Power Query のコンテキスト メニューの概要

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

コンテキスト メニューは、エディター ウィンドウの表のセルなどの要素に固有のものです。 コンテキスト メニューによって、選んだ 1 つ以上の要素に対するアクションが定義されます。

この記事の内容

セルのコンテキスト メニュー

数値型または日付/時刻型

数値または日付/時刻の値を置換する

テキスト型

テキスト値を置換する

論理型

論理値を置換する

テーブル型またはリンク型

列のコンテキスト メニュー

1 列の選択

カルチャを含む型を変更する

複数列の選択

テーブルのコンテキスト メニュー

クエリ ステップのコンテキスト メニュー

オンライン検索

セルのコンテキスト メニュー

セルにアクションを適用するには、セルを右クリックします。 セル型ごとにコンテキスト メニューがあります。

数値型または日付/時刻型

アクション

説明

数値フィルター

次の演算子に基づいてテーブルをフィルター処理します。

  • 等号

  • 不等号

  • より大きい

  • 以上

  • より小さい

  • 以下

値を置き換える

1 つの値を選択した列内の別の値に置き換えます。数値または日付/時刻値を置換するを参照してください数値または日付/時刻値を置換します。

ドリルダウン

セルのコンテンツに移動します。 ナビゲーションを実行するための新しいステップが現在のクエリに追加されます。この操作は、[ステップ] ウィンドウでこのステップを削除すると取り消せます。

新しいクエリとして追加

このセルのコンテンツがクエリ値として含まれる、新しいクエリを作成します。 新しいクエリの名前は、選んだセルの列ヘッダーと同じです。

数値または日付/時刻の値を置換する

  1. 数値セルまたは日付/時刻セルを右クリックします。

  2. [値の置換] をクリックします。

  3. [値の置換] ダイアログ ボックスで、[検索する値] と [置換後] を入力します。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

テキスト型

アクション

説明

テキスト フィルター

次の演算子に基づいてテーブルをフィルター処理します。

  • 等号

  • 不等号

  • 次の値で始まる

  • 次の値で終わる

  • 次の値を含む

  • 次の値を含まない

値を置き換える

選んだ列で、ある値を別の値に置換します。 テキスト値を置換するには、「テキスト値を置換する」をご覧ください。

ドリルダウン

セルのコンテンツに移動します。 ナビゲーションを実行するための新しいステップが現在のクエリに追加されます。この操作は、[ステップ] ウィンドウでこのステップを削除すると取り消せます。

新しいクエリとして追加

このセルのコンテンツがクエリ値として含まれる、新しいクエリを作成します。 新しいクエリの名前は、選んだセルの列ヘッダーと同じです。

テキスト値を置換する

  1. テキスト セルを右クリックします。

  2. [値の置換] をクリックします。

  3. [値の置換] ダイアログ ボックスで、[検索する値] と [置換後] を入力します。

  4. [セル内容が完全に同一であるものを検索する] オプションをクリックしてコンテンツ全体からセルを置換します。または、[値の置換] で [検索する値] で一致したものを置換します。

  5. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

論理型

アクション

説明

値を置き換える

選んだ列で、ある値を別の値に置換します。 論理値を置換するには、「論理値を置換する」をご覧ください。

ドリルダウン

セルのコンテンツに移動します。 ナビゲーションを実行するための新しいステップが現在のクエリに追加されます。この操作は、[ステップ] ウィンドウでこのステップを削除すると取り消せます。

新しいクエリとして追加

このセルのコンテンツがクエリ値として含まれる、新しいクエリを作成します。 新しいクエリの名前は、選んだセルの列ヘッダーと同じです。

論理値を置換する

  1. 論理セルを右クリックします。

  2. [値の置換] をクリックします。

  3. [値の置換] ダイアログ ボックスで、[検索する値] と [置換後] を入力します。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

テーブル型またはリンク型

アクション

説明

ドリルダウン

セルのコンテンツに移動します。 ナビゲーションを実行するための新しいステップが現在のクエリに追加されます。この操作は、[ステップ] ウィンドウでこのステップを削除すると取り消せます。

新しいクエリとして追加

このセルのコンテンツがクエリ値として含まれる、新しいクエリを作成します。 新しいクエリの名前は、選んだセルの列ヘッダーと同じです。

列のコンテキスト メニュー

選んだ列ヘッダーを右クリックして、その列のすべてのセルにアクションを適用します。 列の種類ごとにコンテキスト メニューがあります。

1 列の選択

操作

適用する型

説明

削除

すべての型

選んだ列をビューから削除し、使用できないようにします。

他の列の削除

すべての型

選ばれていないすべての列をビューから削除し、使用できないようにします。

最初の行をヘッダーとして使用

すべての型

各テーブルのヘッダー名が、テーブルの最初の行の各セル値に置換されます。

列の複製

すべての型

テーブルの右側に、選んだ列の複製を作成します。 新しい列の名前は、<列名> のコピーです。

列の分割

(使用可能な クエリ エディター r ibbon)

