PerformancePoint ダッシュボード デザイナーを使ってダッシュボードを作成する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

PerformancePoint ダッシュボード デザイナーを使うと、組織で使うダッシュボードを作成できます。ダッシュボードは、基本的には、ダッシュボード ユーザーが Web ブラウザーに表示できるスコアカード ビューとレポート ビューの集まりです。この記事には、PerformancePoint ダッシュボードの概要のほか、関連情報へのリンクが含まれています。

ヒント: 作成して、ダッシュ ボードを実装する方法の詳細については、計画、設計、および組織の業績を表示する PerformancePoint ダッシュ ボードを実装を参照してください。

この記事の内容

PerformancePoint ダッシュボードとは

PerformancePoint ダッシュボードの機能について

PerformancePoint ダッシュボードを作成するための方法について

PerformancePoint ダッシュボードとは

ダッシュボードは Web ブラウザーに表示されるビューの集まりであり、ユーザーに必要な情報がひとめでわかるようにデザインされます。ダッシュボードを使うことで、最新の情報に簡単にアクセスし、参照することができます。ダッシュボードはそれぞれ複雑さや用途が異なります。単純な 1 ~ 2 個のレポートがあるだけの、基本的な情報を表示するためにデザインされたダッシュボードもあれば、 ユーザーがデータを探して特定のレポート値の元になったすべてのトランザクションを確認できるようにデザインされた、さまざまなレポートやスコアカードを含むものもあります。

PerformancePoint ダッシュボードは、PerformancePoint Services を使って作成されるダッシュボードです。PerformancePoint ダッシュボードには、他の多くの種類のダッシュボートにはない機能が含まれることがよくあります。たとえば、ユーザーがクリックするアイテムに応じて情報が表示される PerformancePoint ダッシュボードを構成できます。スコアカードのアイテムを他のレポートと関連付けることができます。また、複数のダッシュボードやダッシュボード内の複数のページで再利用できるダッシュボード フィルターを構成することもできます。何より、他のサーバーでホストされているレポートや、複数のデータ ソースを使って情報を表示するスコアカードなど、各種ソースからの情報を表示するダッシュボードを作成することもできます。

ページの先頭へ

PerformancePoint ダッシュボードの機能について

一般的に、PerformancePoint ダッシュボードは高度な対話機能を備え、最新の情報を動的に表示します。PerformancePoint ダッシュボードに含めることができる機能は他にもあります。次の表は、使用できる機能の一部を示しています。

機能/アイテム

説明

再利用可能なダッシュボード アイテム

次のように、何種類かの方法で再利用可能なアイテムをダッシュボードに組み込むことができます。

  • ダッシュボードの作成者は、ビュー、フィルター、SharePoint のリストやドキュメント ライブラリに保存できるダッシュボードなどの、PerformancePoint ダッシュボード アイテムを作成できます。作成したアイテムは、1 つ以上のダッシュボードで簡単に再利用することができます。

  • ダッシュボード用にダッシュボード フィルターを作成し、同じフィルターを複数のページで使用できます。作成後は、ダッシュボードのユーザーがフィルター内のアイテムを選択すると、選択したアイテムが、そのフィルターを使うすべてのページに適用されます。

  • SQL Server Reporting Services のレポート、Excel Services のレポートなど、他のサーバー上でホストされているビューを含めることができます。

高度なフィルター機能

ダッシュボード フィルターとして、データ ソース内で定義されている多次元式 (MDX) クエリ、タイム インテリジェンス式、名前付きセットなどを使う、さまざまなフィルターを作成できます。

これに加えて、これらのフィルターのダッシュボードでの動作方法を構成するための接続の数式を指定できます。たとえば、ダッシュボードのユーザーがレポートやスコアカードにフィルターを適用したときに、ダッシュボードにグループ内の上位 10 件のアイテムのみが表示されるように構成できます。

タイム インテリジェンス

タイム インテリジェンス機能は、次の何種類かの方法でダッシュボードに組み込むことができます。

ダッシュボードに対し、現在の日付に関連する動的な時間フィルターを作成できます。たとえば、フィルターを作成し、"過去 6 か月間"、"先週" などの経過時間の結果を表示するフィルターを作成できます。または、カレンダー コントロールを使うフィルターを作成し、特定の日付の時点の結果を表示できます。

