Outlook.com または web 版 Outlook でファイルを添付します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

コンピューター、OneDrive、またはその他のストレージ アカウントからメール メッセージおよびカレンダー イベントにファイルを添付し、他のユーザーと共有することができます。また、メール メッセージおよびカレンダー イベントに画像を埋め込むこともできます。

自分のコンピューターからファイルを添付します。

コンピューターからファイルを添付すると、ファイルのコピーが添付されます。各受信者は、ファイルのその受信者だけのコピーを受け取ります。

注: ローカル ファイルの添付ファイル サイズの上限は、34 MB です。

  1. メッセージまたは予定表イベントで、ページの上部にある [添付] を選びます。

    [添付ファイル] ボタンのスクリーンショット。

  2. [コンピューター] を選び、添付するファイルを選んで、[開く] を選びます。

    フォルダーを開くにはダブルクリックします。

  3. [コピーとして添付] を選びます。

    注: ファイルをアップロードし、OneDrive ファイルとして共有することもできます。このようにすると、受信者はリアルタイムでファイルの共同作業を行うことができます。[OneDrive リンクとしてアップロードして共有する] を選択するだけです。

OneDriveからファイルを添付します。

OneDrive からファイルを添付すると、受信者はリアルタイムでファイルの共同作業を行うことができます。また、コンピューター上のファイルを OneDrive にアップロードし、OneDrive ファイルとして共有することもできます。

