Outlook Web Access Web パーツを使用する

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook Web Access Web パーツを使用すると、選択した Microsoft Exchange Server 2003/2007 電子メール アカウントのフォルダーの内容を、SharePoint サイトで表示できます。ここでは、これらの Web パーツを使用して個人用サイトをカスタマイズする方法について説明します。

重要: これらの Web パーツは、Microsoft Exchange Server に直接接続されるのではなく、組織の Office Outlook Web Access サーバーに接続されています。Outlook Web Access Web パーツをセットアップするには、組織の IT 担当者から Outlook Web Access サーバーの URL を入手する必要があります。

この記事の内容

Outlook Web Access Web パーツの概要

Outlook Web Access の Web パーツをページに追加します。

Outlook Web Access Web パーツを使用します。

受信トレイと個人用メール フォルダー

個人用の連絡先

予定表

[マイ タスク]

SharePoint サイトから Outlook Web Access を使用します。

SharePoint 内での Outlook Web App Web パーツを使用してオンライン

Outlook Web Access Web パーツの概要

Outlook Web Access Web パーツには、次の 5 種類の Web パーツがあります。これらの Web パーツは、Microsoft Exchange Server version 2003/2007 で使用できます。

  • 個人用の予定表

  • 個人用の連絡先

  • 個人用のタスク

  • 受信トレイ

  • 個人用メール フォルダー

これらの Web パーツは個人用サイトに使用すると特に便利であり、その理由は、自分 (またはその Exchange 電子メール アカウントにログインできるユーザー) だけが、フォルダーの情報を表示できるためです。これらの Web パーツを共有サイトに配置した場合、他のユーザーには、Outlook Web Access ログオン画面が Web パーツに表示されます。

個人用サイトの受信トレイ Web パーツ

各 Web パーツには、ユーザーの電子メール アカウントのフォルダーから情報が表示され、サイトに表示する情報を選択できます。Web パーツを使用すると、Outlook の情報全体を表示しなくても、タスクなどの特定の情報を簡単に表示できます。SharePoint サイトで Outlook の機能全体を利用するには、Outlook Web Access サーバーの URL にリンクされたページ ビュー Web パーツを使用します。

すべての Outlook Web Access Web パーツは、Exchange Server の電子メール アカウントとの双方向通信をサポートしており、Web パーツで行った変更は Outlook にも表示されます。

ページの先頭へ

Outlook Web Access Web パーツをページに追加する

  1. ページから、リボンの [ページ] タブをクリックし、[ページの編集] をクリックします。

    [ページ] タブの [編集] コマンド

    注: [ページの編集] コマンドが無効になっている場合、ページを編集する権限がない可能性があります。管理者にお問い合わせください。

  1. Web パーツを追加するページをクリックし、[挿入] タブをクリックして、[Web パーツ] をクリックします。

    [Web パーツ] コマンド

  2. [カテゴリ] の [Outlook Web App] をクリックします。

  3. [Web パーツ] で、ページに追加する Outlook Web Access Web パーツを選択し、[追加] をクリックします。

  4. ページで、Web パーツをポイントし、下向き矢印をクリックして、[Web パーツの編集] をクリックします。

  5. ツール ウィンドウの [メールの構成] セクションで、[メール サーバーのアドレス] ボックスに Outlook Web Access サーバーの URL を入力します。たとえば、「https://mail.houraidou.com」と入力します。

  6. メールボックスでは、 connie@contoso.comなど、メール アドレスを入力します。

  7. 必要に応じて、Web パーツの他のオプションを構成します。

  8. [OK] をクリックして設定を保存し、ツール ウィンドウを終了するか、または [適用] をクリックして、ツール ウィンドウを閉じずに変更内容を確認します。

  9. ページの編集が終了したら、[ページ] タブをクリックし、[編集の終了] をクリックします。

注: "個人用の連絡先" Web パーツ以外のすべての Web パーツは、Web パーツの使用中に表示を変更できます。"個人用の連絡先" Web パーツで 2 行表示を使用している場合、Web パーツの使用中にはそれを変更できません。

Outlook Web Access にログインするよう求めるメッセージが表示されます。

ページの先頭へ

Outlook Web Access Web パーツを使用する

受信トレイと個人用メール フォルダー

受信トレイおよび個人用メール フォルダー Web パーツでは、以下を行うことができます。

  • 任意の列見出しを基準にした、メッセージ一覧の並べ替え

  • メッセージの削除

  • カテゴリおよびフォローアップ インジケーターの変更

メッセージの内容を閲覧するには、メッセージの件名をクリックします。Outlook Web Access にログインするよう求めるメッセージが表示されます。

メッセージを送信するには、Web パーツのタイトルをクリックします。Outlook Web Access にログインするよう求めるメッセージが表示されます。

個人用の連絡先

"個人用の連絡先" Web パーツを表示しているときは、以下を行うことができます。

  • 任意の列見出しを基準にした、連絡先一覧の並べ替え

  • 連絡先の削除

  • カテゴリおよびフォローアップ インジケーターの変更

連絡先を追加または編集するには、Web パーツのタイトルをクリックします。Outlook Web Access にログインするよう求めるメッセージが表示されます。

