Outlook .pst ファイルにインポートするときの問題を解決する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

ここでは、ユーザーが Outlook に .pst ファイルをインポートするときに発生する主な問題について説明します。ここに一覧する以外の問題が生じた場合、または以下の解決策を実行しても解決されない場合は、Microsoft までご連絡ください。

電話

サポートが必要な場合   

電話またはチャット

CD-ROM に .pst ファイルを保存した場合は、このメッセージが表示されます。お使いのコンピューター、USB フラッシュ ドライブ、またはその他の場所に .pst ファイルにコピーします。.Pst ファイルを右クリックしのプロパティ] を選択し、読み取り専用] チェック ボックスをオフにする] をクリックします。 .Pst ファイルをインポートしてみましょう。さらに詳しい情報は、このサポート技術情報の記事を参照してください。

この種類のエラーは、.pst ファイルの使用中に、のコンピューターへのログオンがローカル アカウントから Microsoft アカウントに切り替えた場合にも発生する可能性があります。解決方法: .pst ファイルを右クリックし、[プロパティ]、[セキュリティ]、[編集] の順に選び、Microsoft アカウントを選び、[フル コントロール] を選びます。Outlook を再起動します。

この問題を解決するには、インポート プロセスを再実行します。次のダイアログ ボックスが表示されたら、[現在のフォルダーにアイテムをインポートする] を選びます。

[現在のフォルダーにアイテムをインポートする] を選びます。

インポートしようとしているメールボックスを IMAP メールボックスとして構成する必要があることを意味します。これは、Outlook.com のアカウントでよく発生します。次に IMAP を使用できるようにアカウントを構成する方法を示します。

  • まず、デスクトップ上の Outlook からメール アカウントを削除します。たとえば、Outlook 2010 に複数のアカウントがある場合、アカウントを選択して右クリックして、[削除] を選択して、Outlook からアカウントを削除できます。それが現在 Outlook で唯一のアカウントである場合、[ファイル]、[アカウントの設定]、[アカウントの設定]、[削除] の順に選択します。

  • ここで、デスクトップ上の Outlook に、今回は IMAP アカウントとして設定してアカウントを戻します。

    1. デスクトップ上の Outlook の上部の [ファイル] を選択します。

      Outlook 2010 では、[ファイル] タブを選びます。

    2. [アカウントの追加] を選択します。

    3. 自分のアカウントの名前 (例:Jakob)、メール アドレス (例: jakob77@outlook.com)、Web サイト上でメール アカウントのサインインに使用するパスワードを入力します。[サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する] を選択します。[次へ] を選択します。

      [サーバー設定または追加のサーバーの種類を手動で構成する] を選択します。

    4. [インターネット電子メール] を選択します。

      [インターネット電子メール] の選択

    5. 次の設定を入力します。

      • アカウントの種類: IMAP

      • 受信メール サーバー: imap-mail.outlook.com

      • 送信メール サーバー (SMTP): smtp-mail.outlook.com

      • ユーザー名: youralias@outlook.com (または任意のメール アドレス)

      • パスワード: Outlook.com Web サイトなどで、メールへのサインインに使用するパスワードを入力します。2 段階認証が有効であれば、アプリ パスワードを取得します。

      • [詳細設定] を選択します。

      この図のように設定を入力します。

    6. [送信サーバー] タブで、[送信サーバーは認証が必要] を選択します。

      [送信サーバーは認証が必要] を選択します。

    7. [詳細設定] タブを選択し、次の設定を入力します。

      • 受信サーバー (IMAP):993

      • 使用する暗号化接続の種類:SSL

      • 送信サーバー (SMTP):587

      • 使用する暗号化接続の種類: TLS

      高度なメール設定を入力します。

    8. [OK] を選びます。

    9. [次へ] を選択し、設定をテストします。注: 接続できないことで最も多い原因は、メールまたはパスワードの入力ミスです。残念ながら Outlook ではそれが問題であることは示されず、理解不能なエラー メッセージが表示されます。接続できない場合、入力ミスがないかすべて再確認してください。

これでメール アカウントに .pst ファイルをインポートする準備ができました。

連絡先と予定表が .pst ファイルにエクスポートされなかったことが原因と考えられます。連絡先と予定表を別の .pst ファイルにエクスポートしてみてください。次のダイアログ ボックスが表示されたら、[サブフォルダーを含む] をオンにします。こうすることで、連絡先と予定表もエクスポートされます。

エクスポートするメール アカウントを選びます。

復元された連絡先は、オフライン キャッシュ (.ost) と別の日の .pst ファイルという両方の場所にあったデータではないでしょうか。バックアップの .pst ファイルから連絡先をインポートすると、連絡先のコピーが作成され、適切な連絡先ファイルに保存されます。必要に応じて、バックアップの .pst ファイルを削除したり、名前を変更したりすることができます。

連絡先と予定表が .pst ファイルにエクスポートされなかったことが原因と考えられます。連絡先と予定表を別の .pst ファイルにエクスポートしてみてください。次のダイアログ ボックスが表示されたら、[サブフォルダーを含む] をオンにします。こうすることで、サブフォルダーもエクスポートされます。

エクスポートするメール アカウントを選びます。

関連項目

Outlook のメール、連絡先、予定表をインポートおよびエクスポートする

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×