Outlook Web App のメール

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook Web App を開くと、まず受信トレイが表示されます。受信トレイは受信したメッセージが表示される場所で、メッセージの閲覧や返信など、一番使う時間の長い画面です。

この記事は、Exchange Server 2013 または 2010 を実行しているメール サーバーを管理する組織で使用されている Outlook Web App を対象としています。Office 365 または Exchange Server 2016 を使用している場合、メール プログラムは Outlook on the web です。Outlook on the web に関するヘルプについては、「Outlook on the web に関するヘルプを参照する」を参照してください。

メールの操作

  • Web ブラウザーで、組織のメールを管理する担当者から提供された URL を使用して、Outlook Web App にサインインします。ユーザー名とパスワードを入力し、[サインイン] をクリックします。

    注: Outlook Web App の簡易バージョンを使用する場合は、「[オプション]、[Outlook Web App のバージョン]」を参照してください。Outlook Web App の簡易バージョンは、Outlook Web App の標準バージョンでサポートされていない古い Web ブラウザーで使用したり、低速の接続で使用したり、スクリーン リーダーで使いやすいシンプルなインターフェイスを提供してアクセシビリティのニーズを満たしたりするために設計されています。

メールに表示される内容

メールを開くと、標準および任意のカスタム フォルダー、受信したメッセージの一覧、選択した任意のメッセージの内容をすぐに確認できる閲覧ウィンドウのクイック ビューが得られます。

Outlook Web App のメール

ブロック

説明

アクション

1

メッセージ​​

[新しいメール] を選択し、新しいメッセージを作成します。

2

フォルダー一覧

一覧には、メールボックス内のフォルダーが表示されます。お気に入りフォルダーやアーカイブ フォルダーなどの他のフォルダーも含まれていることがあります。

  • 展開 (展開) を選択してフォルダーの一覧を表示するか、 折りたたみ (折りたたむ) を選択して非表示にします。

  • フォルダーの一覧で 展開 (表示) を選択して一覧を展開するか、 折りたたみ (非表示) を選択して一覧を折りたたみます。

利用可能なオプションの詳細については、「Outlook on the web のメッセージ フォルダーを操作する」を参照してください。

3

[検索] ボックス

[メールと連絡先の検索] ボックスに、検索対象を入力します。たとえば、メッセージの送信者の名前や、検索するテキストなどを入力して、特定のメッセージを見つけます。

4

メッセージ一覧

現在のフォルダー内のメッセージが表示されます。

5

閲覧ウィンドウ

閲覧ウィンドウには、選択したスレッドやメッセージが表示されます。メッセージの一番上にある 返信 (返信)、 全員へ返信 (全員に返信)、または メッセージの転送 (転送) を使用して、スレッドの任意のメッセージに返信することができます。

詳細については、次のトピックを参照してください。

ページの先頭へ

テーマを変更する

テーマを使用すると、背景色、蛍光ペン、画像など、メールの外観をすばやく簡単に変更できます。

ナビゲーション バーで、 設定アイコン (設定)、[テーマの変更] の順に選択します。

メッセージ

新しいメッセージを作成する

  1. フォルダー一覧の上にある [新しいメール] を選択します。新しいメッセージ フォームが閲覧ウィンドウに表示されます。

  2. 次のいずれかの操作を実行して、受信者を追加します。

    • 連絡先フォルダーまたは組織のアドレス一覧にある人の名前を入力します。

      または

    • [宛先] または [CC] ボックスにメール アドレスを入力します。

    注: 人の名前を初めて入力すると、その人のアドレスが Outlook Web App によって検索されます。今後、検索をすばやく解決するため、その名前はキャッシュされます。

  3. 件名を入力します。

  4. 送信するメッセージを入力します。

    注: メッセージの書式設定については、「Formatting messages in Outlook Web App (Outlook Web App でメッセージを書式設定する)」を参照してください。

  5. メッセージを送信する準備ができたら、 送信 (送信) をクリックします。

新しいメール メッセージを作成する (または既存のメッセージに返信する) と、Outlook Web App によって、自動的にそれが下書きフォルダーに保存されます。この既定のアクションは、新しいメッセージの作成を中断する必要がある状況が発生した場合に特に役立ちます。選択すると、メッセージの作成を終了できます。

