Outlook Express から Outlook にメッセージまたはアカウントをインポートする

Outlook Express から Outlook にメッセージまたはアカウントをインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Outlook Express は、無料の基本的な電子メール プログラムです。Outlook Express から Microsoft Outlook に電子メール メッセージおよびアカウント情報をインポートできます。

Outlook Express の各メールフォルダーは 1 つのファイルに対応します。たとえば、Outlook Express の [受信トレイ] フォルダーは、Inbox.dbx という 1 つのファイルです。これとは異なり、Outlook では、各メッセージが個別のファイルとして格納されます。Outlook Express と Outlook が異なるコンピューターにインストールされている場合、必要な場合に適切なフォルダーを検索し、コピーできるように、この点を認識しておく必要があります。

電子メール メッセージをインポートするには、Outlook Express と Outlook を同一のコンピューターにインストールしているか、または異なるコンピューターにインストールしているかに応じて手順を選択します。

Outlook Express と Outlook を同一のコンピューターにインストールしている場合

  1. 次のいずれかのオプションを選択して、インポート/エクスポート ウィザードを開始します。

    • Outlook 2010 では、[ファイル] タブで、[開く]、[インポート] の順にクリックします。

    • Outlook 2007 では、[ファイル] メニューで、[インポートとエクスポート] をクリックします。

  2. [インターネットメールやアドレスをインポート]、[次へ] の順にクリックします。

    インポート/エクスポート ウィザード

  3. [Outlook Express] をクリックします。

  4. [メールのインポート] チェック ボックスをオンにします。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [完了] をクリックします。

  7. インポートの概要のコピーを受信トレイに保存するには、[受信トレイに保存] をクリックします。

ページの先頭へ

Outlook と Outlook Express を異なるコンピューターにインストールしている場合

インポート/エクスポート ウィザードを使用してメッセージを転送するには、最初に、適切なファイルを見つけて、Outlook Express がインストールされているコンピューターから Outlook がインストールされているコンピューターにコピーする必要があります。

注: Outlook Express の情報を共有の場所にコピーするだけでは十分ではありません。Outlook がインストールされているコンピューターにフォルダーをコピーする必要があります。

Outlook Express フォルダーをコピーする

  1. Outlook Express アカウントが設定されているコンピューターで、Outlook Express の [ツール] メニューにある [オプション] をクリックします。

  2. [メンテナンス] タブをクリックします。

    Outlook Express の [オプション] ダイアログ ボックス

  3. [保存フォルダー] をクリックし、[保存場所] ダイアログ ボックスのフィールドに表示されているパス全体をメモします。

    [保存場所] ダイアログ ボックス

    ヒント: この場所は、この手順の後半で使用するので記録しておく必要があります。フィールドの情報を選択し、Ctrl + C キーを押してコピーし、Microsoft メモ帳を開いて、Ctrl + V キーを押してメモ帳に貼り付けると、簡単に記録できます。

  4. 必要に応じて、隠しフォルダーを確認できるように Windows エクスプ ローラーで既定のビューを変更します。Outlook Express のフォルダーは非表示のフォルダーにあります。

  5. [保存場所] ダイアログ ボックスで見つかった場所を参照します。

  6. 次のいずれかの操作を行います。

    • フロッピー ディスク、DVD、またはポータブル メモリ デバイスになど、リムーバブル メディアに Outlook Express フォルダー全体をコピーして、Outlook がインストールされているコンピューターにコピーします。

      注: Outlook がインストールされているコンピューターに Outlook Express フォルダーをコピーする場合、情報は一時的に保存されるだけなので、コピー先は重要ではありません。簡単に見つかる場所に Outlook Express フォルダーをコピーします。

    • 両方のコンピューターがアクセスできるネットワークの場所に Outlook Express フォルダー全体をコピーします。次に、Outlook がインストールされているコンピューターで、フォルダーをネットワークの場所からコンピューターにコピーします。

  7. Outlook がインストールされているコンピューターで Outlook Express を開きます。メール アカウントの作成を要求されたら、[キャンセル] をクリックします。

  8. [ツール] メニューの [オプション] をクリックします。

  9. [メンテナンス] タブをクリックします。

    Outlook Express の [オプション] ダイアログ ボックス

  10. [保存フォルダー]、[変更] の順にクリックします。

    [保存場所] ダイアログ ボックス

  11. Outlook Express フォルダーをコピーした場所を参照して、フォルダーをクリックします。

  12. [フォルダーの参照] ダイアログ ボックスを閉じるには、[OK] をクリックします。

  13. [保存場所] ダイアログ ボックスを閉じるには、[OK] をクリックします。

  14. 新しいメッセージを使用するか、または古い保存場所のメッセージで置き換えるかを確認するメッセージが表示されたら、[はい] をクリックして、その保存場所に切り替えます。

  15. Outlook Express を終了して、再度起動すると、プロセスが完了します。

Outlook Express メッセージを Outlook にインポートする

  1. 次のいずれかを実行します。

    • Outlook 2010 では、[ファイル] タブで、[開く]、[インポート] の順にクリックします。

    • Outlook 2007 では、[ファイル] メニューで、[インポートとエクスポート] をクリックします。

  2. [インターネットメールやアドレスをインポート]、[次へ] の順にクリックします。

    インポート/エクスポート ウィザード

  3. [Outlook Express] をクリックします。

  4. [メールのインポート] チェック ボックスをオンにします。

  5. [次へ] をクリックします。

  6. [完了] をクリックします。

  7. インポートの概要のコピーを受信トレイに保存するには、[受信トレイに保存] をクリックします。

ページの先頭へ

アカウント名とアカウントの設定を Outlook Express からインポートする

  1. 次のいずれかを実行します。

    • Outlook 2010 では、[ファイル] タブで、[開く]、[インポート] の順にクリックします。

    • Outlook 2007 では、[ファイル] メニューで、[インポートとエクスポート] をクリックします。

  2. [インターネットメールアカウントの設定をインポート]、[次へ] の順にクリックします。

  3. [Outlook Express]、[次へ] の順にクリックします。

  4. インポート/エクスポート ウィザードの残りの指示に従います。

ページの先頭へ

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×