Outlook on the web でグループ ファイルを利用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

多くの人がチームとして文書やその他のファイルを作成しています。Outlook on the web からファイルにアクセスしているユーザーにとって、共同作業がますます簡単になりました。 

あらゆるグループ ドキュメントにアクセス - 新しいファイル ビューでは、メールの添付ファイルとして共有されているファイル、グループの SharePoint ドキュメント ライブラリに保存されているファイル、OneDrive またはその他の SharePoint ドキュメント ライブラリから共有されているファイルなど、グループで共有しているあらゆるファイルにアクセスできます。  

共同作成もアップデートの通知も簡単 – Outlook on the web で、文書を編集し、そのままメール経由で返信できるようになりました。文書を更新したり、変更について同僚に知らせたりするとき、コンテキストを切り替える必要がありません。 

ファイルに関連付けられているメールに簡単アクセス – メールで共有されたファイルに簡単にアクセスできるようになりました。グループの受信トレイをスクロールして探す必要がありません。 

ファイルにアクセスする

Outlook on the web クライアントのファイルにアクセスするには、グループ ヘッダーの [ファイル] をクリックします。 

Office 365 グループで [ファイル] をクリックすると、グループに保存されているファイルとフォルダーの一覧が表示されます。

このビューには、グループのドキュメント ライブラリにアップロードされたファイルが表示されます。共有受信トレイに投稿されたメッセージの添付ファイルとして共有されたファイルや OneDrive または SharePoint からグループに共有したファイルが表示されます。 ファイルは、メールで最後に共有された時間、最後に変更された時間、あるいは最後にライブラリにアップロードされた時間に基づき時系列で並べ替えられます。この並べ替えを変更することはできません。異なる時系列でファイルを表示するには、右上隅の付近にある [ライブラリを参照] をクリックし、SharePoint ドキュメント ライブラリに移動します。

注: .URL をします。メッセージとします。ASPX ファイルは、グループのドキュメント ライブラリのビューでは表示されません。SharePoint ドキュメント ライブラリのビューには、右上隅にライブラリの参照] をクリックして、これらのファイルを表示します。

ライブラリに新しいファイルをアップロードするには、ファイル リストの上にあるツールバーの [アップロード] リンクをクリックします。

ファイル ライブラリを検索するには、ウィンドウの左上隅にある検索ボックスにキーワードを入力し、Enter キーを押します。

ウィンドウの左上隅にある検索ボックスを利用し、キーワードでファイルを検索します。

削除またはファイルの名前を変更します。

削除するには、ファイルの名前を変更する、または最初に右上隅に [ライブラリの参照] をクリックして、SharePoint ドキュメント ライブラリに移動します。 削除する名前を変更するか、該当する情報を削除または名前を変更するを選択するファイルを右クリックします。

ファイルをメールで送信する

ライブラリにあるファイルをメールの添付ファイルとして送信する場合、送信するファイルごとに、ファイル名の左にあるセレクターをクリックします。そうすると、ファイル リストの真上に追加オプションが表示されます。[電子メール​​] をクリックします。選択したファイルが添付されている状態で新しいメール メッセージの作成が開始します。

ファイルを選択すると、表示、メール送信、ダウンロードのためのボタンが有効になります。

メール添付ファイルを操作する

ファイルの操作方法が新しくなり、メールに添付されているファイルの操作が効率的になりました。Word、Excel、または PowerPoint ファイルが添付されたメールがグループの共有受信トレイに送信されたとき、そのファイルを編集し、元の作成者に送信するには、[ファイル] セクションに移動し、ダブルクリックしてファイルを開き、リボンの [編集して返信] を選択します。ファイルはグループの SharePoint ドキュメント ライブラリに保存され、関連する Office アプリのオンライン版で開きます。また、保存したファイル コピーのリンクが記載された返信メールが元の送信者に送信されます。編集を完了したら、コメントをメールに追加し、[送信] をクリックします。 

メールの添付ファイルのスクリーン ショット

SharePoint ドキュメント ライブラリに移動する

上記の機能強化に加え、SharePoint ドキュメント ライブラリに直接、移動できるようになりました。グループの [ファイル] セクションの右上に [ライブラリを参照] が表示されます。それをクリックすると、そのグループの SharePoint ドキュメント ライブラリがブラウザーで開きます。

関連項目

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×