Power Query の仕様と制限

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

機能

制限

クエリ名の長さ

80 文字

クエリ名に使えない文字

二重引用符 (”)、ピリオド (.)、先頭または末尾の空白文字

クエリ エディター データ プレビューのセル数

3,000 セル

各レベルに表示されるナビゲーション ウィンドウの項目数、サーバーあたりのデータベース数、データベースあたりのテーブル数。

アルファベット順で最初の 1,000 項目。 目的のステップの数式を変更することで、非表示項目を手動で追加できます。

エンジンで処理されるデータのサイズ

入力前にローカルでデータ セットを並べ替える場合など、データの完全なストリーミングができない場合の仮想メモリ制限 (64 ビット バージョン)、または約 1 GB の制限 (32 ビット バージョン)

テーブルの列数

16,384

プレビュー セルでのテキストの最大サイズ

1 M 文字

Excel またはデータ モデルに入力するテキストの最大サイズ

Power Query では無制限

ワークシートに入力できる最大行数

1,048,576

固定キャッシュのソフト制限。 ソフト制限の場合、一時的な超過は許容されます。

4GB

キャッシュ内の個々のエントリ

1GB

接続文字列に格納された場合の圧縮クエリと依存関係。 接続情報を表示する方法について詳しくは、「接続情報を表示する」をご覧ください。

64 K 文字

ブックを .xls と .xlsb からインポートします。

列数

Xlsx ブックからインポートします。

制限なし

接続情報を表示する

  1. [データ] リボン タブで、[接続] をクリックします。

  2. [ブックの接続] ダイアログ ボックスで接続を選んで [プロパティ] をクリックし、[接続のプロパティ] ダイアログ ボックスを表示します。 詳しくは「接続のプロパティ」をご覧ください。              

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×