんで、最上位 (最も外側の) レベルだけを表示できます。そのレベルの 1 つの値をダブルクリックして展開すると、階層内でその値よりも下位の値が表示されます。たとえば、大陸、国/地域、州/省、および都市の各フィールドで構成される階層では、レベルを表示するように Power View を設定すると、マトリックスには大陸名のみが表示されます。1 つの大陸 (たとえば、アジア) をダブルクリックすると、アジアの国/地域と、大陸に戻るための矢印が表示されます。1 つの国 (たとえば、インド) をダブルクリックすると、インドの州/省と、国/地域に戻るための矢印が表示されます。

都道府県から国/地域へのドリルアップ矢印を含む Power View マトリックス

ページの先頭へ

縦棒グラフ、横棒グラフ、円グラフ

縦棒グラフ、横棒グラフ、円グラフは、同様に操作できます。グラフの [軸] ボックスに複数のフィールドが含まれている場合、レベルを表示するように設定すると、最上位レベルから順に一度に 1 つのレベルだけが表示されます。大陸の例に戻ると、大陸の縦棒グラフで、ヨーロッパの棒をダブルクリックします。

ドリルダウン機能がある Power View の縦棒グラフ

ヨーロッパの国/地域の棒のみが表示され、戻るための矢印が表示されます。

ヨーロッパの国/地域にドリル ダウンした Power View の縦棒グラフ

ページの先頭へ

関連項目

Power View の階層

PowerPivot の階層

Power View でのマトリックスの操作

Power View の階層

Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション

Power View と Power Pivot のビデオ

チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析

ページの先頭へ

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×