注: OneDriveファイルの添付ファイル サイズの上限は、2 GB です。

  1. メッセージまたは予定表イベントで、ページの上部にある [添付] を選びます。

    [添付ファイル] ボタンのスクリーンショット。

  2. [OneDrive - 個人用] または [OneDrive - <ビジネス名>] を選びます。

  3. 添付するファイルを選び、[次へ] を選びます。

    フォルダーを開くにはダブルクリックします。

  4. [OneDrive ファイルとして添付] を選びます。

    ユーザーがファイルを編集可能にするか、表示のみ可能にするかを変更するには、 [その他のアクション] ボタン。 の [アクセス許可の変更] を選択します。

    [その他のアクション] ボタンのスクリーンショット。

クラウド ストレージの別のアカウントからファイルを添付します。

Dropbox または Box からファイルを添付することもできます。

  1. メッセージまたは予定表イベントで、ページの上部にある [添付] を選びます。

    [添付ファイル] ボタンのスクリーンショット。

  2. [Dropbox] または [Box] を選びます。

  3. 添付するファイルを選び、[次へ] を選びます。

    フォルダーを開くにはダブルクリックします。

  4. [Dropbox ファイルとして添付] または [Box ファイルとして添付] を選びます。

    注: ファイルを共有する相手は最新の変更を見ることができます。詳細については、「Outlook.com でストレージ アカウントを使用する」をご覧ください。

別のメッセージにメッセージを添付する

  1. 新しいメッセージを開くまたは返信または既存のメッセージを転送します。

  2. 右上隅にある 別のウィンドウのアイコンで編集 をクリックして、新しいウィンドウでメッセージを開きます。

    注:  別のウィンドウのアイコンで編集 ] が表示されない場合は、まず 展開アイコン 右上隅にあるを選択して、メッセージを展開してください。

  3. メッセージ一覧と新しいメッセージの両方が表示されるように、ウィンドウを左右に並べて表示します。

  4. メッセージ一覧から添付するメッセージを選び、新しいメッセージにドラッグします。

    [作成] ウィンドウにドラッグしているメッセージのスクリーン ショット

フォルダーを添付します。

Outlook.com内のフォルダーのコピーを添付することはできません。ただし、 OneDrive内のフォルダーにリンクを割り当てることができます。

  1. OneDrive.comに移動し、同じメール アドレスとOutlook.comアカウントを使用するパスワードを使用してサインインします。

  2. ファイル エクスプ ローラー [エクスプ ローラー] アイコン を開き、添付するフォルダーに移動します。

  3. フォルダーをOneDrive.com にドラッグします。

    OneDrive.com にフォルダーをドラッグしてカーソルのスクリーン ショット

  4. Outlook.com新しいメッセージの作成やメッセージの一覧からメッセージを開きます。

  5. 接続を選択し、接続し、[] を選択するOneDriveでフォルダーを選択します。

  6. [次へ> OneDriveファイルを添付します。

既定では、受信者が、フォルダー内のファイルを編集できるようにされます。アクセス許可を変更できるように、受信者はファイルのみを表示できます。

  1. その他のアクション >アクセス権を変更します。

    その他のアクション] メニューのスクリーン ショット

  2. すべてのユーザーを選択します。

添付ファイルを印刷する

  1. 印刷する添付ファイルを含むメッセージを開きます。

  2. 添付ファイルを開き、[印刷] を選択します。

    [印刷] ボタンのスクリーンショット

添付ファイルを削除する

添付ファイルの右上隅にある [削除] ボタン。 を選びます。

[添付ファイルの削除] ボタンのスクリーンショット。

メール メッセージまたは予定表イベントに画像を挿入する

  1. メッセージまたは予定表イベントを開きます。

  2. 画像アイコンを選んで、OneDrive (Outlook.com アカウントのみ) またはコンピューターから画像を挿入します。

    図の挿入アイコンを使用すると、OneDrive または自分のコンピューターから挿入できます

  3. 画像を挿入して開く(この場合、コンピューターから画像を選択)] または [挿入] を選びます ( OneDriveから画像を選択した) 場合を選びます。

  4. 角のハンドルをドラッグして、画像を拡大または縮小します。

    画像のハンドルをドラッグして、画像を拡大または縮小する

  5. 画像を右クリックして、書式設定オプションを表示します。

添付ファイルの送受信のヒント

  • 添付ファイルを含むメッセージに返信する場合、その添付ファイルは返信には含まれません。

  • 信頼できるコンテンツおよびユーザーからのメール メッセージでない限り、添付ファイルを開かないでください。添付ファイルは、コンピューター ウイルスを拡散させる一般的な方法です。メッセージを開く前に、閲覧ウィンドウを使用してメッセージをプレビューします ([ 設定アイコン ]、[表示設定]、[閲覧ウィンドウ] の順に選択します)。

  • 添付ファイルのファイル名が長い場合は、Outlook.comOutlook on the web によって短縮されることがあります。これは、ファイルの内容には影響しません。

  • 自分または代理人が作成した予定表イベントに対してのみ、ファイルを添付できます。

画像やその他の添付ファイルを開くとエラー

「イメージ ファイルを開くことができませんでした」というエラーが発生する可能性がありますか、「アクセス拒否」画像やその他の添付ファイル開こうとしたとき。このエラーは、プライマリ メール アドレスとユーザーのアカウントでの Microsoft 以外のメール アドレスをした場合に発生する可能性があります。

この問題を解決するには、Microsoft メール アドレスをプライマリ メール アドレスとして設定します。

  1. Microsoft アカウント Web サイトにサインインします。

  2. [ユーザーの情報] を選択します。

  3. [サインインのメールまたは電話番号を管理する] を選択します。

  4. プライマリに設定したいエイリアスの横にある [プライマリにする] を選択します。エイリアスは Microsoft メール アドレスとする必要があります (たとえば、@outlook.com または @hotmail.com または @live.com で終了するメール アカウント)。

エイリアスの管理についての詳細については、 Microsoft アカウントの管理エイリアスに移動します。

さらにサポートが必要な場合

Outlook.com のヘルプを表示:

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

一般ビジネス向け Outlook on the web のヘルプを表示:

Office 365 コミュニティ フォーラムで情報を入手 管理者向け: サインインとサービス リクエストの作成 管理者向け: 電話サポート

中国の 21Vianet が運営する Office 365 をご使用の場合は、「一般法人向け Office 365 のサポートへのお問い合わせ - 管理者向けヘルプ」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

Outlook for Windows でファイルを添付するか画像を挿入する

Outlook for Mac でメッセージにファイルまたはフォルダーを添付する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×