Power View でのグラフおよびその他の視覚エフェクト

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

SharePoint 2013 と Excel 2013 の Power View では、テーブルやマトリックスを始め、縦棒グラフ、横棒グラフ、バブル チャート、複数のグラフのセットなど、さまざまなデータの視覚エフェクトをすばやく作成できます。どの視覚エフェクトを作成する場合も、最初に Power View シートでテーブルを作成して、実際のデータを示すのに最も適した視覚エフェクトを見つけます。テーブルは他の視覚エフェクトに簡単に変換できます。

視覚エフェクトの作成

  1. Power View シートでテーブルを作成するには、フィールド リストのテーブルまたはフィールドをチェックするか、フィールド リストのフィールドをシートにドラッグします。 Power View によってシートにテーブルが描画され、実際のデータが表示され、自動的に列見出しが追加されます。

  2. テーブルを他の視覚エフェクトに変換するには、[デザイン] タブで視覚エフェクトの種類を選びます。 テーブルのデータによって、異なる視覚エフェクトの種類が有効になり、そのデータに最も適した視覚エフェクトが提供されます。

    ヒント: 別の視覚エフェクトを作成するには、先に空いているシートをクリックして別のテーブルを作成し、その後でフィールド リストのフィールド セクションからフィールドを選びます。

この記事の内容

Power View で使用できる視覚エフェクトの例

テーブルを作成する

グラフ

円グラフ

散布図とバブル チャート

折れ線グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフ

横棒グラフ

縦棒グラフ

折れ線グラフ

マップ

マルチプル: 同じ軸を持つ一連のグラフ

マトリックス

カード

タイル

さらに詳しい情報

Power View で使用できる視覚エフェクトの例

Crescent データのビジュアル化

  1. レポートをパンにフィルター処理するスライサー

  2. タイルのタイル フロー ナビゲーション、現在はクロワッサン

  3. 現在のタイル (クロワッサン) に対してフィルター処理されたタイル コンテナーのカード

  4. クロワッサンと 1 月から 12 月まででフィルター処理された消費量と供給量を示すタイル コンテナーの折れ線グラフ

  5. パンでフィルター処理されて供給量を基準に降順で並べ替えられたマルチプル

  6. パンでフィルター処理された消費量と供給量を示す縦棒グラフ

テーブルの作成

すべての視覚エフェクトはテーブルから始められます。Power View でテーブルを作成するにはさまざまな方法があります。テーブルについて詳しくは、「Power View のテーブル (英語)」をご覧ください。

Power View のテーブルの作成

 ページの先頭へ

グラフ

Power View には多くのグラフ オプションがあります: 円グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフ、折れ線グラフ、散布図、バブル チャート。グラフは複数の数値フィールドと、複数の系列を有することができます。グラフにはいくつかのデザインのオプションがあります。ラベル、凡例、タイトルを表示または非表示にすることができます。

グラフは対話形式です。あるグラフの値をクリックすると、次のようになります。

  • そのグラフでその値が強調表示されます。

  • レポートのすべてのテーブル、マトリックス、タイルのその値にフィルターが適用されます。

  • レポートの他のすべてのグラフでその値が強調表示されます。

詳しくは、「Power View でのフィルター処理、強調表示、スライサー」をご覧ください。

グラフはプレゼンテーション設定 (SharePoint の Power View での閲覧モードと全画面表示モード、Excel Services に保存したり Office 365 で表示したりする Excel ブック内の Power View シートなど) でも対話形式です。

円グラフ

Power View では、単純な円グラフも高度な円グラフも作成できます。スライスをダブルクリックするとドリル ダウンする円グラフや、色付きの大きなスライス内にサブスライスが表示される円グラフを作成できます。円グラフを別のグラフでクロスフィルター処理できます。たとえば、棒グラフの棒をクリックすると、その棒に対応する円グラフの部分が強調表示され、残りの部分が淡色表示になります。詳しくは、「Power View の円グラフ」をご覧ください。

2007 年のデータを選んで大陸ごとの売上を示す Power View の円グラフ

散布図とバブル チャート

散布図とバブル チャートは、多数の関連するデータを 1 つのグラフに表示する優れた方法です。散布図では、X 軸に 1 つの数値フィールドが表示され、Y 軸には別の数値フィールドが表示されるので、グラフ内のすべてのアイテムについて 2 つの値の関係を簡単に把握できます。