メッセージの下書きを終了する

  1. フォルダー一覧で [下書き] を選択します。

  2. 作業していたメッセージを選択して、閲覧ウィンドウで表示し、そのメッセージの記述を継続します。メッセージを送信しない場合は、 削除 (破棄) を選択します。

  3. メッセージの編集が終わったら、 送信 (送信) を選びます。

メッセージに添付ファイル、画像、または署名を追加する

メッセージに添付ファイルを追加する

  • メッセージ フォームの上部にある 挿入 (挿入)、[添付ファイル] の順に選択し、添付するファイルを参照します。

メッセージに画像を埋め込む

受信者が開かなくても表示されるように、画像をメッセージに埋め込むことができます。

  • 挿入 (挿入)、[インライン画像] の順に選択し、メッセージに追加する画像を参照します。

新しいメッセージにメッセージを添付する

  1. リスト ビューで添付するメッセージを選び、Ctrl キーを押しながら C キーを押してコピーします。

  2. 新しいメッセージを開くか、既存のメッセージに返信または転送します。

  3. 新しいメッセージが閲覧ウィンドウで開かれ、メッセージ本文にカーソルがある状態で、Ctrl キーを押しながら V キーを押してコピーしたメッセージを添付できます。

既存の署名を追加する

署名を作成していない場合は、「Create and add an email signature in Outlook Web App」 (Outlook Web App でメールの署名を作成して追加する) を参照してください。すべてのメッセージまたは個々のメッセージに手動で署名を追加するか、または自動的に追加するかを選択できます。

  • 挿入 (挿入)、[署名] の順に選択します。

ページの先頭へ

別のウィンドウでメッセージを開く

既定では、メッセージの表示と作成は閲覧ウィンドウで行いますが、それ以外の必要が生じることもあります。ときには、別のウィンドウでメッセージを表示する必要があります。

新しいメッセージを作成するか、受信したメッセージに返信するか、またはメッセージを転送する際に、メッセージの右上隅にあるポップアウト ウィンドウ ポップアウト を選択すると、新しいウィンドウで開くことができます。

  1. メッセージ一覧から、別のウィンドウで表示するメッセージを選択します。

  2. [その他のアクション] 拡張メニュー 、[別のウィンドウで開く] を選択します。

ページの先頭へ

削除したメッセージ

メッセージを削除すると、削除済みアイテム フォルダーに移されます。削除済みアイテム フォルダー内のメッセージを完全に削除するには、組織内の管理者が自動化ポリシーを設定するか、ユーザーがフォルダー内で選択して削除するか、またはユーザーが削除済みアイテム フォルダーを空にします。削除したメッセージの復元に関する詳細については、「Outlook Web App で削除済みのアイテムやメールを復元する」を参照してください。

[削除済みアイテム] フォルダーを空にする

  1. [削除済みアイテム] フォルダーを右クリック (または長押し) します。

  2. [フォルダーを空にする] を選択します。

  3. アイテムを完全に削除する場合は、[OK] をクリックします。

ページの先頭へ

メッセージ一覧

メールを開くと、メッセージ一覧が中央のウィンドウにあり、左側にフォルダーの一覧、右側に閲覧ウィンドウがあります。既定でメッセージの一覧には、受信トレイ (現在のフォルダー) 内のメッセージが表示されます。この既定の設定では、表示されるメッセージが制限されません。フィルターを選ぶか、検索を使用して、表示されるメッセージを管理できます。また、メッセージ一覧で使用できる他のツールもあり、いくつかのタスクを実行できます。

  • 展開 (展開) を選択してフォルダー一覧を表示するか、 折りたたみ (折りたたむ) を選択して非表示にします。一覧内の任意のフォルダーを選択してその内容を表示します。

  • メッセージ一覧の右側にあるアイコンを選択し、メッセージやスレッドを削除したり、フラグを追加したりすることができます。他のアイコンは、添付ファイルがあるメッセージ、メッセージの重要度 (高または低)、スレッドにある未読アイテムの数を示します。

  • メッセージを右クリックすると、オプションのメニューが表示されます。メッセージを既読または未読としてマークする、メッセージを別のフォルダーに移動する、そのメッセージに基づいてルールを作成するなどのオプションがあります。タッチ スクリーンでは、メッセージを長押しすることでオプションが表示されます。

  • メッセージの左側の 展開してすべてのメッセージまたは会話を表示する を選択して、スレッドを展開し、そのスレッド内のすべてのメッセージを表示します。

  • [日付順のスレッド表示] と [日付順のアイテム表示] を切り替えるには、メッセージ一覧の一番上のラベルを使います。

ページの先頭へ

閲覧ウィンドウ

閲覧ウィンドウにはメッセージが表示されます。閲覧ウィンドウでメッセージを読み、返信できます。または、別の (新しい) ウィンドウでメッセージを開くことができます。

