Outlook with Business Contact Manager へようこそ

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Business Contact Manager for Outlook は、顧客と連絡先の強力な管理機能を備えており、営業、マーケティング、顧客サービスなどの業務の効果を高めるのに役立ちます。

まったく新しいインターフェイス、新しいプロジェクト管理ツールとマーケティング ツール、強力なcustomizationオプションを備えた Business Contact Manager for Outlook は、既に組織全体として電子メールや予定表にお使いのプログラムである Outlook 内に入っている顧客情報を管理できます。

スタートアップ ウィザードを使用すれば、まったく新しく使い始める場合でも、以前のバージョンからアップグレードする場合でも、画面の指示に従って操作するだけで Business Contact Manager databaseをセットアップできます。

Business Contact Manager for Outlookを使用する予定がない場合は、このトピックの後半でBusiness Contact Manager for Outlook をオフにするを参照してください。

使用するオプションの選択

[ようこそ] ページで、次のいずれかのオプションをクリックします。

Expressを新しいデータベースを作成するか、お使いのコンピューター上にある既存のデータベースを使用する] をクリックします。

Business Contact Manager for Outlook を使用するのが初めてで新しい空のデータベースを作成する場合、および以前のバージョンからアップグレードする場合には、このオプションを選択します。

コンピューター上にある既存データベースが自動的に検索され、次のように処理されます。

  • コンピューター上にデータベースが見つからなかった場合は、Business Contact Manager for Outlook が空のデータベースを作成し、MSSmallBusiness という名前を付けます。

  • コンピューター上にデータベースが 1 つ見つかった場合は、Business Contact Manager for Outlook はそのデータベースと接続します。

  • コンピューター上に複数のデータベースが見つかった場合は、Business Contact Manager for Outlook は、使用するデータベースを選択するようにユーザーに指示します。使用している Microsoft Office のバージョンと一致するバージョンのデータベースを Business Contact Manager から選択します。

  • 以前のバージョンの Business Contact Manager for Outlook による既存データベースがある場合は、そのデータベースは、Business Contact Manager for Outlook 2013 で機能するバージョンに移行させられます。この移行では、既存データベースが Documents\My Business\Backups にバックアップされてから、データが新しいデータベースにコピーされます。

ヒント: 後から、Business Contact Manager for Outlook の使用中にいつでも別のデータベースを作成したり選択したりできます。

新しいデータベースを作成または自分でデータベースを選択して[ユーザー設定] をクリックします。

新しいデータベースを作成するか、既存のデータベースに接続して、別のコンピューター上にあるデータベースを含めたい場合は、このオプションを選択します。

注: remote databaseに接続するには、その前にデータベースの所有者に頼んでそのデータベースを共有化し、そのデータベースに自分がアクセスできるように許可してもらっておく必要があります。

Business Contact Manager for Outlookを使用したくない場合は、[カスタム] をクリックしてください。ウィザードの次のページでこの機能を無効にできます。

[カスタム] をクリックした場合、次のことが行えます。

  • 新しいデータベースの名前を入力する。

  • 自分のコンピューター上にある既存データベースを選択する。

  • リモート コンピューターの名前を指定してから、自分に共有されているデータベースの名前をクリックする。

Business Contact Manager for Outlook をオフにする

Business Contact Manager for Outlook を使用したくない場合は、ウィザードの次のページで [カスタム] をクリックすると、これを無効にするオプションが表示されます。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×