Outlook for Mac のキーボード ショートカット

Outlook for Mac のキーボード ショートカット

多くのユーザーが、Outlook 2016 for Mac のキーボード ショートカットを操作できる外部キーボードを使用すると、より効率的に作業できると感じています。運動機能障碍または視覚障碍を伴うユーザーの場合、キーボード ショートカットはタッチスクリーンを使用するよりも簡単であり、マウスの基本的な代替手段です。この記事では、Outlook 2016 for Mac で利用できるキーボード ショートカットを箇条書きで説明します。

注記: 

  • このトピックで示すショートカット キーは、米国のキーボードのレイアウトを参照しています。他のレイアウトのキーは、米国のキーボードのキーと正確に対応しない場合があります。

  • このトピックでは、2 つ以上のキーを同時に押すショートカット キーのキーがプラス記号 (+) で区切られています。あるキーを押した直後に別のキーを押す必要がある場合は、キーが読点 (、) で区切られています。

  • 一部のバージョンの Mac オペレーティング システムおよび一部のユーティリティ アプリケーションの設定は、Office for Mac のキーボード ショートカットおよびファンクション キーの動作と競合することがあります。キーボード ショートカットのキー割り当ての変更の詳細については、使用しているバージョンの Mac オペレーティング システムの Mac ヘルプを参照するか、ユーティリティ アプリケーションを参照してください。

  • Office for Mac で独自のショートカットを作成する場合は、「Office 2016 for Mac のカスタム ショートカット キーを作成する」を参照してください。

この記事の内容

よく使われるショートカット キー

次の表では、Outlook 2016 for Mac でよく使われるショートカット キーを示します。

目的

キー

アイテムを保存する

Command + S

アイテムを印刷する

Command + P

直前の操作を元に戻す

Command + Z

直前の操作を繰り返す

Command + Y

アクティブなウィンドウを最小化する

Command + M

ナビゲーション ウィンドウに新しいフォルダーを作成する

Shift + Command + N

新しいメールを作成する ([メール] ビュー)

Command + N

右側の閲覧ウィンドウの表示/非表示を切り替える

Command + バックスラッシュ (\)

下部の閲覧ウィンドウの表示/非表示を切り替える

Shift + Command + バックスラッシュ (\)

選んだアイテムを別のフォルダーに移動する

Shift + Command + M

選んだアイテムを別のフォルダーにコピーする

Shift + Command + C

アイテム リストのウィンドウがアクティブな場合に、アイテム リストのすべてのアイテムを選ぶ

Command + A

リボンを最小化または展開する

Options + Command + R

Outlook を非表示にする

Command + H

Outlook を終了する

Command + Q

音声入力を開始する

Fn + Fn

絵文字を挿入する

Control + Command + Space

ウィンドウおよびダイアログ ボックスを操作する

目的

キー

メール ビューに移動する

Command + 1

予定表ビューに移動する

Command + 2

連絡先ビューに移動する

Command + 3

タスク ビューに移動する

Command + 4

メモ ビューに移動する

Command + 5

[同期の状態] ウィンドウを開く、またはアクティブなウィンドウにする

Command + 7

同期エラー ウィンドウを開く、またはアクティブなウィンドウにする

Command + 8

連絡先の検索ウィンドウを開く

Command + 0

[Outlook 環境設定] ダイアログ ボックスを開く

Command + , (コンマ)

開いている次のウィンドウに切り替える

Command + ~ (チルダ)

開いている前のウィンドウに切り替える

Shift + Command + ~ (チルダ)

アクティブなウィンドウを閉じる

Command + W

選んだアイテムを開く

Command + O

ウィンドウ内の次のコントロールに移動する

Tab

ウィンドウ内の前のコントロールに移動する

Shift + Tab

検索機能を使用する

目的

キー

現在のフォルダーを検索する

Option + Command + F

Outlook で高度な検索を行う ([次のテキストを含む] フィルターを検索に追加)

Shift + Command + F

アイテム内でテキストを検索する

Command + F

アイテム内で検索したテキストの次のインスタンスに進む

Command + G

アイテム内で検索したテキストの前のインスタンスに戻る

Command + Shift + G

メールを送受信する

目的

キー

新しいメッセージを作成する

Command + N

開いているメッセージを送信する

Command + Return

送信トレイのすべてのメッセージを送信し、すべての受信メッセージを受信する

Command + K

送信トレイのすべてのメッセージを送信する

Shift + Command + K

開いているメッセージを送信して、下書きフォルダーに保存する

Command + S

開いているメッセージに添付ファイルを追加する

Command + E

[スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスを開く

Command + : (コロン)