  • メッセージに返信するには、メッセージの一番上にある 返信 (返信)、 全員へ返信 (全員に返信)、または メッセージの転送 (転送) を選択します。メッセージの一番上の閲覧ウィンドウに、新しいメッセージが表示されます。

  • メッセージの開封状態を変更するには、[既読にする] または [未読にする] を使用します。

  • その他のオプションを表示するには、[その他のアクション] 拡張メニュー を選択してメニューを展開します。

閲覧ウィンドウの場所を変更する

  1. ナビゲーション バーで、 設定アイコン (設定)、[表示設定]、[閲覧ウィンドウ] の順に選択します。

  2. 次のいずれかのオプションを選びます。

    • [閲覧ウィンドウを右側に表示する] (既定の設定)

    • [閲覧ウィンドウを下に表示する]

    • [閲覧ウィンドウの非表示]

  3. [OK] を選択して選択内容を保存して、[表示設定] を閉じます。

ページの先頭へ

検索と組み込みフィルター

メッセージ一覧の一番上には、検索ボックスと組み込みフィルターがあります。

  • 検索するには、[検索] ボックスで、検索する内容の入力を開始します。候補の一覧が下に表示され、いずれかを選択するとそのアイテムを検索できます。または、検索内容をすべて自分で入力して、Enter キーを押して検索を開始することもできます。検索内容を消去するには、検索ボックスの右側にあるアイコン 削除 を選択します。

  • 組み込みフィルターの [すべて]、[未読]、[自分宛て]、および [フラグあり] を使うと、メッセージ一覧に表示される内容をすばやく選べます。[すべて] を選ぶとすべてのメッセージが表示され、[未読] を選ぶと既読とマークされていないメッセージが表示され、[自分宛て] を選ぶと [宛先] または [CC] の一覧に自分の名前が含まれているすべてのメッセージが表示され、[フラグあり] を選ぶとさらに操作をするためにマークを付けたすべてのメッセージが表示されます。

ページの先頭へ

フォルダー一覧

フォルダー一覧には、すべてのメールボックスに作成された既定のフォルダーと、自分で作成したすべてのフォルダーが表示されます。組織の設定によっては、[お気に入り] や [アーカイブ] フォルダーも表示されることがあります。

展開 (展開) を選択してフォルダー一覧を表示するか、 折りたたみ (折りたたむ) を選択して非表示にできます。一覧内の任意のフォルダーを選択してその内容を表示します。

フォルダー一覧内のアイテムを右クリックすると、新規フォルダーの作成、既存フォルダーの削除、またはフォルダーを空にするなどの操作可能なメニューが表示されます。タッチ スクリーンでは、アイテムを長押しすると、そのアイテムのメニューが表示されます。

新しいフォルダーを作成する

  1. フォルダー一覧内の任意のフォルダーを右クリック (または長押し) して、[新しいフォルダーの作成] を選択します。新しい、名前が付けられていないフォルダーが、選択したフォルダーにサブフォルダーとして追加されます。

    サブフォルダーでないフォルダーを作成するには、[受信トレイ] フォルダーのすぐ上にある自分の名前を右クリック (または長押し) し、[新しいフォルダーの作成] を選択します。

  2. 新しいフォルダーの名前を入力して、Enter キーを押します。

[迷惑メール] フォルダー

迷惑メールの可能性があると特定されたメールは、[迷惑メール] フォルダーに自動的に移され、たとえば、リンクや実行可能コードなどのメッセージに含まれている危険な可能性のあるコンテンツは使用できなくなります。

[オプション] メニューでは、迷惑メールの報告やその他の設定の管理ができます。具体的には、[設定]、[オプション]、[オプション]、[ブロックまたは許可] の順に移動します。迷惑メールに関する詳細および設定の管理方法については、以下のトピックを参照してください。

ページの先頭へ

他に必要な情報はありますか?

  • Outlook Web App はブラウザーのスペル チェックを使用しています。これは入力を開始すると自動的に行われ、Web ブラウザーの設定を使用して設定できます。

  • Outlook Web App ウィンドウの上部にある [設定] 設定アイコン を選択すると、設定へのリンクが表示されます。次のオプションがあります。

詳細については、次を参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×