Power Query の概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query を使って検索できますデータ ソース接続の作成]、[図形のデータが (例、列を削除するには、データの種類を変更またはテーブルを結合する) のニーズに合った方法があります。データの形をしたが後、結果を共有したり、レポートを作成するのには、クエリを使用できます。

Power Query の一般的な手順

これらのステップを順に見ていくと、多くの場合、次のような処理が行われます。

  • 接続 – クラウド内、サービス内、またはローカルに存在するデータに接続する

  • 変換 – 目的に応じてデータを整理する。元のソースは変更されない

  • 結合 - 複数のデータ ソースからデータ モデルを作って、データに対する独自のビューを作成する

  • 共有 – クエリが完了したら、保存、共有、またはレポートに使用できる

Power Query では、処理のステップが記録されます。ユーザーは、必要に応じてこれらのステップを変更できます。 また、ステップの操作を元に戻す、やり直す、順序変更、任意のステップの変更もできるため、これらを活用して、接続しているデータのビューを思いどおりに作成できます。

Power Query を使うと、クエリを必要に応じてシンプルにも複雑にも作成できます。 また、Power Query ではステップの記録や実施に M 言語が使用されるため、クエリをゼロから作成 (または手動で調整) して、データ スクリプトの機能と柔軟性のすべてを Power Query 内で活用できます。

Power Query には、Excel の [Power Query] リボンからアクセスできます。

[Power Query] リボン

重要: Excel 2013 または以前のバージョンの Excel を使用している場合は、 Excel で Power Query を有効にするする必要があります。をダウンロードして Power Query for Excel の最新バージョンをインストールするには、自動的が有効にすることもできます。

接続

Power Query を使用して、Excel ブックなどの 1 つのデータ ソースや、複数のデータベースやフィード、またはクラウドに散在しているサービスに接続することができます。 その後、独自の組み合わせでそれらすべてのソースを統合して、Power Query がなければわからなかった新しい考察を得ることができます。

データ ソースへの接続は、[Power Query] リボンの [外部データの取り込み] セクションから行います。 データ ソースには、Web、ファイル、データベース、Azure、他のソース、または Excel ブックのテーブルなどのデータが含まれます。

[Power Query] リボン

次の短いビデオでは、Power Query で接続できる多くの種類のデータ ソースを示しています。 新しいデータ接続が随時追加されるため、常に最新バージョンの Power Query を使用するようにしてください。

Power Query - データへの接続ムービー

データ ソースに接続すると、プレビューウィンドウが表示されます。Excel でデータを今すぐに作業する場合は、負荷をクリックします。変換を適用するか、あらかじめ、データを整理したいかどうかは [編集] をクリックします。 Power Queryクエリ エディターが起動し、: 専用のウィンドウを容易にして、適用する変換、データ接続が表示されます。変換は、次のセクションでは、クエリ エディターの詳細については、します。

接続の詳細については、以下を参照してください。

変換

Power Queryを使うと、接続先からのデータを、分析しやすいように変換できます。 データの変換とは、目的に合うようにデータを何らかの方法で変更することです。たとえば、列の削除、データ型の変更、テーブルの結合などがデータの変換に該当します。 データを変換すると、分析を進めるうえで必要な形にデータをまとめて変えることができます。 1 つ以上のデータセットに変換を適用するプロセスは、通常、データの整理と呼ばれます。

Power Query では、データの変換を表示して操作しやすくするクエリ エディターという専用ウィンドウを使用します。 クエリ エディターを開くには、[Power Query] リボンの [エディターの起動] を選びます。

PQ 起動ツール エディター

また、クエリ エディターは、データ ソースへの接続、新規クエリの作成、既存のクエリのロードを行うときにも、常に表示されます。

クエリ エディター

Power Query では、データに対するすべての操作が追跡されます。 クエリ エディターでは、データに適用される各変換やステップが記録されて、ラベル付けされます。 変換がデータ接続 (データ ソース)、列の削除、結合、データ型の変更のいずれであっても、クエリ エディターによって、各操作が [クエリの設定] ウィンドウの [適用したステップ] セクションに記録されます。

クエリ エディター - クエリ設定

データ接続に適用する変換をまとめてクエリが形成されます。

Power Query では元のソース データが変更されないことを知っておくことは重要 (有用) です。 元のデータを変更するのではなく、データの接続または変換のときに実行される各ステップを記録して、データの整理が完了した後で、改良されたデータ セットのスナップショットを取得して Excel に読み込みます。

データに適用できる変換には、非常に多くの種類があります。 また、クエリ エディターの詳細エディターを使用して、M 言語 (Power Query がバックグラウンドでステップを記録するときに使われる言語) で独自の変換を記述することもできます 。 詳細エディターは、クエリ エディターの [変換] リボンから表示します。このエディターで、既存のクエリに関連する M 言語で記述されたステップを変更できます。 また、詳細エディターを使用して、クエリをゼロから作成することもできます。

クエリ エディター - 詳細エディター

変換の詳細については、以下を参照してください。

共有する

クエリを含む Excel ブックを保存すると、クエリも自動的に保存されます。 [Power Query] リボンの [ブック クエリ] セクションで [ウィンドウの表示] を選んで、Excel ブック内のすべてのクエリを表示できます。

ウィンドウの表示

[ブック クエリ] ウィンドウにブック内のすべてのクエリが表示されます。

ブック クエリ

さらに便利な機能もあります。 Power Queryデータ カタログを使って、クエリを組織内の誰とでも共有できます。 または、頻繁に使用するクエリを作成しておき、複数のブックで使用して、作業の手間を省くことができます。 Excel ブックを保存してメール送信する (および元のバージョン、変更内容、データが古くなっていないかどうかを把握しようとする) 代わりに、クエリをデータ カタログに保存すれば、追跡されない無数のブック バージョンが受信ボックスに蓄積されるという問題をなくすことができます。 [ブック クエリ] ウィンドウでクエリを右クリックするだけで、[データ カタログに送信] などのあらゆるオプションがメニューに表示されます。

データ カタログに送信

右クリック メニューの他のオプションも見ていきましょう。 クエリを複製すると、元のクエリを変更せずに、クエリの特定の要素 (またはすべての要素) を変更できます。これは、後から変更してカスタマイズ データセットを作成できるクエリ テンプレートを作成するようなものです。たとえば、小売用に 1 つ、卸売用に 1 つ、在庫用に 1 つのデータセットを同じデータ接続に基づいて作成できるようになります。

また、クエリを結合または追加すると、クエリを再利用可能な構成要素に変えることができます。

Power Query を使ってデータや接続、変換をクリエイティブに操作して、自分の作業を他のユーザー (または他のデバイスを使用している自分自身) と共有して、さらに活用の幅を広げることができます。

データ カタログを使って、共有しているすべてのクエリを簡単に表示することもできます。

データ カタログ クエリの表示

[マイ データ カテゴリ クエリ] ウィンドウが開いて、自分が共有しているクエリがすべて表示されます。 そのウィンドウから、クエリをロード、編集することも、そのクエリを現在作業中のブックで使用することもできます。

[マイ データ カタログのクエリ] ウィンドウ

クエリが完了したら、そのクエリを使って ExcelPower ViewPower BI でレポートを作成できます。 Power Query でデータを思いどおりに整理して仕上げたすべての作業を活用できるレポート リソースの詳細については、次の各セクションを参照してください。

保存、共有、レポートの詳細:

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×