Outlook Web App の予定表

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook Web App の予定表に会議、予定、その他のイベントを追加して管理し、他のユーザーと共有します。

Outlook Web App の予定表では、予定と会議を作成して、管理できます。複数の予定表を作成したり、他のユーザーの予定表にリンクしたりできるほか、自分の予定表を組織内の他のユーザーと共有することもできます。

この記事は、Exchange Server 2013 または 2010 を実行しているメール サーバーを管理する組織で使用されている Outlook Web App を対象としています。Office 365 または Exchange Server 2016 を使用している場合、メール プログラムは Outlook on the web です。Outlook on the web に関するヘルプについては、「Outlook on the web に関するヘルプを参照する」を参照してください。

予定表に表示されるもの

予定表は、おそらく Outlook Web App で受信トレイの次によく使用される機能でしょう。予定表は、稼働日の 4 通りのビューで表示できます。

予定表のイベントを選んで、そのイベントのクイック ビューアーを表示できます。

作成したイベントには、自分が作成者として示され、イベントを編集または削除するためのリンクが表示されます。

出席依頼された会議には、主催者と、出席依頼に回答するためのリンクが表示されます。主催者が、オンライン会議の出席依頼を含めている場合は、会議に出席するためのリンクが表示されます。

ページの先頭へ

日ビューは、予定が詰まっている場合や、複数の予定を並べて表示したい場合に便利です。コントロールは同じですが、ビューだけが変更されます。

ページの先頭へ

週ビューは、Outlook Web App で初めて予定表を開いたときに表示される既定のビューです。右上のオプションを使って、既定のビューを稼働日に変更できます。

予定表の週ビュー

  1. 新しいイベント: イベントには、予定、会議、終日イベントを指定できます。[ 新しいイベント ] を選んで、新しいイベントを作成します。

  2. 予定表: 左側のフォルダー ウィンドウに表示される予定表では、日付間を移動できます。 網かけ部分は、現在表示されている期間を示します。網かけの色が濃い日付は、今日の日付です。

    ヒント: 左側のフォルダー一覧を折りたたむには、左向きの矢じり 画面上部の左向き二重矢印 を使い、展開するには、右向きの矢じり 左側のウィンドウ中央近くにある右向き二重矢印 を使います。

  3. 個人用の予定表: 同時に複数の予定表を表示できます。[個人用の予定表] では、特定のプロジェクト専用の予定表や、個人の予定を管理するための予定表などの予定表を作成できます。また、他のユーザーの予定表を追加して、表示する予定表を選ぶこともできます。複数の予定表を表示するよう選ぶと、すべての予定表が 1 つのビューに集約され、それぞれの予定表は色分けで表示されます。

  4. 日ナビゲーション バー: このナビゲーション バーを使って、日付間を移動できます。日付を選ぶと、その日付にジャンプします。また、両端にある矢印を使って、表示されている日付の前日や翌日を表示できます。

  5. メイン ウィンドウ。 予定表は、メイン ウィンドウに表示されます。 新しい予定を作成するには、該当日の空いている時間帯をダブルクリックします。

  6. ビュー オプション: 使用したいビューを選んで、予定表を共有または印刷します。

ページの先頭へ

月ビューは、多くの予定が詰め込まれていて、見にくくなることがあります。ここでは、使いやすさを考えて、選んだ日付の予定一覧が表示されます。

予定表の月ビュー

  1. 今日の日付: 今日の日付は、濃い網かけで表示されます。

  2. 月: 薄めの網かけは、選んだ月を示します。

  3. 日: 網かけは選んだ日付を表し、右下の数字は、日付ごとに表示されていないアイテムの数を表します。アイテムを開くには、ダブルクリックまたはダブルタップします。指定の日付に新しいイベントを作成するには、該当日の空いている時間帯をダブルクリックまたはダブルタップします。