開いているメッセージの受信者の名前をチェックする

Control + Command + C

メッセージの送信者に返信する、またはメッセージがメーリング リストから送信されてきた場合に、そのメーリング リストに返信する

Command + R

全員に返信する

Shift+ Command + R

メッセージを転送する

Command + J

別のウィンドウで選んだメッセージを開く

Command + O

選んだメッセージのフラグをクリアする

Option + Command + ' (アポストロフィ)

選んだメッセージを迷惑メールとしてマークする

Command + Shift + J

選んだメッセージを迷惑メールではないメールとしてマークする

Command + Shift + Option + J

前のメッセージを表示する

Control + [ (左角かっこ)

次のメッセージを表示する

Control + ] (右角かっこ)

メール ビュー内の前のウィンドウに移動する

Shift + Control + [ (左角かっこ)

メール ビュー内の次のウィンドウに移動する

Shift + Control + ] (右角かっこ)

選んだメッセージをフォルダーに移動する

Shift + Command + M

開いているメッセージまたは閲覧ウィンドウで、テキストの表示サイズを小さくする

Command + - (ハイフン)

開いているメッセージまたは閲覧ウィンドウで、テキストの表示サイズを大きくする

Command + + (正符号)

テキストの次の画面まで下にスクロールする、またはメッセージの最後が表示されている場合は、次のメッセージを表示する

Space

テキストの前の画面まで上にスクロールする、またはメッセージの最初が表示されている場合は、前のメッセージを表示する

Shift + Space

選んだメッセージを削除する

Delete

選んだメッセージを完全に削除する

Shift + Delete

現在のメッセージを削除し、メッセージ ウィンドウが開いている場合は閉じる

Command + Delete

選んだメッセージを開封済みにする

Command + T

選んだメッセージを未読にする

Shift + Command + T

フォルダー内のすべてのメッセージを開封済みにする

Option + Command + T

予定表を使う

目的

キー

[予定表] ウィンドウを開く

Command + 2

新しい予定を作成する

Command + N

選んだ予定表イベントを開く

Command + O

予定表イベントを削除する

Delete

今日を含むビューに切り替える

Command + T

日ビューで、前の日に移動する。週ビュー、稼働日ビューで、前の週に移動する。月ビューで、前の月に移動する

Command + ←

日ビューで、次の日に移動する。週ビュー、稼働日ビューで、次の週に移動する。月ビューで、次の月に移動する

Command + →

予定表ビュー内の前のウィンドウに移動する

Shift + Control + [ (左角かっこ)

予定表ビュー内の次のウィンドウに移動する

Shift + Control + ] (右角かっこ)

ユーザーと連絡先を操作する

目的

キー

新しい連絡先を作成する

Command + N

選んだ連絡先を開く

Command + O

連絡先を削除する

Delete

現在開いている連絡先を閉じ、前の連絡先を開く

Control + [ (左角かっこ)

現在開いている連絡先を閉じ、次の連絡先を開く

Control + ] (右角かっこ)

連絡先ビュー内の前のウィンドウに移動する

Shift + Control + [ (左角かっこ)

連絡先ビュー内の次のウィンドウに移動する

Shift + Control + ] (右角かっこ)

タスクの管理

目的

キー

[タスク] ウィンドウに移動する

Command + 4

新しいタスクを作成する

Command + N

選んだタスクを開く

Command + O

タスクを削除する

Delete

現在開いているタスクを閉じ、タスク リストの前のタスクを開く

Control + [ (左角かっこ)

現在開いているタスクを閉じ、タスク リストの次のタスクを開く

Control + ] (右角かっこ)

タスク ビュー内の前のウィンドウに移動する

Shift + Control + [ (左角かっこ)

タスク ビュー内の次のウィンドウに移動する

Shift + Control + ] (右角かっこ)

メモを使う

目的

キー

[メモ] ウィンドウに移動する

Command + 5

新しいメモを作成する

Command + N

選んだメモを開く

Command + O

メモを削除する

Delete

現在開いているメモを閉じ、メモ リストの前のメモを開く

Control + [ (左角かっこ)

現在開いているメモを閉じ、メモ リストの次のメモを開く

Control + ] (右角かっこ)

メモ ビュー内の前のウィンドウに移動する

Shift + Control + [ (左角かっこ)

メモ ビュー内の次のウィンドウに移動する

Shift + Control + ] (右角かっこ)