テキスト型

テキストの列は、次の 2 つの方法で複数列に分割できます。

  • 区切り記号

  • 文字数

テキスト列の分割方法の詳細については、「テキストの列を分割する」を参照してください。

重複部分の削除

(使用可能な クエリ エディター r ibbon )

テキスト、数値、日付/時刻、

論理型

選んだ列の値が前の値と重複するすべての行を、テーブルから削除します。 値セットが最初に表示される行は削除されません。 重複部分を削除する方法について詳しくは、「重複部分の削除」をご覧ください。

値を置き換える

(使用可能な クエリ エディター r ibbon )

テキスト、数値、日付/時刻、

論理型

列の項目を他の値と置換します。 値の置換方法について詳しくは、「セルのコンテキスト メニュー」をご覧ください。

型の変更

(使用可能な クエリ エディター r ibbon )

テキスト、数値、日付/時刻、

論理型

テーブル、リンク、エントリの型では無効

選んだ列の型を新しい型に変更します。

  • 論理

  • 数値

  • 日付

  • 日付/時刻

  • 日付/時刻/タイムゾーン

  • 時刻

  • 期間

  • バイナリ

  • テキスト

  • カルチャを含む型。 元のカルチャを含む型の変更方法について詳しくは、「カルチャを含む型を変更する」をご覧ください。

変換

テキスト型と日付/時刻型

他の型では無効

テキスト値の場合、列の次の値の表示方法が変わります。

  • 小文字

  • 大文字

  • 各単語の先頭文字を大文字にする

  • トリミング

  • クリーン

  • JSON

  • XML

日付/時刻の値については、列の値のレンダー方法が変わります。

  • 日付

  • 時刻

  • 曜日

列の挿入

すべての型

テーブルの最後の列の後に新しい列を追加します。 挿入する列の型を選ぶと、新しい列の値が決定されます。

  • カスタム (新しい値を計算する式を定義します)

  • インデックス

列の挿入方法の詳細については、「テーブルにカスタム列を挿入する」を参照してください。

グループ化

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon )

テキスト、数値、日付/時刻、

論理型

行の値によってデータを要約します。 たとえば、テーブルの次の列 (都道府県、市区町村、人口) では、次の操作を実行できます。

  • 都道府県ごとにグループ化し、各都道府県の市区町村の数をカウントしたり、市区町村の人口を合計して各都道府県の人口を出す。

  • 市区町村ごとにグループ化して市区町村名のインスタンスをカウントする。

行のグループ化の詳細については、「テーブル内の行をグループ化する」を参照してください。

列をピボット解除する

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon )

すべての型

選んだ列を属性値のペアに変換します。列のピボット解除の詳細については、「列をピボット解除する」を参照してください。

移動

すべての型

選んだ列をテーブル内の別の場所に移動します。 選んだ列を次の場所に移動します。

  • 先頭

  • 末尾

または、列をクリックして、選んだ列の左や右にドラッグ アンド ドロップできます。

名前の変更

すべての型

選んだ列の名前を変更します。

ドリルダウン

すべての型

列のコンテンツに移動します。 ナビゲーションを実行するための新しいステップが現在のクエリに追加されます。この操作は、[ステップ] ウィンドウでこのステップを削除すると取り消せます。

新しいクエリを追加する

すべての型

この列のコンテンツがクエリ値として含まれる、新しいクエリを作成します。 この操作を実行するには、元のクエリを新しいクエリで参照します。 新しいクエリの名前は、選んだ列の列ヘッダーと同じです。

カルチャを含む型を変更する

  1. 選んだ列を右クリックします。

  2. [型の変更]、[カルチャを含む型] の順にクリックします。

  3. [カルチャを含む型の変更] ダイアログ ボックスで [データ型] を選び、[カルチャ] を変更して選びます。

  4. [OK] をクリックします。

ページの先頭へ

複数列の選択

(Ctrl + クリックまたは Shift + クリックで) 複数列を選び、選んだいずれかの列を右クリックして複数列のコンテキスト メニューから選んだ列にアクションを適用します。

注:  複数列を選んだ場合、一部のコンテキスト メニュー項目が表示されない場合があります。

アクション

説明

列の削除

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon )

選んだ列をビューから削除し、使用できないようにします。

他の列の削除

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

選ばれていないすべての列をビューから削除し、使用できないようにします。

重複部分の削除

選んだ列の値が前の値と重複するすべての行を、テーブルから削除します。 値セットが最初に表示される行は削除されません。 重複部分を削除する方法について詳しくは、「重複部分の削除」をご覧ください。

