Outlook Web App のオフラインでの使用

オフライン アクセスを使用すると、インターネットに接続していない場合に、ノート PC またはデスクトップ コンピューターで Outlook Web App を使用できます。オフライン アクセスを有効にすると、Outlook Web App はネットワーク接続に基づき必要に応じてオフライン モードで機能します。オンラインのときに、Outlook Web App はオフライン情報を自動的に更新します。オフライン アクセスを使用するには、少なくとも Internet Explorer 10、Safari 5、または Chrome 24 が必要です。

この記事の内容

オフラインの場合に実行できる処理

オフライン アクセスをオンまたはオフにする方法

補足情報

オフラインの場合に実行できる処理

オンラインで実行できるほとんどのタスクは、オフライン状態でも使用できます。オフライン中に実行できるタスクには以下が含まれますが、これらに限定されません。

  • メッセージの読み取りおよび返信

  • 新しいメッセージの送信

  • 予定表の表示と編集

  • 会議要求への対応

  • 連絡先の表示と編集

オフラインで行うことができない処理を実行しようとすると、エラー メッセージが表示されるか、実行内容が元に戻されます。オフライン中に実行した処理は、ネットワークに再接続したときに、サーバーにアップロードされます。

ページの先頭へ

オフライン アクセスをオンまたはオフにする方法

  1. Outlook Web App へのオフライン アクセスをオンまたはオフにするには、表示されるオプションに応じて、次のいずれかの操作を行います。

    • [設定 設定アイコン ]、[オフライン設定] の順に選ぶ

      または

    • [設定] 設定アイコン 、[オプション]、[全般]、[オフライン設定] の順に選ぶ

  2. [オフライン アクセスをオンにする] チェック ボックスをオンまたはオフにします。

  3. [OK] (または [保存]) を選びます。

一部のブラウザーでは、オフライン アクセスをオンにすると、Web サイトの閲覧にディスクの空き容量を要求する警告メッセージが表示されることがあります。オフラインの操作性を最適化するには、ディスクの空き容量に対する要求を受け入れます。

警告: 他のユーザーと共有しているコンピューターでは、オフライン アクセスを有効にしないでください。

ページの先頭へ

他に必要な情報はありますか?

  • オフライン アクセスで、すべてのメールまたは予定表情報をオフラインで使用できるようになるとは限りません。使用可能な機能および制限事項の一部を次に示します。

    • ここ数日間のメッセージ。サポート対象フォルダーには受信ボックス、下書き、およびここ数日間に表示されたフォルダー (最大 20 のフォルダー) が含まれています。ここ数日間に 20 を超えるフォルダーを表示した場合は、最後に表示した 18 のフォルダー、受信トレイ、および下書きを使用できます。

    • オフラインで使用できる各フォルダー内に、3 日分のコンテンツまたは 150 のアイテムのうちどちらか大きい方が表示されます。

    • 添付ファイルはオフライン時には使用できません。

    • 予定表の前月および翌年以降。

    • 将来の予定表のアラームの限定的なセット。長期間オフラインだった場合は、オンライン状態になって、Outlook Web App が最新情報をダウンロードするまで、予定表のアラームは作業を停止します。

    • オフラインでは、プライマリ予定表のみを使用できます。

    • 連絡先フォルダー内のすべてのアイテム、および頻繁にメールを送信するユーザーや最近メールを送信したユーザー。

    • オフライン アクセスには、アーカイブ フォルダー、チーム フォルダー、またはお気に入りは含まれていません。

    • オフライン中は、メールボックス内のアイテムを検索したり、並べ替えたりすることはできません。また、オフライン中は組み込みフィルターが機能しません。

  • ネットワークに接続していないときに Outlook Web App を使用できるようにするコンピューターごとに、オフライン アクセスを有効にする必要があります。

  • Outlook Web App のオフライン アクセスは、ノート PC やノートブックなどのポータブル コンピューター向けに設計されています。タブレットやスマートフォンなど、より小型のデバイスのブラウザーでは、有効にできません。

  • オフライン情報を格納するコンピューター上の場所と、使用できる容量は、Web ブラウザーで決定されます。確保したスペースにオフライン情報が収まらない場合は、サイズを拡張するように求められることがあります。スペースを拡張できない場合は、オフライン時に使用できる情報量が減ります。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×