メモをメールとして送信する

Command + J

メモをメールの HTML 添付ファイルとして送信する

Control + Command + J

最初に、メモ一覧のメモにフォーカスを設定します。

テキストの編集および書式設定を行う

目的

キー

選んだテキストをクリップボードに切り取る

Command + X

選んだテキストをクリップボードにコピーする

Command + C

選んだテキストをクリップボードから貼り付ける

Command + V

選んだテキストをクリップボードから貼り付け、貼り付け先のスタイルに合わせる

Shift + Option + Command + V

選んだテキストを太字にする

Command + B

選んだテキストを斜体にする

Command + I

選んだテキストに下線を引く

Command + U

選択したテキストに取り消し線を引く

Shift + Command + X

ハイパーリンクを挿入する

Control + Command + K

1 文字分左にカーソルを移動する

1 文字分右にカーソルを移動する

1 行分上にカーソルを移動する

1 行分下にカーソルを移動する

カーソルを現在の段落の先頭に移動する

Option + ↑

カーソルを現在の段落の末尾に移動する

Option + ↓

カーソルを現在の単語の先頭に移動する

Option + ←

カーソルを現在の単語の末尾に移動する

Option + →

インデントを減らす

削除 + { (左中かっこ)

インデントを増やす

削除 + } (右中かっこ)

カーソルの左側の文字を削除する、または選んだテキストを削除する

Delete

カーソルの右側の文字を削除する、または選んだテキストを削除する

削除

キーボードに 削除 キーがない場合は、Fn + Delete を使います。

タブ文字を挿入する

Tab

カーソルを行の先頭に移動する

Command + ←

カーソルを行の末尾に移動する

Command + →

カーソルをメッセージ本文の一番上に移動する

Command + ↑

カーソルをメッセージ本文の一番下に移動する

Command + ↓

カーソルを選んだテキストの先頭に移動する

Command + Home

カーソルを選んだテキストの末尾に移動する

Command + End

上にスクロールする

PageUp

下にスクロールする

PageDown

フォローアップのためにメッセージ、連絡先、タスクにフラグを設定する

目的

キー

後で確認するために、選んだアイテムに今日を期限とするフラグを設定する

Control + 1

後で確認するために、選んだアイテムに明日を期限とするフラグを設定する

Control + 2

後で確認するために、選んだアイテムに今週を期限とするフラグを設定する

Control + 3

後で確認するために、選んだアイテムに来週を期限とするフラグを設定する

Control + 4

後で確認するために、選んだアイテムに期限なしのフラグを設定する

Control + 5

後で確認するために、選んだアイテムにフラグを設定して、独自の期限を追加する

Control + 6

後で確認するために、選んだアイテムにフラグを設定して、アラームを追加する

Control + = (等号)

選んだアイテムを完了としてマークする

Control + 0 (ゼロ)

選んだアイテムのフラグをクリアする

Option + Command + ' (アポストロフィ)

この記事の内容

一般的な Outlook 機能

操作内容

キー

スケジュールの実行やメール サーバーへの接続を行わずに Outlook を起動する (このオプションを使用すると、ネットワークに接続していない状態で Outlook を起動するときに接続エラーが発生するのを回避できます)

Shift キー (Outlook の起動時)

Outlook が閉じている間、Database Utility を開く

Option キーを押したまま、Dock の Outlook アイコンをクリックします。

アイテムを保存する

Command + S

アイテムを印刷する

Command + P

直前の操作を元に戻す

Command + Z

直前の操作をやり直す

Command + Y

アクティブなウィンドウを最小化する

Command + M

ナビゲーション ウィンドウに新しいフォルダーを作成する

Shift + Command + N

右側の閲覧ウィンドウの表示/非表示を切り替える

Command + \

下部の閲覧ウィンドウの表示/非表示を切り替える

Shift + Command + \

選んだアイテムを別のフォルダーに移動する

Shift + Command + M

選んだアイテムを別のフォルダーにコピーする

Shift + Command + C

アイテム リストのウィンドウがアクティブな場合に、アイテム リストのすべてのアイテムを選ぶ

Command + A

リボンを最小化または展開する

Option + Command + R

Outlook を非表示にする

Command + H

Outlook を終了する

Command + Q

ウィンドウとダイアログ ボックス

操作内容

キー

メール ビューに移動する

Command + 1

予定表ビューに移動する

Command + 2

連絡先ビューに移動する

Command + 3

タスク ビューに移動する

Command + 4

メモ ビューに移動する

Command + 5

[進行状況] ウィンドウを開く、またはアクティブなウィンドウにする

Command + 7

エラー ログ ウィンドウを開く、またはアクティブなウィンドウにする

Command + 8

[My Day] を開く

Command + 9

[アドレス帳] ウィンドウを開く

Command + 0

[環境設定] ダイアログ ボックスを開く

Command + コンマ (,)

