PV 関数

将来の定期定額払いおよび固定金利に基づいて、投資の現在価値を表す Double 型を返します。

構文

PV( rate, nper , pmt [, fv ] [, type ] )

PV 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

rate

必須です。 期間を通じた一定の利率を指定する Double 型。 たとえば、10 パーセントの年間利率 (APR) で自動車ローンを契約し、月払いで返済を行う場合、1 か月の利率は 0.1/12 (0.0083) になります。

nper

必須です。 投資期間全体での支払回数の合計を指定する Integer 型。 たとえば、4 年間の自動車ローンを月払いで返済する場合、このローンには合計 4 * 12 回 (48 回) の支払いが含まれます。

pmt

必須です。 毎回の支払額を指定する Double 型。 支払額には通常、投資期間内に変化しない元金額と利息が含まれます。

fv

省略可能です。 最後の支払いを行った後に残る将来価値、つまり現金の収支を指定する Variant 型。 たとえば、ローンの将来価値は、最後の支払い後の値である 0 円になります。 しかし、子供の教育費として 18 年間で 500 万円をためることを目標にした場合、将来価値は 500 万円になります。 省略した場合、0 が想定されます。

type

省略可能です。 支払いが行われる時期を指定する Variant 型。 支払いを期末に行う場合は 0 を指定し、期首に行う場合は 1 を指定します。 省略した場合、0 が想定されます。


解説

これらの関数の対象となる投資は、定額の支払いが定期的に行われることが前提になっています。 投資としては、ローン (住宅ローンなど) または本来の投資 (毎月の貯蓄プランなど) が該当します。

引数 rate および nper は、同じ単位で示された支払期間を使用して計算する必要があります。 たとえば、月数を使って rate を計算する場合、nper も月数を使って計算する必要があります。

すべての引数に関して、定額預金の支払いのような出金は負の数で表し、配当金のような入金は正の数で表します。

使用例

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では PV 関数は、今後 20 年間で毎年 500 万円が得られる 1 億円の投資の現在価値を返します。 指定するのは、予想年間利率 (APR)、合計支払回数 (TotPmts)、各支払額 (YrIncome)、投資の将来価値の合計額 (FVal)、各支払いを期首または期末のいずれで行うかを示す値 (PayType) です。 YrIncome は、投資から毎年支払われる現金を表すために、負の値であることに注意してください。

Dim Fmt, APR, TotPmts, YrIncome, FVal, PayType, PVal
Const ENDPERIOD = 0, BEGINPERIOD = 1
Fmt = "###,##0.00" ' Define money format.
APR = .0825 ' Annual percentage rate.
TotPmts = 20 ' Total number of payments.
YrIncome = 50000 ' Yearly income.
FVal = 1000000 ' Future value.
PayType = BEGINPERIOD ' Payment at beginning of month.
PVal = PV(APR, TotPmts, -YrIncome, FVal, PayType)
MsgBox "The present value is " & Format(PVal, Fmt) & "."
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×