Power Query アドインから OData フィードにアクセスする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query では、Microsoft Online Services ID 認証または Windows 認証と Power Query for Excel を使って、Power BI for Office 365 管理センターで公開された OData フィードにアクセスできます。

注: Power Query クライアントは、Data Management Gateway をホストしているマシンと同じ企業ネットワーク内に配置されている必要があります。そうでない場合、Power Query クライアントは、OData フィードに含まれるデータへのアクセスを獲得できません。

管理者がオンプレミスのデータ ソースに対する OData フィードを有効化すると、管理センターにこの OData フィードへの URL が表示されます。管理者がこの URL をユーザーに提供すると、このユーザーは Microsoft Online Services ID 認証または Windows 認証を使って Power Query for Excel の OData フィードにアクセスできるようになります (ただし、このオプションが別途有効化されている場合のみ)。

このフィードを有効にすると、データ カタログ (Power BI for Office 365 の Self Service Information Management (SSIM) のコンポーネント) でフィードのメタデータのインデックスが自動的に作成されます。ユーザーは、Power Query for Excel のオンライン検索機能を使用してフィードの検索や検出を行うことができます。

次のセクションでは、オンプレミスのデータ ソースで表示される OData フィードを使用するための両方の方法 (Power Query for Excel からの URL とオンライン検索の使用) を説明します。

重要: お使いのコンピューターにインストールされていることがないか、excel での以前のバージョンの Power Query では利用できません POWERQUERY リボンの [組織] セクションは表示されない場合には、ここから Excel 用 Microsoft Power Query をダウンロードします。

URL を使用して OData フィードにアクセスする

IT 管理者として、データ責任者に URL を渡す前に URL へのアクセスをテストしたい場合があります。OData フィードの URL を取得し、この URL を使用してフィードにアクセスするには、次の手順に従ってください。

Power BI 管理センターから OData フィードの URL を取得する

  1. Power BI 管理センターで、左側のメニューのデータ ソースをクリックします。

  2. データ ソースの横の … (省略記号) をクリックし、ポップアップ ウィンドウを表示します。

  3. テキスト全体を選び、Ctrl + C を押すか、右クリックの後 [コピー] をクリックし、OData フィードの URL をクリップボードにコピーします。

この URL は HTTPS プロトコルを使用したクラウドベースの URL で、HTTP/HTTPS ベースのオンプレミスの URL に解決されます。この方法の利点は、OData フィードのアクセス構成 (HTTP/HTTPS) に関わらず、ユーザーが同じ URL を使用できることです。

たとえば、https://<domain name>.hybridproxy.clouddatahub.net/ODataService/v1.0/TestDB は、http://<machine name>.<on-prem domain name>.corp.microsoft.com:8000/TestDB か https://<machine name>.<on-prem domain name>.corp.microsoft.com:8000/TestDB に解決されます。

Power Query for Excel から OData フィードにアクセスする

Microsoft Power Query for Excel では、Excel アドインを効率化のデータ検出アクセスし、Excel でのセルフ サービス ビジネス インテリジェンス機能を拡張します。お使いのコンピューターにインストールされている Power Query] があるない場合は、 は、ここからインストールします。

Power Query から OData フィードにアクセスするには:

  1. Excel を起動して [POWER QUERY] タブに切り替えます。

  2. リボン上の [その他のソース] をクリックして、[OData フィードから] をクリックします。

  3. [OData フィード] ダイアログ ボックスで、前にクリップボードにコピーした URL を貼り付けて [OK] をクリックします。

  4. 認証方法として [Microsoft Online Services ID] または [Windows] を選びます。[Microsoft Online Services ID] を選ぶと、現在 Microsoft Online Services にサインインしていない場合は、OData フィードにアクセスできるアカウントを使用してサインインする必要があります。Windows 認証を使ってフィードにアクセスできるのは、管理者が Power BI 管理センターで、この認証を使ったアクセスを有効化した場合のみです。

    注: 既定の設定では、管理者がデータ ソースの OData フィードを有効化したとき、クライアントからフィードへのアクセスでサポートされるのは Microsoft Online Services ID 認証のみです。管理者は、管理センターにある [設定] タブの [全般] ページから、Windows 認証を使って OData フィードにアクセスできるようにすることができます。詳細については、「[全般] 設定と [通知] 設定の構成」を参照してください。

  5. ナビゲーター ウィンドウで、データ ソースによって表示されるフィードを確認できます。

  6. フィードからデータ セットを選び、[完了] をクリックします。

Power Query for Excel でフィードを検索および検出する

以下の手順では、Power Query for Excel で OData フィードを検索、検出、使用する方法を説明します。データ ソースで OData フィードが有効な場合、クラウドのデータ カタログで、フィードのメタデータのインデックスが作成されます。このため、次のキーワードを使用してフィードを検索できます。

  • 管理センターでのデータ ソースの名前

  • 管理センターでのデータ ソースの説明

  • テーブルとビューの名前

  • テーブルの列の名前

  • OData フィードの発行者

管理センターで [システム正常性] タブに切り替えてから [ログ] ページに切り替えると、メタデータのインデックス操作の状態を示すメッセージが表示されます。メタデータのインデックス操作が正常に終了したことを示すメッセージがログに表示されるまで待ちます。

  1. Excel を起動して [POWER QUERY] タブに切り替えます。

  2. リボンの [オンライン検索] をクリックします。[オンライン検索] ウィンドウが表示され、テキスト ボックスに検索キーワードを入力できます。

  3. キーワードを入力してフィードを検索します。[検索] ボタンの隣にあるボックスで、[組織] の範囲を設定します。Enter キーを押すか、[検索] をクリックします。検索対象のオンプレミスのデータベースの元のテーブルのテーブル名や列名の全部または一部を使用できます。たとえば、テーブル名が SPCustomer で列名が SPCustomerID と SPCustomerName の場合、SPCustomer、SPCustomerID、SPCustomerName、SP、SPC、SPCu などのキーワードを使って検索できます。

  4. フィードのデータをプレビューするには、結果にマウス ポインターを合わせます。

  5. 結果をクリックして、OData フィードから Excel へのデータのインポートを開始します。

  6. [OData フィードへのアクセス] ダイアログ ボックスで、[Microsoft Online Services ID] 認証を選びます。指示に従い、フィードにアクセスできる組織の ID を使用してログインします。

関連項目

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×