Outlook.com でメールを送信できない

Outlook.com でメッセージを送信するときに問題が発生する場合は、次の解決策を試してください。

メッセージが表示される場合は、「自分の Outlook.com アカウントに送られたはずのメールが届かない」を参照してください。

サービスの状態を確認する

Outlook.com で問題がある場合は、サービス状態を確認します。状態が正常ではない場合は、サービスの実行が正常になるまで待ってから、もう一度試してみます。

受信トレイがいっぱいになっている

受信トレイがいっぱいになっている場合は、新しいメッセージを送受信することはできません。受信トレイにスペースを確保するには、[迷惑メール][すべて削除] を右クリックして、迷惑メール フォルダーを空にします。

[すべて削除] オプションのスクリーンショット

一括処理を使用して、受信トレイまたはアーカイブ フォルダーから不要なメールを削除することもできます。一括処理を使うと、自動的に特定の送信者からのすべての受信メールを削除し、その送信者からの最新のメッセージだけを維持するか、または 10 日より前のその送信者からのメールを削除することができます。一括処理するメッセージを選択し、[一括処理] を選択します。

[一括処理] ボタンのスクリーンショット

別の効果的な方法として、写真やドキュメントを OneDrive に保存することで受信トレイにスペースを確保することもできます。添付ファイルを OneDrive に保存する方法については、「Outlook.com のストレージを解放する」を参照してください。

Windows Live メール、モバイル デバイス、またはコンピューターの Outlook アプリからメールを送信することができない

今年導入された新しい Outlook.com は、ユーザーが問題点を具体的に把握し、スムーズに共同作業を行い、より多くの成果をあげるのに役立ちます。アップグレードの一環として、アカウントも、より安全で信頼性の高いインフラストラクチャに移行されます。

Outlook.com アカウントをコンピューターの Outlook または携帯電話の Outlook に再接続する

最高の操作性を確保し、問題を修正するには、Outlook.com アカウントをコンピューターの Outlook または携帯電話の Outlook に再接続する必要があります。アカウントを再接続する方法の詳細については、この記事を参照してください。

Windows のメール アプリを使用する

Windows Live Mail 2012 は Outlook.com アカウントに接続しなくなりました。Windows Live メールのユーザーは、別のアプリを使用するか、Web ブラウザーを使って www.outlook.com にアクセスする必要があります。Windows Live メール 2012 の代わりとして、Windows の組み込みのメール アプリをお勧めします。組み込みのメール アプリは、現在、Outlook.com ユーザーに最も使用されているメール アプリケーションです。Windows Live メール 2012 が Outlook.com に接続されない理由に関する詳細を確認してください。

最近パスワードを変更した

Outlook.com のパスワードを変更した場合は、Outlook でメール アカウント設定を変更する必要がある可能性があります。モバイル アプリでも同様です。

メッセージや添付ファイルが大きすぎる

Outlook.com アカウントをコンピューターの Outlook または携帯電話の Outlook に接続して、25 MB を超えるファイルが添付されたメッセージを送信しようとすると、Outlook ではメッセージは送信されません。

この問題を解決するには、[送信トレイ] に移動して、残っているメール メッセージを開きます。一番古いメッセージから始めます。そのメッセージに 25 MB を超える添付ファイルがある場合、その添付ファイルを削除して、より小さいファイルを添付するか、そのファイルを OneDrive にアップロードして、ファイルへのリンクを添付します。そしてメッセージをもう一度送信してみます。

Outlook for Windows でメッセージにファイルを添付する方法については、「Outlook メール メッセージにファイルを添付または画像を挿入する」を参照してください。

“宛先” のアドレス行を確認する

送信しようとしているユーザーのメール アドレスが正しい形式であることを確認します。誤って入力したメール アドレスにメッセージを送信しようとした場合は、エラー メッセージが表示されます。

たとえば、電子メール アドレスから誤って ".com" を取ると、次のようなエラーが表示されます。

Outlook.com でのアドレスの形式エラーのスクリーンショット。

1 日のメッセージ制限を超えた

迷惑メールの阻止に役立てるために、Outlook.com では 1 日に送信できるメッセージ数を制限します。1 日のメッセージ数の制限に達したメッセージを受信した場合、次の手順を試してください。

  • メールを下書きとして保存し、次の日にメールを送信します。

  • アカウントにセキュリティ情報を追加して、メッセージの制限を増やします

  • メールをモバイル デバイスで作成した場合は、メッセージをタップして閉じます。メッセージを保存または削除する場合、確認メッセージが表示されます。[保存]、[同期] の順に選択します。コンピューターで Outlook.com に移動し、下書きを開いて送信できます。

自分のアカウントがブロックされている可能性がある

メールを送受信することができない場合は、不審なサインインを検知したため、アカウントが一時的にブロックされている可能性があります。アカウントのブロックを解除する方法については、「Outlook.com アカウントのブロックを解除する」を参照してください。

1 つのメールに追加した受信者が多すぎる

Outlook.com では、1 つのメール メッセージに追加できる受信者の数に制限があります。この制限を超えた場合、メールに追加できる受信者の数を通知するエラー メッセージが表示されます。一部の受信者を削除して、もう一度送信してみてください。

内容によって迷惑メール フィルターがトリガーされた

メールの内容が Outlook.com 迷惑メール フィルターで迷惑メールと見なされるものである場合、Outlook.com はメッセージの送信をブロックします。場合によっては、問題のないメールが迷惑メールとして指定されることがあります。メッセージがブロックされた場合は、メッセージの内容を変更して、もう一度送信してみてください。

メッセージ送信の上限を増やす

アカウントにセキュリティ情報を追加して、送信の制限を増やすことができます。Microsoft アカウントのセキュリティ ページにアクセスして、[更新情報] を選択し、次のセキュリティ情報をアカウントに追加します。

電話番号

  1. [セキュリティ情報の追加] を選択します。

  2. ダイアログ ボックスで、電話番号を入力します。

  3. [次へ] を選択して、画面上の指示に従います。

連絡用電子メール アドレス

  1. [セキュリティ情報の追加] を選択します。

  2. ダイアログ ボックスで、[電話番号] の横にある矢印を選択して、[連絡用電子メール アドレス] を選択します。

  3. 連絡用電子メール アドレスを入力します。

  4. [次へ] を選択して、画面上の指示に従います。

2 段階認証

  1. [2 段階認証を有効にする] を選択します。

  2. パスワードを入力して、[サインイン] を選びます。

  3. [次へ] を選択して、画面上の指示に従います。

必要なアクセス許可がない

Information Rights Management (IRM) では、送信者がメール メッセージのアクセス許可を指定することができます。このアクセス許可には、メッセージの転送、閲覧、印刷、またはコピーの防止が含まれる場合があります。この機能の詳細については、「メール メッセージでの IRM の使用方法」を参照してください。

AUTH PLAIN を使用する古いデバイスからメールを送信している

Outlook.com では、AUTH PLAIN 認証がサポートされなくなりました。AUTH PLAIN 認証を使用するデバイスからメッセージを送信しようとしても、メッセージは送信されません。詳細については、「Outlook.com で AUTH PLAIN 認証がサポートされなくなった」を参照してください。

さらにサポートが必要な場合

[コミュニティ フォーラム] ボタン [サポートへの問い合わせ] ボタン

関連トピック

Outlook.com のストレージを解放する

自分の Outlook.com アカウントに送られたはずのメールが届かない

Outlook.com で受信トレイを整理する

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×