Power Map データをジオコード化する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power Map では、次のように、地理的な形式とレベルがいくつかサポートされます。

  • 緯度、経度 (10 進数として書式設定)

緯度および経度データ

  • 番地

  • 都市

  • 市町村

  • 都道府県

  • 郵便番号

  • 国、地域

データをプロットするには、地理を構成する列をフィールド リストから選び、それが表す地理的なレベルを指定します。 Power Map はそれを受け取ってデータをプロットします。

たとえば、次のデータ セットでは、Power Map で列が自動的に検出されて地理のフィールドと照合されます。

Power Map のデータ構造

この場合は、Power Map で次のように番地に基づいてデータのジオコーディングが始まります。

作業ウィンドウの [地理およびマップ レベル]

フィールドが地理のレベルに対応することを [地理] セクションで確認して [次へ] をクリックすると、Power Map で Bing が使用されてデータのプロットが自動的に始まります。 進行状況はステータス バーに表示され、Power Map で地理データが分析されている間でも、フィールド リストと地球儀を変更できます。

Bing バー上の Power Map ステータス

地理的なレベルが複数ある場合、マップでは、データをさまざまなレベルですぐに表示できます。 この例の場合、[番地] を選ぶと、次のようにデータが番地ごとに表示されます。

シートごとにデータを表示する Power Map

[都道府県] レベルを選ぶと、次のように同じデータが都道府県ごとに表示されます。

都道府県別データを示す Power Map

地理のフィールドを変更する

マップに既定で表示される、地理のフィールドを変更するには、別のフィールドを [地理] リストで選びます。 そのフィールドは [地理およびマップ レベル] ボックスに自動的に表示され、マップのレベルを確認して変更できるようになります。

ジオコーディングの一般的なエラー

ジオコーディング プロセス中には、ジオコーディングの競合が発生することがあります。 たとえば、Power Map でエラー メッセージが表示されて、一部の地理のフィールドがマップに表示されないことを通知されることがあります。 これが発生するのは、府中市のように、複数の都市が同じ名前で別々の都道府県に存在するときなどです。

Power Map と Bing は、国と地域、都道府県、その他の地理のフィールドなど、周辺のデータを調べて、データの各行の都市がどこに配置されるかを判断して、解決策を見出そうとします。 追加データが使用可能である場合、その都市はマップに表示されますが、行がスキップされることもあります。 このような競合を避けるため、列を追加して、郵便番号や国と地域などの追加データを指定し、Power Map がその情報を使って、精度を高めて場所を分析できるようにしてみてください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×