"今年"、"昨年" などの動的な期間を含めるスコアカードを作成することができます。

高度な機能のスコアカード

高度な機能を組み込んだスコアカードは、次の何種類かの方法で作成できます。

  • 複数の実際の値を持つ KPI を作成できます。これにより、各 KPI につき複数の指標をすべて同じ行で設定できます。

  • KPI は、計算結果の指標に基づくように作成できます。たとえば、前の数を数倍にした数値に基づくように、ターゲットの値を構成できます。

  • スコアカードにはディメンション階層を含めることができ、展開/折りたたみ機能が自動的に使用できるように設定できます。

他のレポートに対するフィルターとして使うスコアカード KPI

スコアカード内の主要業績評価指標 (KPI) は、同じダッシュボード ページ内の他のレポートと関連付けることができます。関連付けた場合、ダッシュボード ユーザーが KPI をクリックすると、関連レポートが自動的に更新され、その KPI に関連付けられた情報が表示されます。

KPI の詳細レポート

KPI の詳細レポートを作成し、そのレポートをスコアカードに関連付けることで、スコアカード内の KPI に関する追加情報をダッシュボード ユーザーに提供できます。ダッシュボード ユーザーがスコアカード内のセルをクリックすると、KPI の詳細レポートが自動的に更新され、スコアカードの値に関する詳細情報が表示されます。

高度な対話型レポート

円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、グリッドなど、分析的なビューの高機能な対話型レポートを作成できます。これらのビューでは、ダッシュボード ユーザーは次の操作を実行できます。

  • 簡単にデータを操作して下位レベルまたは上位レベルの情報を表示する

  • フィルターを適用して特定の情報を表示する

  • ビューを新しいブラウザー ウィンドウで開く

  • ビューを Microsoft PowerPoint または Microsoft Excel にエクスポートする

  • 分析グラフや分析グリッド、または SQL Server Analysis Services に保存されたデータを使うスコアカードから、新しいブラウザー ウィンドウ上に分解ツリーを起動し、レポートの値にグループ内のメンバーが貢献する度合いを表示できます。

カスタマイズできるダッシュボート ページ

ダッシュボードは、特定のサイズのダッシュボード ゾーンを構成し、使うマスター ページ テンプレートを指定することでカスタマイズできます。

他の種類の SharePoint アイテムと一緒に PerformancePoint アイテムを組み込んだダッシュボード ページ

ダッシュボード デザイナーを使って作成するレポート、スコアカード、フィルターを、SharePoint サイトの編集モードまたは SharePoint Designer を使って作成するアイテムと組み合わせたダッシュボードを作成できます。

ページの先頭へ

PerformancePoint ダッシュボードを作成するための方法について

PerformancePoint ダッシュボードを作成する場合、通常はダッシュボード デザイナーを使います。実施する手順の概要は次のようになります。

  1. ダッシュ ボードを計画します。データが保存されているユーザーは、ユーザー、最適なそれらのユーザーを必要な情報を提供する方法を表示する情報の種類を検討してください。 詳細については、ダッシュ ボードを計画するを参照してください。

  2. ダッシュボード アイテムを作成する: データ接続、スコアカード、レポート、フィルター、ダッシュボード ページなどのアイテムがあります。作成時に各アイテムを保存するようにしてください。詳細については、次のリソースを参照してください。

  3. 設定して、ダッシュ ボード ページを作成します。各ページで、使用するページ レイアウトを構成し、ページに含まれるダッシュ ボード ゾーンへのアイテムを追加します。詳細については、 アセンブル ダッシュ ボード ページとダッシュ ボード デザイナーを使用してアイテムのリンクを参照してください。

  4. スコアカードとレポートにフィルターを接続します。ページで、各アイテムにフィルターを接続する必要はありませんが場合は、できます。また、いれば、そのアイテムで使用するフィルターが使えるアイテムには、複数のフィルターを接続することができます。詳細については、接続するレポートまたはスコアカードにフィルターをを参照してください。

  5. SharePoint Server には、ダッシュ ボードを展開します。詳細については、 PerformancePoint ダッシュ ボードの展開を参照してください。

  6. ダッシュボードを表示してテストする: すべてのアイテムが適切に動作することを確認します。

  7. 必要に応じて、ダッシュボード アイテムに変更を加えてダッシュボードに再展開します。他のユーザーにダッシュボードの情報を通知し、使い方を指導します。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×