Power View でのフィルター処理と強調表示

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power View には、レポート内のデータをフィルター処理および強調表示する方法が複数用意されています。基になるデータ モデルに含まれるメタデータのために、Power View ではモデル内の各種のテーブルおよびフィールドの間の関係を使用することにより、シートまたはビュー上のアイテムが相互に強調表示またはフィルター処理されます。

Power View には、データを分析するためのさまざまな方法が用意されています。フィルターは、注目するデータ以外のすべてのデータを取り除きます。Power View でデータをフィルター処理するために、[フィルター] ウィンドウのフィルター、スライサー、およびクロスフィルターを使用できます。強調表示はデータを取り除かないため、フィルター処理ではなく、表示されているデータの一部が強調表示されます。強調表示されていないデータも表示されたままですが、淡色表示されます。

フィルターと強調表示は、シート全体または個々 の視覚エフェクトのビューに、互いに適用できます。複数のシートまたはビュー フィルターの適用します。

Power View のフィルター処理

Power View の強調表示

Power View のスライサー

これらはどれも、1 つまたは複数の値を選ぶことによってデータを制限できます。

埋め込まれた横棒グラフで飲み物の棒をクリックすると、大きい横棒グラフでその飲み物の値が強調表示され、カードにフィルターが適用されます。

大きいグラフに小さいグラフが組み込まれている

グラフでのクロスフィルター処理と強調表示

視覚エフェクトは、基になるモデルでの関係に基づいて、フィルターや強調表示のように使用することができます。これはクロス視覚対話機能です。つまり、ある視覚エフェクトで値を直接選び、それを使用してビュー内の他のデータ範囲にフィルター処理や強調表示を適用できます。たとえば、ある縦棒グラフで 1 つの縦棒を選ぶと、以下のことが自動的に行われます。

レポートのすべてのテーブル、タイル、およびバブル チャートの値にフィルターが適用されます。

マップと横棒グラフおよび縦棒グラフで、値が強調表示されます。その値に関連する部分が強調表示されて、選択された値が元の値にどれだけ寄与しているかが示されます。

複数の値を選ぶには、Ctrl キーを押しながらクリックします。フィルターをクリアするには、フィルターの値ではなく内側をクリックします。

対話型のフィルター処理は、複数の系列を持つグラフでも使用できます。積み上げ横棒グラフの 1 つの横棒で、あるセクションをクリックすると、その特定の値でフィルター処理されます。凡例の中の項目をクリックすると、その系列内のすべてのセクションがフィルター処理されます。

次の図で、左側の縦棒グラフでは、右側の横棒グラフにある冷たい飲み物だけが強調表示されています。冷たい飲み物は、黄色と白だけです。これは、黄色と白の食品のうち、どれだけが冷たい飲み物であるかを示しています。

系列の値にフィルターを適用する縦棒グラフ

1 系列のグラフを強調表示

対話型のフィルターの選択は、シートまたはビューの間を移動するときに保存されますが、ブックやレポートと共に保存されることはありません。ブックやレポートを保存し、後から開くと、すべてのグラフ元の状態に戻ります。

ページの先頭へ

関連項目

Power View と Power Pivot のビデオ

Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション

チュートリアル: Excel 2013 でのデータ モデルを使用したピボットテーブル データの分析

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×