PROCEDURE 句

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

名前と省略可能なパラメータを定義します。

注: PROCEDURE 句は PROCEDURE ステートメントに変わりました。現在も、PROCEDURE 句はサポートされていますが、PROCEDURE ステートメントは、PROCEDURE 句の機能も含まれていますので、こちらを使用することを推奨します。

構文

手順name [param1 データ型[、データ型パラメーター 2 [,...]

PROCEDURE 句には、次の指定項目があります。

引数

説明

name

プロシージャ名。

param1, param2

1 つ以上のフィールド名またはパラメータ。たとえば、次のように指定します。

PROCEDURE Sales_By_CountryRegion [Beginning Date] DateTime, [Ending Date] DateTime;

datatype

Microsoft Access SQL データ型の 1 つ、またはその別名のうちの 1 つを指定します。


解説

SQL のプロシージャは、プロシージャ名を指定する PROCEDURE 句、パラメータ定義のリスト (省略可能)、および 1 つの SQL ステートメントで構成されます。たとえば、特定の部品番号を取得するクエリを実行するプロシージャは、"部品番号取得" という名前にします。

注: 

  • フィールド定義 (引数 paramdatatype の対) を複数指定する場合は、それらをコンマで区切ってください。

  • PROCEDURE 句に続けて SELECT や UPDATE などの SQL ステートメントを記述する必要があります。



注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×