PPmt 関数

定額の支払いを定期的に行い、利率が一定であると仮定して、指定した投資期間に支払われる元金を浮動小数点型 (Double) で返します。

構文

PPmt ( rate, per, nper , pv [, fv ] [, type ] )

PPmt 関数の構文には、次の引数があります。

引数

説明

rate

必須です。 期間を通じた一定の利率を指定する Double 型。 たとえば、10% の年間利率 (APR) で自動車ローンを契約し、月払いで返済を行う場合、1 か月の利率は 0.1/12 (0.0083) になります。

per

必須です。支払期間を示す整数型 (Integer) の値を 1 ~ nper の範囲で指定します。

nper

必須です。投資期間全体での支払回数の合計を指定する Integer 型。たとえば、4 年間の自動車ローンを月払いで返済する場合、このローンには合計 4 * 12 回 (48 回) の支払いが含まれます。

pv

必須。将来の一連の支払いまたは受け取りの現在価値を表す Double 型。たとえば、車の購入資金を借りた場合、ローン金額は、借り手が毎月行う返済の貸し手に対する現在価値です。

fv

省略可能です。 最後の支払いを行った後に残る将来価値、つまり現金の収支を指定する Variant 型。 たとえば、ローンの将来価値は、最後の支払い後の値である 0 円になります。 しかし、子供の教育費として 18 年間で 500 万円をためることを目標にした場合、将来価値は 500 万円になります。 省略した場合、0 が想定されます。

type

省略可能です。 支払いが行われる時期を指定する Variant 型。 支払いを期末に行う場合は 0 を指定し、期首に行う場合は 1 を指定します。 省略した場合、0 が想定されます。


解説

これらの関数の対象となる投資は、定額の支払いが定期的に行われることが前提になっています。 投資としては、ローン (住宅ローンなど) または本来の投資 (毎月の貯蓄プランなど) が該当します。

引数 rate および nper は、同じ単位で示された支払期間を使用して計算する必要があります。 たとえば、月数を使って rate を計算する場合、nper も月数を使って計算する必要があります。

すべての引数に関して、定額預金の支払いのような出金は負の数で表し、配当金のような入金は正の数で表します。

注: 次の例は、Visual Basic for Applications (VBA) モジュールでのこの関数の使用方法を示しています。 VBA の使用方法の詳細については、[検索] の横にあるドロップダウン リストで [開発者用リファレンス] を選び、検索ボックスに検索する用語を入力します。

この例では、PPmt 関数を使用して、支払額がすべて同じ値の場合に特定の期間の支払額に占める元金の額を計算します。期間ごとの利率 (APR / 12)、元金部分が必要な支払期間 (Period)、合計の支払回数 (TotPmts)、ローンの現在価値または元金 (PVal)、ローンの将来価値 (FVal)、および支払いを各支払期間の期首と期末のどちらに行うかを示す数値 (PayType) を指定します。

Dim NL, TB, Fmt, FVal, PVal, APR, TotPmts, PayType, Payment, Msg, MakeChart, Period, P, I
Const ENDPERIOD = 0, BEGINPERIOD = 1 ' When payments are made.
NL = Chr(13) & Chr(10) ' Define newline.
TB = Chr(9) ' Define tab.
Fmt = "###,###,##0.00" ' Define money format.
FVal = 0 ' Usually 0 for a loan.
PVal = InputBox("How much do you want to borrow?")
APR = InputBox("What is the annual percentage rate of your loan?")
If APR > 1 Then APR = APR / 100 ' Ensure proper form.
TotPmts = InputBox("How many monthly payments do you have to make?")
PayType = MsgBox("Do you make payments at the end of month?", vbYesNo)
If PayType = vbNo Then PayType = BEGINPERIOD Else PayType = ENDPERIOD
Payment = Abs(-Pmt(APR / 12, TotPmts, PVal, FVal, PayType))
Msg = "Your monthly payment is " & Format(Payment, Fmt) & ". "
Msg = Msg & "Would you like a breakdown of your principal and "
Msg = Msg & "interest per period?"
MakeChart = MsgBox(Msg, vbYesNo) ' See if chart is desired.
If MakeChart <> vbNo Then
If TotPmts > 12 Then MsgBox "Only first year will be shown."
Msg = "Month Payment Principal Interest" & NL
For Period = 1 To TotPmts
If Period > 12 Then Exit For ' Show only first 12.
P = PPmt(APR / 12, Period, TotPmts, -PVal, FVal, PayType)
P = (Int((P + .005) * 100) / 100) ' Round principal.
I = Payment - P
I = (Int((I + .005) * 100) / 100) ' Round interest.
Msg = Msg & Period & TB & Format(Payment, Fmt)
Msg = Msg & TB & Format(P, Fmt) & TB & Format(I, Fmt) & NL
Next Period
MsgBox Msg ' Display amortization table.
End If
スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×