Outlook Web App でメッセージへの返信を作成する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

新しいメールをクリックするだけでは、 Outlook Web Appで新しいメッセージを作成します。メッセージに応答するは、同じように簡単です。閲覧ウィンドウで、返信全員に返信] または [転送メッセージの上部にあるを選択します。

メッセージを作成する

  1. ツールバーで、[新しいメール] を選びます。

    スクリーン ショットは、メール メッセージを作成するために使用する新しいメール コントロールが表示されます。

  2. フォームで、新しいメッセージ、連絡先フォルダーまたは組織のアドレスの一覧では、ユーザーの名前を入力するか、またはCc行に、メール アドレスを入力することができます。

    注: 初めてOutlook Web Appその人のアドレスを検索する人の名前を入力します。検索の名前をキャッシュし、すぐに解決が検索したときに、今後、します。

  3. 件名を追加、メッセージを入力して完了したら [送信 スクリーン ショットには、メール メッセージを送信するために使用する送信コントロールが表示されます。 を] を選びます。

メッセージに返信する

メッセージに返信するときに次の 3 つが自動的に行われます。新しいメッセージ フォームで、[件名] と、元のメッセージのテキストは、およびプレフィックス (再:) を示すために、返信を追加します。

メッセージの送信者だけに返信するには

  1. 閲覧ウィンドウでメッセージを選択し、[ 返信 返信メッセージの上部にあるを選択します。元のメッセージの送信者にアドレスが指定された新しいメッセージ フォームが表示されます。

  2. 返信を入力して、[送信メッセージの上部にあるに スクリーン ショットには、メール メッセージを送信するために使用する送信コントロールが表示されます。 を選びます。

メッセージの送信者と他のすべての受信者に返信するには

  1. 閲覧ウィンドウで、メッセージを選択し、[ 全員へ返信 全員に返信] を選びます。新しいメッセージ フォームのアドレスを指定して、送信者に元のメッセージの他のすべての受信者に表示されます。

  2. 返信を入力して、[送信メッセージの上部にあるに スクリーン ショットには、メール メッセージを送信するために使用する送信コントロールが表示されます。 を選びます。

ページの先頭へ

メッセージを転送する

メッセージを転送するときに [件名] と [元のメッセージは表示、新しいメッセージ フォームが自動的にされます。プレフィックス (Fw:) が転送されるメッセージに追加されます。

  1. 閲覧ウィンドウで、メッセージを選択し、[ メッセージの転送 Forward] を選びます。新しいメッセージ フォームが表示されます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • [宛先] 行に、メッセージを届けるユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

      または

    • [宛先] または [CC] を選び、アドレス一覧を開きます。

  3. メッセージを入力して、 スクリーン ショットには、メール メッセージを送信するために使用する送信コントロールが表示されます。送信メッセージの上部にあるを選びます。

ページの先頭へ

メッセージに添付ファイル、画像、または署名を追加する

[挿入 挿入 ] メニューには、添付ファイルを含める、インライン画像を埋め込む、署名をメッセージに手動で追加するオプションがあります。

  • 添付ファイルを追加
    挿入挿入] を選びます >添付ファイルを添付するファイルを検索し、画面の上部にあります。Outlook Web App で添付ファイルを追加する」について説明します。

  • メッセージに表示される画像を追加する
    挿入挿入] を選びます >インライン画像] で、メッセージに埋め込む画像を検索します。詳細については、 Outlook Web App で添付ファイルの追加「画像を挿入する」を参照してください。

  • 手動で署名を追加する
    挿入挿入] を選びます >署名します。メッセージに自動的に表示される電子メールの署名を設定する方法については、次を参照してください。を作成すると、Outlook Web App で電子メールの署名を追加するします。

メッセージのテキストに標準の書式設定を追加することもできます。詳細については、「Formatting messages in Outlook Web App (Outlook Web App でメッセージを書式設定する)」を参照してください。

ページの先頭へ

メッセージを管理するためのその他のオプション

Outlook Web Appでは、その他のアクション 拡張メニュー メニューが表示拡張オプションを提供します。

スクリーン ショットでは、メール メッセージのツールバーで、[詳細] コマンドで使用できるオプションが表示されます。

  • [保存]
    Outlook Web App は、メッセージの作成中にメッセージを自動保存しますが、強制保存はいつでも行えます。

  • [BCC の表示]
    BCC を使用すれば、他の受信者には名前を隠した状態で受信者を受信者リストに含めることができます。

  • 表示から
    1 つ以上のアドレスからに送信するアクセス許可がある場合は場合、は、[アドレスからの作成中のメッセージを変更するのにはこのフィールドを使用します。

  • 名前を確認する
    名を確認し、電子メール アドレスを入力したメッセージを送信することであるかどうかを確認するには、このオプションを選択します。

  • [重要度の設定]
    メッセージの重要度を設定するために使用します。これにより、メッセージの処理方法が変わることはありませんが、その重要度が高い場合や低い場合に、その旨を受信者に知らせることができます。

    スクリーン ショットは、重要度の設定が強調表示された、高、通常、低の値を表示するためのオプションのメッセージに使用できるその他のオプションを示しています。

  • [プレーン テキストに切り替える]
    [HTML に変更] の標準設定を変更するために使用します。

  • メッセージのオプションを表示する
    このオプションは、その他のオプションのメッセージをメッセージの秘密度を設定して、開封済みメッセージ要求を提供します。

    スクリーン ショットまたは開封済みの秘密度レベルを設定し、配信を要求するオプションが表示されたメッセージのオプション] ダイアログ ボックスが表示されます。

    秘密度設定には [標準]、[個人用]、[親展]、[社外秘] があります。これらの設定は情報提供のみで、メッセージの処理方法は変更されません。

    メッセージの受信者に、送信したメッセージが届いたときにそれを知らせてくれるように依頼することができます。あなたの送ったメッセージが読まれて開封済みになったときに、開封済みであることが知らされます。ただし、電子メール プログラムによっては、受信者が開封済みの応答をするかどうかを選択できるようになっている場合もあります。

重要: 

  • メッセージを暗号化またはデジタル署名を追加して、これらの機能は、管理者が有効にするかどうかによってするためのオプションを表示することも可能性があります。

  • アカウントのrights management の設定がある場合は、アクセス許可を設定するオプションも表示されます。受信者に対して、送信したメッセージを転送または全員に返信を使用して、送信したメッセージに返信をたとえば、アクセス許可] を使用することができます。

保存したメッセージの下書きを使用する

Outlook Web Appで開始、停止、およびいつでも書き込みを再起動することができます。Outlook Web Appには、作業しているメッセージに自動的に保存されます。

メッセージを検索するには、まず、フォルダー一覧内の [下書き] フォルダーを見ます。すべての下書きは、送信または削除するまでこのフォルダーに保持されます。

[下書き] フォルダーに下書きメッセージが見つからない場合は、元のメッセージと同じフォルダーで探します。メッセージ一覧で、元のメッセージの送信者名の横に「下書き」と示されています。

メッセージ リストの下書き

メッセージの下書きを処理するには

メッセージ一覧で、閲覧ウィンドウで表示するには、下書きメッセージを選択します。下書きを破棄するか、処理を続けます。

ページの先頭へ

ヒント

  • 新しいウィンドウでメッセージの表示
    別のウィンドウで作成してメッセージを表示します。メッセージの上の別のウィンドウで開いている ポップアウト を選択します。

  • メッセージにその他の受信者を追加
    、メッセージを送信する前に、いつでも、その他の受信者を追加することができます。[する] または [ Cc ] 行には、受信者の名前またはメール アドレスを入力します。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×