Outlook.com へようこそ

注: @outlook.com、@live.com、@hotmail.com、@msn.com で終わるメール アカウントなどの Microsoft アカウントや、Office 365 の職場または学校アカウントを使って、Outlook.com にサインインします。 アカウントへのアクセスで問題がある場合は、「I'm having trouble signing in to my Outlook.com account (Outlook.com アカウントにサインインできない)」をご覧ください。

Outlook.com を使うと、どこからでもメール、連絡先、カレンダー、タスクにアクセスできます。必要なものは インターネット へのアクセスだけです。

メールに表示される内容

Outlook

Outlook.com にサインインすると、直接受信トレイに移動します。

メールの主な構成要素

ブロック

説明

アクション

1

メッセージ​​

新しいメッセージを作成するには、 [新規作成] ボタンと下向き矢印 を選択します。

2

フォルダー一覧

一覧には、メールボックス内のフォルダーが表示されます。お気に入りフォルダーやアーカイブ フォルダーなどの他のフォルダーも含まれていることがあります。

ヒント: 

  • 展開 (展開) を選択してフォルダーの一覧を表示するか、 折りたたみ (折りたたむ) を選択して非表示にします。

  • 既存のフォルダーを右クリックして、[新しいフォルダーの作成] を選びます。

使用できるフォルダーの詳細については、「Working with message folders in Outlook on the web in business (ビジネスで Outlook on the web のメッセージ フォルダーを操作する)」を参照してください。

3

[検索] ボックス

[メールと人の検索] ボックスに、探す人 (ユーザーの名前) または物 (件名) を入力して、 検索 を選びます。

4

メッセージ一覧

現在のフォルダー内にあるメッセージの一覧が表示されます。未読メッセージ、添付ファイル、フラグを示す視覚的な通知が表示されることもあります。

メッセージ一覧の先頭では、一覧の表示方法を設定できます。下向き矢印 すべて を選び、[フィルター]、[並べ替え]、または [表示方法] でオプションを選びます。

各メッセージにもミニ ツールバー メッセージの削除タグ付け、未読にする、フラグの設定、一番上にピン留め があります。選んだメッセージを [削除]、[未開封にする]、[このメッセージにフラグを付ける] などの操作ができるほか、[このメッセージをフォルダーの上部に表示する] に固定することができます。

5

閲覧ウィンドウ

選んだメッセージまたはスレッドは、閲覧ウィンドウに表示されます。閲覧ウィンドウの上のコマンド バーを使って、メールの削除、アーカイブ、一括処理、移動などの一般的な操作を実行できます。

メッセージを選択すると表示される Outlook.com コマンド バー

[その他] 詳細アイコン を選ぶと、その他の操作にアクセスできます。カテゴリへのメッセージの割り当て、メッセージの [印刷] などのオプションがあります。 印刷について詳しくは、「Printing emails and calendars in Outlook.com (Outlook.com でのメールとカレンダーの印刷)」をご覧ください。

カレンダーに表示される内容

カレンダー

インターネット にアクセスできるところなら、どこからでも予定、会議、その他のイベントを確認できます。日ビュー、週ビュー、月ビューを使って、イベントの追加、編集、削除を行います。Outlook.com でのカレンダーの使い方について詳しくは、「Outlook on the web でカレンダーを使う」をご覧ください。

予定表を使用して、会議やその他のイベントを管理します。

ブロック

説明

アクション

1

カレンダーの検索

人またはイベントの名前を入力して、特定の連絡先や役職が含まれている会議または予定を選び、 検索 を選びます。

2

新しいイベント

新しいイベントを作成するには、下向き矢印 [新規作成] ボタンと下向き矢印 を選び、[カレンダー イベント] を選びます。イベントに関する情報を [詳細] フォームに入力します。

3

個人用の予定表

[マイ カレンダー] ではカレンダーが既定で選択されていて、月ビューが表示されます。カレンダーに表示される月を前方 先に進む (右矢印) または後方 前に戻る (左矢印) に移動できます。