値を置き換える

列の項目を他の値と置換します。 値の置換方法について詳しくは、「セルのコンテキスト メニュー」をご覧ください。

型の変更

選んだ列の型を新しい型に変更します。

  • 論理

  • 数値

  • 日付

  • 日付/時刻

  • 日付/時刻/タイムゾーン

  • 時刻

  • 期間

  • バイナリ

  • テキスト

  • カルチャを含む型。 元のカルチャを含む型の変更方法について詳しくは、「カルチャを含む型を変更する」をご覧ください。

変換

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

テキスト値の場合、列の次の値の表示方法が変わります。

  • 小文字

  • 大文字

  • 各単語の先頭文字を大文字にする

  • トリミング

  • クリーン

  • JSON

  • XML

日付/時刻の値については、列の値のレンダー方法が変わります。

  • 日付

  • 時刻

  • 曜日

列のマージ

グループ化

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

行の値によってデータを要約します。 たとえば、テーブルの次の列 (都道府県、市区町村、人口) では、次の操作を実行できます。

  • 都道府県ごとにグループ化し、各都道府県の市区町村の数をカウントしたり、市区町村の人口を合計して各都道府県の人口を出す。

  • 市区町村ごとにグループ化して市区町村名のインスタンスをカウントする。

行のグループ化の詳細については、「テーブル内の行をグループ化する」を参照してください。

列をピボット解除する

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

選んだ列を属性値のペアに変換します。 列のピボット解除について詳しくは、「列のピボット解除」をご覧ください。

移動

選んだ列をテーブル内の別の場所に移動します。 選んだ列を次の場所に移動します。

  • 先頭

  • 末尾

または、列をクリックして、選んだ列の左や右にドラッグ アンド ドロップできます。

ページの先頭へ

テーブルのコンテキスト メニュー

テーブルのコンテキスト メニューはテーブル アイコン ( [テーブル] アイコン ) で表示されます。このメニューで、テーブル全体のアクションが実行されます。

アクション

説明

最初の行をヘッダーとして使用

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

テーブルの最初の行の値が列ヘッダーになります。

重複部分の削除

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

選んだ列で値がそれ以前の値と重複している場合、重複しているすべての行を Power Query テーブルから削除します。 値セットが最初に表示される行は削除されません。

エラーの削除

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

その時に選択されている列からエラーを含む行を削除します。

列の挿入

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

テーブルの最後の列の後に新しい列を追加します。 挿入する列の型を選ぶと、新しい列の値が決定されます。

  • カスタム (新しい値を計算する式を定義します)

  • インデックス

列の挿入方法の詳細については、「テーブルにカスタム列を挿入する」を参照してください。

上端行を保持

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

テーブル内で保持する上端行の数を指定します。

上位 100 行を保持

テーブルの上位 100 行を保持します。

行の範囲を保持

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

先頭行から行数を増やして、テーブル内で保持する行の範囲を指定します。

上端行を削除

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

テーブルの上から n 行を削除します。

代替行を削除

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

削除する最初の行削除する行数保持する行数を指定して、テーブルから代替行を削除します。

マージ

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

[プレビュー] グリッドで、既存の 2 つのクエリから新しいクエリを作成します。 1 つのクエリの結果には、プライマリ テーブルのすべての列と、関連テーブルへのナビゲーション リンクが設定された列の役割を持つ列が 1 つ含まれます。 クエリのマージ方法について詳しくは、「クエリをマージする」をご覧ください。

追加

(使用可能なは n クエリ エディター r ibbon)

[プレビュー] グリッドに、最初のクエリのすべての行と、それに続けて 2 つ目のクエリのすべての行を含む新しいクエリを作成します。 クエリの追加方法について詳しくは、「クエリを追加する」をご覧ください。

ページの先頭へ

クエリ ステップのコンテキスト メニュー

クエリ ステップを右クリックして、クエリ ステップとその位置を変更します。

アクション

説明

編集設定

選んだステップを定義する関数内の値を編集します。

名前の変更

このステップに名前を付けます。 これは、ステップに意味のある名前を付けたり、同じ操作 (列の挿入など) の複数のインスタンスを区別する場合に便利です。

削除

このステップをストリームから削除します。 メモ: 次のステップがこのステップに依存していると、次のステップでエラーが発生する場合があります。

終わりまで削除

このストリームで、このステップ以降のすべてのステップを削除します。

上へ移動

選んだステップをストリームの先頭に 1 段階近い位置に移動します。

下へ移動

選んだステップをストリームの先頭から 1 段階遠い位置に移動します。

ページの先頭へ

オンライン検索

[オンライン検索] ウィンドウで、データ ソースの概要項目を右クリックします。

アクション

説明

ソースに移動

選んだデータ ソース項目のソース Web ページに移動します。

使用条件

選んだデータ ソース項目の使用条件のページに移動します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×