Power Map のデータを準備する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Power Map で最適な結果を得るには、Excel テーブルのデータまたは (できれば) Excel または Power Pivot で作成したデータ モデルを使用します。 Power Map で使用したいデータが外部サーバーに保存されている場合は、Excel から接続してデータ モデルに追加できます。

注: Power Map では、データ モデルで作成した階層 (データ フィールドのグループ) をサポートしていません。

データを構造化する

データを準備するには、すべてのデータが Excel テーブル形式であることを確認します。この形式では、各行が一意のレコードを表します。 列見出しまたは行見出しには、Power Map が地理座標をプロットするときに正しく解釈するように、実際のデータではなくテキストを含める必要があります。 わかりやすいラベルを使用すれば、Power Map の [ツアー エディター] ウィンドウでツアーを設計するときに、値フィールドとカテゴリ フィールドを使用することもできます。

Power Map 内部の時刻と地理データを正確に表すテーブル構造を使用するには、次のようにすべてのデータをテーブルに含め、説明テキストのラベルを列見出しに使用します。

正しいテーブルの書式の例

データが次のように構造化されていないことを確認します。"UFO 目撃" などの一部のデータと年は、Excel テーブルには含まれません

正しくないテーブルの書式の例

次のデータをテーブルに含めます。

  • 地理的な値   : Power Map では、データ行ごとに地理的な値が少なくとも 1 つ必要です。 これは、緯度/経度の組み合わせ、市区町村、国/地域、郵便番号、都道府県、住所などになります。 Power Map の正確性は、指定した地理データの量と多様性、および Bing の検索結果によって異なります。 たとえば、米国には "コロンバス " という名前の都市が 18 あるので、"" の列を設定すると、正しい都市を認識できるようになります。

  • 日付および時刻のフィールド   : データを時系列で表示したい場合、Power Map では、データ行ごとに日付または時刻のフィールドが少なくとも 1 つ必要です。 最適な結果を得るには、この一時データを個別の列に配置し、日付または時刻の形式にします (選択したセルを右クリックし、[セルの書式設定] をクリック)。

外部データに接続する

大量のデータを処理している場合、それらのデータは、データベース、データ フィード、Web サイトなどの外部ソースに保存されている可能性があります。 これらのデータを使うには、Power Map のブックにインポートする必要があります。

(PowerPivot 経由ではなく) Excel から外部データに接続するには、次の操作を行います。

  1. Excel で、[データ] タブの [外部データの取り込み] グループで、目的の接続をクリックします。

    [データ] タブの [外部データの取り込み] グループ

  2. ウィザードが開始されたら、手順に従います。

  3. ウィザードの最後の手順で、[このデータをデータ モデルに追加する] チェック ボックスがオンになっていることを確認します。

PowerPivot ウィンドウから外部データに接続するには、次の操作を行います。

  1. Excel で、[PowerPivot] タブをクリックし、[管理] をクリックします。

    [PowerPivot] タブと [管理] ボタン

  2. PowerPivot ウィンドウで [外部データの取り込み] をクリックします。

  3. データ型 (SQL Server または他のデータベース、ファイル、データ フィードなど) を選びます。

  4. ウィザードが開始されたら、手順に従います。

PowerPivot ウィンドウから外部データを取り込むと、データがデータ モデルに自動的に追加されます。

ヒント: Microsoft Power Query for Excel をお持ちの場合は、Power Query を使ってデータをインポートし、クエリ エディターを使ってデータを整理または変換できます。 詳細については、「Power Query を使って外部データ ソースからデータをインポートする」を参照してください。

外部データへの接続の詳細については、「外部データをブックに接続する」および「SQL Server データベースをブックに接続する」を参照してください。

ピボットテーブルの集計元データを使用する

ピボットテーブルでは、地域ごとの合計売上や販売事例の合計などを集計するため、ピボットテーブル形式のデータは Power Map では機能しません。 代わりに、ピボットテーブルの集計元データを使うことをお勧めします。こうすれば、Power Map で個々のインスタンスをそれぞれの時点として活用し、インスタンスに時系列でアニメーションを追加して、地球上の目的の位置にプロットできます。

Power Map では、集計元データを使用して地理的なピボットテーブルの集計 (都道府県全体の市区町村、国内の都道府県、地域/大陸にある国など) を、同じ細かいレベルの詳細が保持された地図上にプロットします。 地域のグラフの種類を選ぶと、国/地域別、都道府県別、郵便番号別など、さまざまな種類の地域全体のデータを表示できます。

データの品質を確認する

大量のデータを処理する場合に、入力ミスや不正確なデータなど、品質の問題が発生することがあります。 Power Map でデータをプロットする前に、地理データ、時刻、尺度などのデータを確認し、Power Map のプロット内容のスポット チェックを行ってください。

次の例では、シカゴの人口の表示が 10 倍大きくなっており、ニューヨークやロサンゼルスなどの他の大都市のデータ バーと比べて誇張された状態になっています。

人口のデータ バーが他の場所のバーに対して飛びぬけている

ソース (Excel ブックのテーブル、SQL Server データベースなど) のデータを修正し、[Home]、[データの更新] の順にクリックして、Power Map のリボンから直接データを更新します。

[ホーム] タブの [データの更新]

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×