月ビューでは、当日の日付が常に暗い網掛けで強調表示されます。ただし、そのビューで別の日付を選ぶと、その日も明るい網掛けで強調表示されます。

[マイ カレンダー] ではカレンダーを追加できます。[マイ カレンダー] を右クリックし、[新しいカレンダー] を選んで、特定のプロジェクトや個人の予定の追跡などに使う新しいカレンダーを作成します。作成したカレンダーが必要なくなった場合は、カレンダーを選び、右クリックして、[削除]、[はい] の順に選びます。

または、コマンド バーで [カレンダーの追加] 下向き矢印を選び、[誕生日カレンダー]、[休日カレンダー]、または別のカレンダー オプションを選びます。たとえば誕生日カレンダーを追加した後は、その表示を有効または無効にできます。[マイ カレンダー] を選び、右クリックしてオプションを選ぶだけです。

4

他の予定表

一度に複数のカレンダーを表示できます。他のユーザーのカレンダーを追加し、表示するものを選択します。新しいカレンダー、または新しいカレンダー グループを作ることもできます。

5

表示オプション

カレンダー ビューを選びます。[]、[稼働日]、[]、[]、[今日] から選べます。

6

[カレンダー] ウィンドウ

カレンダーで特定の日を選ぶと、その日にスケジュールされている予定やイベントがこの領域に一覧表示されます。日付または時間帯をダブルクリックして、新しい予定またはイベントを作ることもできます。

カレンダーの共有または印刷

Outlook.com では、カレンダーを共有したり印刷したりできます。まず、コマンド バーで目的の操作を選びます。

Outlook.com のカレンダー コマンド バー

カレンダーを共有するには

  1. [共有] を選び、カレンダーを共有するユーザーの名前を [共有する相手] ボックスに入力して、[共有] を選びます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 連絡先リストで一致するユーザーが自動的に見つかった場合、そのユーザーのメール アドレスが表示されて、それを選ぶことができます。

    • 入力した名前のユーザーが連絡先リストにない場合は、そのユーザーのメール アドレスを入力してから、[共有] を選びます。

  3. カレンダーを共有するユーザーをすべて指定した後、[完了] を選びます。

カレンダーの共有相手として選んだ各ユーザーに、招待状メールが送られます。受信者は、このカレンダーを追加して件名、場所、空き時間、メモのリンクを表示し、共有するカレンダーにアクセスできます。

カレンダーを印刷するには

  1. [印刷] を選びます。

    注: 画面に表示されているすべてのカレンダー ビューがプレビューされます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • プレビューされたカレンダーが印刷したいものである場合は、[印刷] を選びます。

    • 別のカレンダーを印刷したい場合は、[ビュー] ドロップダウン ボックスで新しいカレンダー ビューを選び、[印刷] を選択します。

[印刷] ダイアログ ボックスで使用できる書式などのオプションは、選択したカレンダー ビューにより異なる場合があります。

連絡先に表示される内容

連絡先

すべての連絡先を 1 つの場所に保存して管理します。新しい連絡先を作成するか、または既存の連絡先を検索して編集します。Outlook.com での連絡先の管理について詳しくは、「Web 版 Outlook で連絡先を使う」をご覧ください。

[連絡先] を使って連絡先を管理します。

ブロック

説明

アクション

1

ユーザーの検索

検索するユーザーの名前を入力して、 検索 を選びます。入力した名前と一致するユーザーが連絡先リストで自動的に見つかった場合、そのユーザーのメール アドレスが表示されて、選ぶことができます。

2

連絡先の作成、編集、削除

コマンド バーを使って特定のアクションにアクセスし、実行します。

[People] のコマンド バー

  • 新しい連絡先を作るには、コマンド バーで [新規]、[連絡先] の順に選択します。[連絡先の追加] フォームで、新しい連絡先の詳細を入力します。

    新しい連絡先

  • 削除済みの連絡先の復元、重複している連絡先の消去、ソーシャル ネットワークの連絡先への接続、他のメール サービスからの連絡先のインポート、または連絡先のエクスポートを行うには、[管理] 下向き矢印を選びます。

