Power Query と PowerPivot を連携させる方法

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

注: Power Query は、Excel 2016 では取得と変換として知られています。ここで提供される情報は両方に適用されます。 詳細については、「Excel 2016 で取得と変換を実行する」を参照してください。

Power Query と PowerPivot は相互に補完しあいます。Power Query は、データの発見、データへの接続、データのインポートに推奨されるエクスペリエンスです。PowerPivot は、インポートしたデータをモデル化するのに適しています。両方を使用して Excel でデータを整形し、Power MapPower View、ピボットテーブル、ピボットグラフで調査および表示できるようにした後、作成されたブックを SharePoint、Office 365 の Power BI サイトPower BI Windows ストア アプリで操作できます。

Power Query

Power Query はデータ発見およびクエリ用のツールであり、最初のデータ行をブックに追加する前であっても、データを整理および細分化するのに適しています。次のような操作を実行できます。

  • Hadoop や Facebook といった大規模なデータ ソースなどの外部データ ソースからデータをインポートし、Excel に取り込む前にデータを整形して、必要なデータだけを抽出します。

  • SQL Azure の複数のシャード化されたテーブルからのデータなど、さまざまなデータ ソースのデータを結合したり、テーブルを追加したりします。

  • 次のような目的のために、結果を単一のテーブルとして Excel に取り込みます。

    • Power Map や Power View で表示します。

    • PowerPivot でさらに分析およびモデル化します。

  • ユーザーがデータ調査の起点として使用できるように、Power BI データ カタログとクエリを共有します。

  • ピボットテーブルまたはマトリックス形式からフラット テーブルにソース データを「ピボット解除」します。

データを Excel のワークシートに入れることも、Excel データ モデルに追加することもできます。

PowerPivot

データを Excel データ モデルに格納したときは、PowerPivot での分析用にさらに拡張できます。次のような機能を利用できます。

つまり、Power Query では、Excel (シートまたは Excel データ モデル) にデータを取得します。PowerPivot でそのモデルをさらに充実させます。

さらに詳しい情報

Microsoft Power Query for Excel のヘルプ

Power Pivot: 強力なデータ分析と Excel でデータ モデリング

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×