  4. 終日イベント: 網かけで強調表示されたアイテムは、終日イベントを表します。

  5. 予定一覧: 選んだ日付の予定一覧です。今日の日付に新しいアイテムを作成するには、予定一覧の空いている時間帯をダブルクリックまたはダブルタップします。

ページの先頭へ

予定表アイテムを作成する

新しい予定または会議出席依頼をビューに作成するには、[新しいイベント] を選ぶか、該当日の空いている時間帯をダブルクリック (またはダブルタップ) します。

  1. [新しいイベント] を選んで、タイトルと場所を追加します。

  2. 開始時刻と時間を選び、必要に応じて、アラームの通知時刻を調整します。

  3. [表示内容] リストで、予定表の予定に表示する内容を [空き時間]、[他の場所で作業中]、[仮の予定]、[取り込み中]、[退席中] の中から選びます。

  4. (オプション) 定期的な予定や非公開の予定として指定できます。

  5. (オプション) テキスト ボックスに予定に関する情報を入力します。テキスト ボックスの上にあるツール バーの書式設定オプションを使用します。

  6. 入力が完了したら、[保存] を選びます。

ページの先頭へ

会議とは、他のユーザーに送信する予定表イベントです。会議は、他の予定と同じ方法で作成しますが、出席者に出席依頼を送信し、会議室などのリソースを追加します。

  1. [新しいイベント] を選んで、タイトルと場所を追加します。開始時刻と時間を選び、必要に応じて、アラームの通知時刻を調整します。

  2. [出席者] で + をクリックし、出席依頼する相手を連絡先リストから選びます。

    ヒント: 指定した時刻に全員が出席できるようにするには、[スケジュール アシスタント] を使います。 組織で認められている場合は、スケジュール アシスタントを使って、会議室やその他のリソースを予約することもできます。

  3. (オプション) 定例会議として指定するには、[繰り返し] リストでオプションを選びます。参加者が会議に出席する場合、その旨を知らせてもらうには、[返信の依頼] を選びます。

  4. 会議の出席者へのメッセージを追加してから、[送信] を選んで、出席依頼を送信します。

ページの先頭へ

予定表イベントを変更または削除する

会議や予定の変更または削除は、同じような方法で行います。

  1. 予定表でイベントを選ぶと、イベントの吹き出しが表示されるので、[編集] を選びます。

    注: 会議出席依頼を編集するには、会議の主催者である必要があります。

  2. 予定の場合は、[詳細] ページでイベントを変更して、[保存] を選びます。 会議出席依頼の場合は、[送信] を選びます。

ページの先頭へ

  • 予定表でイベントを選ぶと、イベントの吹き出しが表示されるので、[削除] を選びます。

    • 予定の場合は、確認メッセージが表示されたら、[削除] を選びます。

    • セットアップした会議の場合は、アイテムを右クリックして、[キャンセル] を選びます。出席者に送信するキャンセル メッセージにメモを追加するには、[送信する前にキャンセル通知を編集する] を選びます。会議をキャンセルするだけであれば、[今すぐキャンセル通知を送信する] を選びます。

    • 出席依頼を受けた会議の場合は、アイテムを右クリックして、[削除] を選び、出席を拒否することをメッセージに含める、メッセージなしで返信する、返信しないなど、状況に応じて適切なオプションを選びます。

ページの先頭へ

予定表を共有する

組織内の他のユーザーと予定表を簡単に共有できます。

  1. まず、予定表ウィンドウの上部にある [共有を選択します。

    [予定表] ウィンドウ上部の [共有] ボタン

  2. 共有相手: 予定表を共有したい相手の名前を、[共有] ボックスに入力します。 Outlook Web App では、入力された名前でアドレス帳を自動的に検索します。

  3. 連絡先: その人が見つかると、予定表の共有相手の一覧に自動的に追加されます。 追加できる人数には制限はありません。

  4. アクセス許可オプションを選んで、どの程度の情報を共有するのかを選びます。[完全な詳細情報] を選ぶと、自分の予定表に記されているイベントのうち、非公開として指定したイベント以外のすべての情報が、他のユーザーにも公開されます。[詳細情報の一部] を選ぶと、件名と場所が表示されます。[空き時間情報のみ] を選ぶと、特定の時間に予定が入っているイベントのみが表示されて、その他の詳細情報は表示されません。非公開のイベントは、常に「予定あり」として表示されます。

    [編集者] を選んで、組織内の他のユーザーに予定表を編集する権限を付与できます。あなたの代わりに会議出席依頼の送信や返信を行う権限を付与する場合は、[代理人] を選びます。

  5. 件名: 件名は、必要に応じて、編集できます。

  6. 予定表: 予定表が複数ある場合は、共有する予定表を選びます。多くのユーザーは、既定の予定表 (「予定表」という名前の予定表) を共有しますが、メールボックスのどの予定表でも共有できます。

  7. 共有相手をすべて追加して、アクセス許可のレベルを設定したら、 送信 [送信] をクリックして、共有の招待を送信するか、 破棄 [破棄] をクリックして、共有をキャンセルします。

予定表を共有する方法の詳細については、「予定表を共有する」と「Outlook Web App での予定表の委任 (英語)」を参照してください。

ページの先頭へ

さらに詳しく調べたい場合

予定表とOutlook Web Appの詳細については、次のリソースを参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×