Power Query を使って Azure ML スコアのデータを Excel にインポートする

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query を使って、Azure ML スコアのデータを Excel にインポートすることができます。Azure ML API リファレンス ページには、空のクエリに自動生成コードを貼り付けることができます。

Power Query の要件

Power Query 2014 年 12 月の更新またはそれ以降。

Azure ML スコアのデータを Excel にインポートするには

  1. Excel リボンで、[POWER QUERY]、[その他のソース]、[空のクエリ] の順に選びます。

    Power Query のデータ ソース
  2. クエリ エディターで、[詳細エディター] を選びます。

  3. [詳細エディター] フォームに、Azure ML OData フィードに接続してスコア関数を呼び出す数式を入力し、[完了] をクリックします。

    Power Query の数式例

    この例は、Azure ML サンプル コレクションに含まれる「Sample 1: Download dataset from UCI: Adult 2 class dataset (サンプル 1: UCI からデータセットをダウンロード: 成人向け 2 クラス データセット)」に基づくものです。

    let 
       MultiplyBy4 = (number as number) =>
    let
        Source = OData.Feed("https://ussouthcentral.services.azureml.net/odata/workspaces/f602a9a0e6f240baa1ebd18d921b6a3f/services/5d805ba51fe3420091b33b060de1964a"),
        ScoreSource = Source{[Name="Score"]}[Data],
        #"Invoke FunctionScoreSource" = ScoreSource(number),
        #"Convert to Table" = Record.ToTable(#"Invoke FunctionScoreSource")
    in
        #"Convert to Table"
    in MultiplyBy4
    
  4. クエリ エディターで、[呼び出し] をクリックします。

  5. [パラメーターの入力] フォームに、Azure ML スコアのパラメーターを入力します。

  6. [資格情報を編集] をクリックします。

  7. [OData フィードへのアクセス] 認証フォームで、[基本] を選び、[パスワード] に Azure ML トークンを貼り付けてから [保存] をクリックします。 Azure ML

  8. クエリ エディターで、[閉じて読み込む] をクリックします (またはデータの整理を続けます)。

Azure ML 承認キーを取得するには

Azure ML Web サービスから Azure ML Web サービスの API キーを取得します。Microsoft Azure Machine Learning Studio または Azure 管理ポータルから取得することができます。

Microsoft Azure Machine Learning Studio

  1. Microsoft Azure Machine Learning Studio で、左側の [WEB サービス] をクリックします。

  2. Web サービスをクリックします。"API キー" は [ダッシュボード] タブにあります。

Azure 管理ポータル

  1. 左側の [MACHINE LEARNING] をクリックします。

  2. ワークスペースをクリックします。

  3. [WEB サービス] をクリックします。

  4. Web サービスをクリックします。

  5. エンドポイントをクリックします。"API キー" は右下にあります。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×