メディア ブラウザーを開く

Control + Command + M

開いている次のウィンドウに切り替える

Command + 波形符号 (~)

開いている前のウィンドウに切り替える

Shift + Command + 波形符号 (~)

アクティブなウィンドウを閉じる

Command + W

選んだアイテムを開く

Command + O

ダイアログ ボックス内で次のボックスに移動する

Tab

ダイアログ ボックス内で前のボックスに移動する

Shift + Tab

検索

操作内容

キー

Outlook で基本的な検索を実行する

Option + Command + F

Outlook で高度な検索を実行する

Shift + Command + F

アイテム内でテキストを検索する

Command + F

アイテム内で検索したテキストの次のインスタンスに進む

Command + G

アイテム内で検索したテキストの前のインスタンスに戻る

Command + Shift + G

実行中の検索を取り消す

Command + ピリオド (.)

メール

操作内容

キー

新しいメッセージを作成する

Command + N

開いているメッセージを送信する

Command + Return

送信トレイのすべてのメッセージを送信し、すべての受信メッセージを受信する

Command + K

送信トレイのすべてのメッセージを送信する

Shift + Command + K

開いているメッセージを保存し、下書きフォルダーに格納する

Command + S

開いているメッセージに添付ファイルを追加する

Command + E

[スペル チェックと文章校正] ダイアログ ボックスを開く

Command + コロン (:)

開いているメッセージの受信者の名前をチェックする

Control + Command + C

メッセージの送信者に返信する、またはメッセージがメーリング リストから送信されてきた場合に、そのメーリング リストに返信する

Command + R

全員に返信する

Shift + Command + R

メッセージを転送する

Command + J

選んだメッセージを別のウィンドウで開く

Command + O

選んだメッセージのフラグをクリアする

Option + Command + アポストロフィ (')

選んだメッセージを迷惑メールとしてマークする

Command + Shift + J

選んだメッセージを迷惑メールではないメールとしてマークする

Command + Shift + Option + J

前のメッセージを表示する

Control + [

次のメッセージを表示する

Control + ]

選んだメッセージをフォルダーに移動する

Shift + Command + M

開いているメッセージまたは閲覧ウィンドウで、テキストの表示サイズを小さくする

Command + ハイフン (-)

開いているメッセージまたは閲覧ウィンドウで、テキストの表示サイズを大きくする

Command + 正符号 (+)

テキストの次の画面まで下にスクロールする、またはメッセージの最後が表示されている場合は、次のメッセージを表示する

Space

テキストの前の画面まで上にスクロールする、またはメッセージの最初が表示されている場合は、前のメッセージを表示する

Shift + Space

選んだメッセージを削除する

Delete

現在のメッセージを削除し、メッセージ ウィンドウが開いている場合は閉じる

Command + Del

選んだメッセージを開封済みにする

Command + T

選んだメッセージを未読にする

Shift + Command + T

フォルダー内のすべてのメッセージを開封済みにする

Option + Command + T

予定表

操作内容

キー

新しい予定を作成する

Command + N

選んだ予定表イベントを開く

Command + O

予定表イベントを削除する

Delete

今日を含むビューに切り替える

Command + T

[日付を表示] 日付選択ツールを開く

Shift + Command + T

日ビューで、前の日に移動する。週ビュー、稼働日ビューで、前の週に移動する。月ビューで、前の月に移動する。

Command + ←

日ビューで、次の日に移動する。週ビュー、稼働日ビューで、次の週に移動する。月ビューで、次の月に移動する。

Command + →

連絡先

操作内容

キー

新しい連絡先を作成する

Command + N

連絡先を保存して閉じる

Command + Return

選んだ連絡先を開く

Command + O

連絡先を削除する

Delete

現在開いている連絡先を閉じ、前の連絡先を開く

Control + [

現在開いている連絡先を閉じ、次の連絡先を開く

Control + ]

タスク

操作内容

キー

新しいタスクを作成する

Command + N

タスクを保存して閉じる

Command + Return

選んだタスクを開く

Command + O

タスクを削除する

Delete

現在開いているタスクを閉じ、タスク リストの前のタスクを開く

Control + [

現在開いているタスクを閉じ、タスク リストの次のタスクを開く

Control + ]

