Outlook for Mac で会議や予定を作成します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook では、会議は、他のユーザーを含めたイベントであり、会議室などのリソースを含めることができます。Outlook で会議をスケジュールするには、招待者に送信する会議出席依頼を作成します。会議出席依頼への返信は、受信トレイに到着します。

Outlook での予定は、他のユーザーを招待したり、リソースを予約したりする必要のないイベントです。

会議を作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウの一番下にある [予定表] をクリックします。

    [予定表] をクリックする

  2. [ホーム] タブの [会議] をクリックします。

    [ホーム] タブの [会議] オプションが強調表示されています。

    ヒント: 日、週、または月のビューで期間をダブルクリックすることもできます。 選んだ日付と時間は、自動的に新しい予定ウィンドウに入力されます。 その後、予定を会議に変換するには、[予定] タブで [出席依頼] をクリックします。

  3. 既定のアカウント以外のアカウントから出席依頼を送信するには、[宛先] ボックスの上にある [差出人] ポップアップ メニューでアカウントをクリックします。

  4. [宛先] ボックスに、会議に含めるユーザーまたはリソースの名前を入力します。

  5. [件名] ボックスに、会議の説明を入力します。

  6. 会議室情報がわかっている場合は、[場所] ボックスにそれを入力します。わからない場合は、リボンの [会議室の検索] ボタンをクリックします(会議室の検索の詳細については、「会議室を検索する」を参照してください)。

    [会議室の検索] ボタンが強調表示されている Outlook リボン

  7. イベントの詳細を入力し、次のいずれかを実行します。

    目的

    操作

    イベントの [タイム ゾーン] メニューを表示する

    [会議の開催者] タブで、[タイム ゾーン] をクリックします。

    [会議の開催者] タブで [タイムゾーン] オプションが強調表示されている。

    会議に添付ファイルを追加する

    [会議] メニューで [添付ファイル] をクリックし、[追加] をクリックします。

    会議を定期的なイベントにする

    [会議の開催者] タブで、[定期的なアイテム] をクリックし、定期的なパターンを選びます。

    [会議の開催者] タブで [定期的なイベント] オプションが強調表示されている。

    招待者の空き時間情報を確認する (Exchange アカウントのみ)

    [会議の開催者] タブの [スケジュール] をクリックします。

    [会議の開催者] タブに [スケジューリング] アイコンが表示されています。

    [スケジュール] をクリックすると、出席依頼の下部に [スケジュール アシスタント] ウィンドウが表示されます。[スケジュール アシスタント] ウィンドウに空き時間情報が表示されない場合は、出席依頼の上部にある [差出人] ポップアップ メニューで Exchange アカウントが選ばれていることを確認します。

  8. 出席依頼が完成したら、[会議の開催者] タブで [送信] をクリックします。

    [送信] グループ

    注記: 

    • 既定で、新しい会議では [返信の依頼] 機能が有効になっています。 Microsoft Exchange アカウントをお持ちの場合、出席者からの返信は、予定表で会議を開き、[スケジュール アシスタント] 情報を表示した時点で集計されます。

    • Microsoft Exchange アカウントを使用している場合は、イベントに対して選んだ状態によって、予定表を表示したときに他のユーザーにイベントが表示される方法が異なります。状態を変更しない場合は、イベントの間、Outlook には "予定あり" と表示されます。[会議の開催者] タブで "空き時間"、"外出中" などの状態を選ぶには、[公開方法] メニューをクリックします。

予定を作成する

  1. ナビゲーション ウィンドウの一番下にある [予定表] をクリックします。

    [予定表] をクリックする

  2. [ホーム] タブの [予定] をクリックします。

    [ホーム] タブの [予定] オプションが強調表示されています。

    ヒント: 予定表内で、日、週、または月のビューで期間をダブルクリックして予定を作成することもできます。 選んだ日付と時間は、自動的に新しいイベント ウィンドウに入力されます。

