Outlook.com からメールを送信するアカウントを接続して、Outlook と「の代理として」Outlook.com アカウントのメールを送信します。

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

最終更新日: 2017 年 2 月 8 日

問題

Outlook がプライマリの Outlook.com アカウントに接続されている場合に、別の Microsoft 以外のセカンダリ アカウント (たとえば Gmail や Yahoo) にも接続されている場合は、Outlook でメールを送信するときに、他方のセカンダリの接続先アカウントを "差出人" のアカウントとして選択することができません。

セカンダリの接続先アカウントのメール アドレスを "差出人" フィールドに手入力すると、メールはプライマリの Outlook.com アカウントの "代理で" 送信されます。

状態: 回避策

Outlook では、セカンダリの接続先アカウントが Microsoft 所有のドメイン (@outlook.com、@live.com、@hotmail.com など) のものであれば、そのアカウントから送信できますが、この機能はサードパーティのドメインについてはまだ実装されていません。

Outlook チームでは、お客様からのご要望を伺い、今後の更新プログラムにこの機能を追加することについて調査中です。UserVoice に投稿された要望「Option to make Microsoft Outlook 2016 work with Outlook.com connected accounts」 (Microsoft Outlook 2016 を接続先アカウントと連携させるためのオプション) への "Vote" で賛同の意を示していただくとともに、ご要望がある場合は追加してください。それまでの間は、次の回避策をご使用ください。

回避策

セカンダリの接続先アカウント (Gmail、Yahoo など) を Outlook.com に追加するには、Outlook プロファイル内で追加アカウントとして追加するという方法もあります。

  1. Outlook で、[ファイル] タブを選択します。

    Outlook のリボンの左側で [ファイル] が選択されているスクリーンショット
  2. [アカウント情報] の [アカウントの追加] を選びます。

    Backstage ビューの [アカウントの追加] コマンド
  3. [自動アカウント セットアップ] ページで、名前、メール アドレス、パスワードを入力し、[次へ] をクリックします。

    注: [次へ] を選んだ後にエラー メッセージが表示される場合は、メール アドレスとパスワードをもう一度確認してください。両方とも正しい場合は、次のセクションを参照してください。

  4. [完了] を選択します。

詳細については、「Outlook メールのセットアップ」を参照してください。

機能に関するご要望

電球 - ヒント

新機能に関するご提案や製品の使用方法に関するフィードバックなどがございましたら、ぜひお聞かせください。Outlook UserVoice サイトで、皆様からのご意見を共有させていただきます。ご連絡をお待ちしております。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

関連項目

(Office 365) web 版 Outlook でメール アカウントを接続します。

Outlook メールのセットアップ

解決法または Outlook for Windows で最近使用した問題の回避策

Outlook for Windows で解決する問題のトラブルシューティング ツールの自動

専門家に問い合わせる
お問い合わせ
スキルを磨く
トレーニングの探索

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×