メモ

操作内容

キー

新しいメモを作成する

Command + N

選んだメモを開く

Command + O

メモを削除する

Delete

現在開いているメモを閉じ、メモ リストの前のメモを開く

Control + [

現在開いているメモを閉じ、メモ リストの次のメモを開く

Control + ]

メモをメールとして送信する

Command + J

メモをメールの添付ファイルとして送信する

Control + Command + J

テキストの編集と書式設定

操作内容

キー

選んだテキストをカットしてクリップボードにコピーする

Command + X

選んだ内容をクリップボードにコピーする

Command + C

選んだ内容をスクラップブックにコピーする

Control + Option + C

クリップボードの内容をペーストする

Command + V

スクラップブックからクリップをペーストする

Control + Option + V

クリップボードの内容をペーストし、ペースト先のスタイルに合わせる

Shift + Option + Command + V

選んだテキストを太字にする

Command + B

選んだテキストを斜体にする

Command + I

選んだテキストに下線を引く

Command + U

選んだテキストに取り消し線を引く

Shift + Command + X

1 文字分左にカーソルを移動する

1 文字分右にカーソルを移動する

1 行分上にカーソルを移動する

1 行分下にカーソルを移動する

カーソルを現在の段落の先頭に移動する

Option + ↑

カーソルを現在の段落の末尾に移動する

Option + ↓

カーソルを現在の単語の先頭に移動する

Option + ←

カーソルを現在の単語の末尾に移動する

Option + →

カーソルの左側の文字を削除する、または選んだテキストを削除する

Delete

カーソルの右側の文字を削除する、または選んだテキストを削除する

削除

キーボードに 削除 キーがない場合は、FN + Del を使用してください。

タブ文字を挿入する

Tab

カーソルを行の先頭に移動する

Command + ←

カーソルを行の末尾に移動する

Command + →

カーソルをメッセージ本文の一番上に移動する

Command + ↑

カーソルをメッセージ本文の一番下に移動する

Command + ↓

カーソルを選んだテキストの先頭に移動する

Command + Home

カーソルを選んだテキストの末尾に移動する

Command + End

上にスクロールする

PageUp

下にスクロールする

PageDown

メッセージ、連絡先、タスクへのフラグ設定

操作内容

キー

後で確認するために、選んだアイテムに今日を期限とするフラグを設定する

Control + 1

後で確認するために、選んだアイテムに明日を期限とするフラグを設定する

Control + 2

後で確認するために、選んだアイテムに今週を期限とするフラグを設定する

Control + 3

後で確認するために、選んだアイテムに来週を期限とするフラグを設定する

Control + 4

後で確認するために、選んだアイテムに期限なしのフラグを設定する

Control + 5

後で確認するために、選んだアイテムにフラグを設定して、独自の期限を追加する

Control + 6

後で確認するために、選んだアイテムにフラグを設定して、アラームを追加する

Control + =

選んだアイテムを完了としてマークする

Control + 0

選んだアイテムのフラグをクリアする

Option + Command + アポストロフィ (')

[ヘルプ] ウィンドウ

操作内容

キー

Outlook のヘルプ メニューを開く

Shift + Command + ?

ヘルプ トピックを 1 画面分ずつ上にスクロールする

PageUp

ヘルプ トピックを 1 画面分ずつ下にスクロールする

PageDown

ヘルプ トピックを 1 行ずつ上にスクロールする

ヘルプ トピックを 1 行ずつ下にスクロールする

選んだ内容をクリップボードにコピーする

Command + C

ヘルプ ウィンドウを閉じる

Command + W

関連項目

アクセシビリティ機能を利用して Outlook を操作する方法

Outlook のメールでスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

Outlook の予定表でスクリーン リーダーを利用する基本的な作業

障碍のある方向けのテクニカル サポート

Microsoft は、すべてのお客様に最適な操作性を提供することを目指しています。障碍のある方、およびアクセシビリティに関してご質問がある方が技術サポートをご希望の場合は、Microsoft Disability Answer Desk までご連絡ください。Disability Answer Desk サポート チームは、一般的なユーザー補助技術を駆使するトレーニングを受けており、英語、スペイン語、フランス語、および米語の手話でサポートを提供することができます。お住まいの地域での連絡先の詳細については、Microsoft Disability Answer Desk サイトを参照してください。

政府機関、商用、または法人ユーザーの場合は、法人向け Disability Answer Desk までお問い合わせください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×