個人用の予定表

"個人用の予定表" Web パーツを表示しているときは、以下を行うことができます。

  • 日/稼働日/週/月のビューの選択

  • 予定の削除

予定を表示または編集するには、予定をダブルクリックします。Outlook Web Access にログインするよう求めるメッセージが表示されます。ログインすると、[予定] ダイアログ ボックスが表示されます。

予定を追加するには、予定の日時をダブルクリックします。Outlook Web Access にログインするよう求めるメッセージが表示されます。ログインすると、[予定] ダイアログ ボックスが表示されます。

予定表ツール バーの [新規作成] をクリックして、新しい予定、会議出席依頼、電子メール メッセージ、または連絡先を作成できます。[新規作成] の横の下向き矢印をクリックし、作成するアイテムをクリックします。Outlook Web Access にログインするよう求めるメッセージが表示されます。ログインすると、該当するダイアログ ボックスが表示されます。

個人用のタスク

"個人用のタスク" Web パーツを表示しているときは、以下を行うことができます。

  • 任意の列見出しを基準にした、タスクの並べ替え

  • タスクの状態を完了に設定

  • カテゴリおよびフォローアップ インジケーターの変更

  • タスクの追加

ページの先頭へ

SharePoint サイトから Outlook Web Access を使用する

Outlook アカウント全体 (すべてのフォルダー) を SharePoint サイトで表示する場合は、ページ ビューアー Web パーツを使用して、Outlook Web Access ページを表示できます。

  1. ページから、リボンの [ページ] タブをクリックし、[ページの編集] をクリックします。

    注: [ページの編集] コマンドが無効になっている場合、ページを編集する権限がない可能性があります。管理者にお問い合わせください。

  2. Web パーツを追加するページをクリックし、[挿入] タブをクリックして、[Web パーツ] をクリックします。

    [Web パーツ] コマンド

  3. [カテゴリ] の [メディアおよびコンテンツ] をクリックします。

  4. [Web パーツ] の [ページ ビューアー] Web パーツをクリックし、[追加] をクリックします。

  5. ページで、[ページ ビューアー] Web パーツをポイントし、下向き矢印をクリックして、[Web パーツの編集] をクリックします。

  6. ツール ウィンドウの [ページ ビューアー] で、[Web ページ] が選択されていることを確認します。[リンク] フィールドに、Outlook Web Access サーバーの URL (たとえば https://mail.houraidou.com) を入力します。

  7. ツール ウィンドウ内の Web パーツの高さを調整して、Outlook Web Access のインターフェイスの表示領域を広げることができます。これを行うには、[Web パーツの高さを固定しますか?] の下の [外観] をクリックし、[はい] をクリックし、ピクセル数 (500 など) を入力します。

  8. [OK] をクリックして設定を保存し、ツール ウィンドウを終了するか、または [適用] をクリックして、ツール ウィンドウを閉じずに変更内容を確認します。

  9. ページの編集が完了したら、[ページ] タブをクリックし、[保存して閉じる] をクリックします。

ページの先頭へ

SharePoint Online 内から Outlook Web App Web パーツを使用する

Outlook Web App Web パーツは、Exchange Online in Office 365 ベータに対して使用した場合にはまだ正常に動作しません。代わりにページ ビューアー Web パーツを使用すれば、自分の Outlook Web App 情報を SharePoint Online に表示できます。

  1. ページから、リボンの [ページ] タブをクリックし、[ページの編集] をクリックします。

    注: [ページの編集] コマンドが無効になっている場合、ページを編集する権限がない可能性があります。管理者にお問い合わせください。

  2. Web パーツを追加するページをクリックし、[挿入] タブをクリックして、[その他の Web パーツ] をクリックします。

  3. [すべてのカテゴリ] の [メディアおよびコンテンツ] をクリックします。

  4. [ページ ビューアー] Web パーツをクリックし、[追加] をクリックします。

  5. ページで、[ページ ビューアー] Web パーツをポイントし、下向き矢印をクリックして、[Web パーツの編集] をクリックします。

  6. ツール ウィンドウの [ページ ビューアー] の下の [ Web ページが選択されていることを確認します。[リンク] フィールドには、Outlook URL がパラメーター exsvurl を含める必要がある Outlook Web アプリケーションのノートの URL を入力 = 1 です。たとえば、Outlook URL、通常は次のよう: https://www.outlook.com/owa/?exsvurl=1&cmd=contents&part=1&fpath=inbox&realm=contoso.onmicrosoft.com 、SharePoint Online 領域"contoso.onmicrosoft.com"は、URL を表し、Office 365 サブスクリプションにサインアップしたときに使用しました。[リンク フィールドに入力する Outlook URL の定義に関する詳細については、下にある「Outlook Web App Web パーツの使用」を参照してください。

  7. ツール ウィンドウ内の Web パーツの高さを調整して、Outlook Web Access のインターフェイスの表示領域を広げることができます。これを行うには、[Web パーツの高さを固定しますか?] の下の [外観] をクリックし、[はい] をクリックし、ピクセル数 (500 など) を入力します。

  8. [OK] をクリックして設定を保存し、ツール ウィンドウを終了するか、または [適用] をクリックして、ツール ウィンドウを閉じずに変更内容を確認します。

  9. ページの編集が完了したら、[ページ] タブをクリックし、[保存して閉じる] をクリックします。

パラメーターを追加して特定のページまたはビューを表示するなど、Outlook URL の定義に関するその他のヒントは、Microsoft TechNet の「 Outlook Web App Web パーツを参照してください。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×