  3. [件名] と [場所] に入力し、次のいずれかの操作を行います。

    目的

    操作

    イベントの [タイム ゾーン] メニューを表示する

    [予定] タブで [タイム ゾーン] をクリックします。

    [会議の開催者] タブで [タイムゾーン] オプションが強調表示されている。

    予定を定期的な予定にする

    [予定] タブで [定期的なアイテム] をクリックし、定期的なパターンを選びます。

    [会議の開催者] タブで [定期的なイベント] オプションが強調表示されている。

    他のユーザーを招待して予定を会議に変更する

    [予定] タブの [出席依頼] をクリックします。

    [会議の開催者] タブに [招待] アイコンが表示されています。

  4. [予定] タブで、[保存して閉じる] をクリックします。

会議を作成する

  1. navigation paneの下部にある [予定表] [予定表ビュー] ボタン をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [会議] をクリックします。

    [予定表] の [ホーム] タブのグループ 1

    ヒント: 日、週、または月のビューで期間をダブルクリックすることもできます。 選んだ日付と時間は、自動的に新しい予定ウィンドウに入力されます。 その後、予定を会議に変換するには、[予定] タブで [出席依頼] をクリックします。

  3. 既定のアカウント以外のアカウントから出席依頼を送信するには、[差出人] ポップアップ メニューでアカウントをクリックします。

  4. [宛先] ボックスに、会議に含めるユーザーまたはリソースの名前を入力します。

    追加の連絡先を検索するには、[宛先] ボックスの右側で 連絡先検索を開く をクリックします。

  5. [場所] ボックスに、説明または場所を入力します。

    ヒント: 

    • 最近使用した会議室の一覧から選ぶには、[場所] ボックスの右側の 最近使った会議室 をクリックします。

    • Microsoft Exchange account をお持ちの場合に、組織のディレクトリ内の会議室を検索するには、[場所] ボックスの右側の 連絡先検索を開く をクリックします。

  6. イベントの詳細を入力し、次のいずれかを実行します。

目的

操作

イベントの [タイム ゾーン] メニューを表示する

[会議] タブで、[タイム ゾーン] をクリックします。

[会議] タブ、グループ 5

会議に添付ファイルを追加する

[会議] メニューで [添付ファイル] をクリックし、[追加] をクリックします。

会議を定期的なイベントにする

[会議] タブで、[定期的なアイテム] をクリックし、定期的なパターンを選びます。

[会議] タブ、グループ 5

招待者の空き時間情報を確認する (Exchange アカウントのみ)

[会議] タブの [スケジュール] をクリックします。

[会議] タブ、スケジュール

[スケジュール] をクリックすると、出席依頼の下部に [スケジュール アシスタント] ウィンドウが表示されます。 [スケジュール アシスタント] ウィンドウに空き時間情報が表示されない場合は、出席依頼の上部にある [差出人] ポップアップ メニューで Exchange アカウントが選ばれていることを確認します。

  1. 出席依頼が完成したら、[会議] タブで [送信] をクリックします。

    [送信] グループ

    注記: 

    • 既定で、新しい会議では [返信の依頼] 機能が有効になっています。 Microsoft Exchange アカウントをお持ちの場合、出席者からの返信は、予定表で会議を開き、[スケジュール アシスタント] 情報を表示した時点で集計されます。

    • Microsoft Exchange アカウントをお持ちの場合、イベントに対して選んだ状態によって、予定表を表示したときに他のユーザーにイベントが表示される方法が異なります。 状態を変更しない場合は、イベントの間、Outlook には "予定あり" と表示されます。 [会議] タブで "空き時間"、"外出中" などの状態を選ぶには、[状態] ポップアップ メニューをクリックします。

予定を作成する

  1. navigation paneの下部にある [予定表] [予定表ビュー] ボタン をクリックします。

  2. [ホーム] タブの [予定] をクリックします。

    [予定表] の [ホーム] タブのグループ 1

    ヒント: 予定表内で、日、週、または月のビューで期間をダブルクリックして予定を作成することもできます。 選んだ日付と時間は、自動的に新しいイベント ウィンドウに入力されます。

  3. イベントの詳細を入力し、次のいずれかを実行します。

目的

操作

イベントの [タイム ゾーン] メニューを表示する

[予定] タブで [タイム ゾーン] をクリックします。

[予定] タブ、グループ 4

予定を定期的な予定にする

[予定] タブで [定期的なアイテム] をクリックし、定期的なパターンを選びます。

[予定] タブ、グループ 4

他のユーザーを招待して予定を会議に変更する

[予定] タブの [出席依頼] をクリックします。

[予定] タブの [招待]

  1. [予定] タブで、[保存して閉じる] をクリックします。

    [予定] タブ、[保存して閉じる]

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×