バブル チャートでは、第 3 の数値フィールドでデータ ポイントのサイズを制御します。散布図とバブル チャートには、「再生」軸を追加して、時がたつにつれて変化するデータを表示することもできます。

詳しくは、「Power View の散布図とバブル チャート」をご覧ください。

折れ線グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフ

折れ線グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフは、1 つ以上のデータ系列で、データ ポイントを比較するのに効果的です。折れ線グラフ、縦棒グラフ、横棒グラフでは、x 軸は 1 つのフィールドを表示し、y 軸はもう 1 つを表示します。グラフのすべての項目で、2 つの値のリレーションシップを容易に確認することができます。

横棒グラフ

横棒グラフでは、項目が縦軸に表示され、数値が横軸に表示されます。次のような場合は、横棒グラフの使用を検討してください。

  • プロットしたいデータ系列が 1 つ以上ある。

  • データに正の値、負の値、0 が含まれている。

  • 数値カテゴリのデータを比較したい。

  • 軸ラベルが長い。

Power View では、3 つの横棒グラフのサブタイプから選べます: 積み上げ、100% 積み上げ、集合。

縦棒グラフ

縦棒グラフには、ワークシートの列または行に配列されたデータをプロットすることができます。縦棒グラフは、一定期間内のデータの変化を表示する場合や、項目間の比較を表示する場合に効果的です。縦棒グラフでは、項目が横軸に表示され、数値が縦軸に表示されます。

Power View では、3 つの縦棒グラフのサブタイプから選べます: 積み上げ、100% 積み上げ、集合。

折れ線グラフ

折れ線グラフは、項目データが横軸 (項目) に沿って等間隔に配置され、すべての数値データが縦軸 (値) に沿って配置されます。

Power View の折れ線グラフ

横軸がタイム スケールを表すときは折れ線グラフを使用することを考えてください。日数、月数、年数などの、特定の間隔、または基となる単位に基づいて時系列順に日付を表示する場合は、たとえワークシートの日付が時系列順、または同じ基となる単位順になっていなくても、折れ線グラフを使用できます。

Power View の折れ線グラフを作成します。

ページの先頭へ

マップ

Power View のマップには Bing のマップ タイルが使われているので、他の Bing マップと同様にズームおよびパンできます。場所やフィールドを追加すると、マップ上に点が配置されます。値が大きくなると、点が大きくなります。複数値の系列を追加すると、マップ上に円グラフが表示されます。円グラフのサイズは合計のサイズを示します。詳しくは、「Power View のマップ」をご覧ください。

円グラフを使用した米国の Power View マップ

ページの先頭へ

マルチプル: 同じ軸を持つ一連のグラフ

マルチプルでは、同じ X 軸と Y 軸を持つ一連のグラフを作成し、並べて表示することができます。一度に多くの異なる値を比べるときに便利です。マルチプルは、「トレリス チャート」と呼ばれることもあります。

詳しくは、「Power View のマルチプルの視覚エフェクト (英語)」をご覧ください。

ページの先頭へ

マトリックス

マトリックスは、行と列で構成されている点で、テーブルに似ています。しかし、マトリックスにはテーブルにはない次の機能があります:

  • 値が繰り返さないデータを表示する。

  • 行と列で、総計と小計を表示する。

  • 階層を使用して、ドリル アップ/ドリル ダウンする。

  • 画面を折りたたんだり展開したりする。

詳しくは、「Power View でのマトリックスの操作 (英語)」をご覧ください。

ページの先頭へ

カード

テーブルを、インデックス カードのようなカード形式でテーブルの各行のデータをレイアウトして表示する一連のカードに変換できます。

Power View の国旗の画像があるカード

詳しくは、「Power View のカード」をご覧ください。

ページの先頭へ

タイル

テーブルまたはマトリックスをタイルに変換し、対話的に表形式のデータを表すことができます。タイルは、動的なナビゲーション ストリップを含むコンテナーです。タイルはフィルターとして機能し、タブ ストリップで選んだ値でタイル内のコンテンツがフィルター処理されます。タイルには複数の視覚エフェクトを追加することができ、すべてを同じ値でフィルター処理することができます。タブには、テキストまたは画像を使用することができます。詳しくは、「Power View のタイル」をご覧ください。

この画像は、各国がスピード スケート競技で獲得したメダルの数を表しています。

各種スポーツの画像を表示する Power View のタイル コンテナー

ページの先頭へ

さらに詳しい情報

Power View: データの調査、可視化、プレゼンテーション

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×