    Outllook.com コマンド バーで、連絡先を管理、編集、削除する

  • 連絡先を編集または削除するには、リストで連絡先を選び、[編集] または [削除] を選びます。

3

個人用の連絡先

連絡先の管理に使用できるフォルダーを表示します。新しい連絡先フォルダーの作成、既存の連絡先フォルダーの名前変更や移動を行うことができます。

  • フォルダーを追加するには、[個人用の連絡先] を右クリックして [新しいフォルダーを作成] を選びます。

  • フォルダーの名前変更、移動、削除を行うには、フォルダーを右クリックして、[名前の変更]、[削除]、または [移動] を選びます。

4

連絡先リスト

選択したフォルダーの連絡先を、[個人用の連絡先] に表示します。連絡先の表示方法は、何を選択しかによって異なります。既定では、[表示] は [すべて] に、[表示順序] は [名 姓] に、[並べ替え順序] は [] に、設定されています。オプションを変更するには、現在の選択項目の横にある下向き矢印を選びます。[その他] オプションも使用できます。

連絡先の詳細ウィンドウに詳細を表示する連絡先を選びます。

5

連絡先カード

連絡先リストで選択した連絡先に関する情報が表示されます。詳細には、電話番号、住所、会社の関連など、連絡先に関して追加したすべての情報が含まれます。

Outlook.com でソーシャル ネットワークに接続できます。接続を作成する場合、リンクされたソーシャル サービスから連絡先リストにリンクできる場合があります。

[タスク] に表示される内容

タスク

終えるべき作業の進捗の確認や、実施項目に関連付けられたメールのフラグ付きのメッセージの表示と管理を行います。Outlook.com でタスクを管理する方法の詳細については、「Outlook on the web でタスクを使う」を参照してください。

タスクを管理します。

ブロック

説明

アクション

1

タスクの管理

Outlook.com のタスク コマンド バー

コマンド ボタンを使って、タスクを管理するアクションを実行できます。新しいタスクの作成、既存タスクの削除、カテゴリへのタスクの割り当て、タスクへのチャーム (アイコン) の添付、完了としてのタスクのマークなどを行うことができます。

新しいタスクを作成するには、 新しいタスクを作成する を選択し、タスク フォームで必要に応じて詳細を入力します。

Outlook.com のタスク詳細フォーム

2

マイ タスク

既定の [マイ タスク] フォルダーを初めて開くと、2 つのフォルダーが既に作成されていることがわかります。

  • [フラグ付きのアイテムおよびタスク]
    自分で作成してフラグを付けたタスクが一覧表示されます。受信トレイでフラグを付けたメール メッセージも表示されます。

    注記: 

    • たとえば、[フラグ付きのアイテムおよびタスク] リストに含まれるフラグ付きのメールに返信できます。メールを選択し、コマンド バーで操作を選択するか、または [全員に返信] の横にある下向き矢印を選んでオプションの一覧から選択します。

    • フラグ付きアイテムおよびタスク一覧でのタグ付きメールの Outlook.com コマンド バー

  • [タスク]
    選択して作成したタスクが一覧表示されます。

新しいフォルダーを作成できます。[マイ タスク] を右クリックして、[新しいフォルダーの作成] を選び、新しいフォルダーの名前を指定します。[タスク] フォルダーの下に新しいフォルダーが表示されます。

自分で作成したすべてのフォルダーの名前変更または削除を行うことができます。フォルダーを右クリックしていずれかの操作を実行します。

3

タスク リスト

作成したタスクが一覧表示されます。

フィルター [すべて]、[アクティブ]、[期限切れ]、[完了] を使用して、タスク リストでのタスクの表示方法を決定できます。現在の [フィルター] の横にある下向き矢印を選び、[すべて]、[アクティブ]、[期限切れ]、または [完了] を選びます。必要に応じて、異なる [フィルター] を選択し、[並べ替え] および [順序] オプションを選択できます。

Outlook.com タスク一覧のタスクをフィルター、並べ替え、順序指定する方法の選択

タスクに設定した完了日が近い場合、タスクの横に小さい時計の記号が表示されます。設定した日付までにタスクが終わらないと、タスクに [期限切れ] というラベルが表示されます。

4

タスクの詳細

[タスク] で作成したタスクを選択すると、それについての詳細が表示されます。詳細ウィンドウで 編集 を選択すると、タスクに関する詳細を変更できます。行った変更を忘れずに [保存] してください。

[編集] の横にある下向き矢印を選択すると、タスクの [削除]、タスクの [分類]、[チャーム アイコン] の追加、[別のウィンドウで開く] などを行うことができます。

詳細情報

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×