Power Map グラフで積み上げ縦棒と集合縦棒を切り替える

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power Map で新しいデータのセットを開くと、地理データが検出され、既定で集合縦棒グラフがプロットされます。

集合縦棒グラフの例
集合縦棒グラフ
積み上げ縦棒グラフの例
同じデータを積み上げ縦棒グラフとして表示

集合縦棒グラフと積み上げ縦棒グラフを切り替える

  1. [ホーム]、[レイヤー ウィンドウ] の順にクリックします。

    Power Map の [ホーム] タブの [レイヤー ウィンドウ] ボタン

  2. [フィールド リスト] タブの [積み上げ縦棒] または [集合縦棒] をクリックします。

    [フィールド リスト] タブの [積み上げ縦棒] と [集合縦棒] のグラフを示すアイコン

    注記: 

    • 追加のフィールドを [高さ] ボックスまたは [分類] ボックスにドラッグしたり、フィールドをオンにしたりすることができます。Power Map によってフィールドが該当のボックスに配置されます。

    • フィールドを [分類] ボックスのみにドラッグして、[高さ] ボックスを空白のままにすると、同じフィールドが [高さ] に自動的に追加され、各分類の数を表すグラフが表示されます。

    • 列の図形を変更することもできます。

積み上げ縦棒グラフと集合縦棒グラフの詳細

積み上げ縦棒グラフは、データ系列が複数あり、かつそれらの総計を強調したいときに使用します。 たとえば、さまざまな種類のショーのチケット (日中、夜、定価、割引、メンバー、メンバー以外) を郵便番号別にプロットする場合などです。

集合縦棒グラフは、項目間とデータ系列間でデータを比較したい場合に使用します。 たとえば、顧客層別に強く賛成、賛成、どちらでもない、反対、強く反対などの項目を設定するある場合などです。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×