Outlook Customer Manager にデータをインポートする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Excel スプレッドシートから、連絡先、会社および案件をインポートできます。これは、Outlook 顧客マネージャーに既存の連絡先管理ソリューションから移行している場合に特に役立ちます。

.CSV ファイルからデータをインポートする

.CSV ファイルは、Excel で読み取ることができるコンマ区切りファイルです。データが Excel スプレッドシートに格納されている場合は、[ファイル]、[名前を付けて保存] の順に選択して、ファイルを .CSV ファイルとして保存します。

  1. Outlook Customer Manager リボンの [データ] グループから [インポート] を選択します。

  2. インポートするデータの種類を選びます。

  3. [参照...] を選んで、.CSV ファイルを選択します。

  4. [次へ] を選択して、Outlook Customer Manager がファイルを分析することを許可します。この操作により、ファイルをインポートできるかどうかを確認することを Outlook Customer Manager に許可します。

  5. .CSV ファイルの列を Outlook Customer Manager のフィールドにマッピングします。たとえば、.CSV ファイルの市町村フィールドを Outlook Customer Manager の [市区町村 (勤務先)] フィールドにマッピングすることができます。

  6. ] を選択し、重複するエントリを処理する方法を選択します。

    として次の条件に基づいて、重複するエントリを特定します。

    • 同じメールが含まれている場合、ビジネス用連絡先は重複として識別されます。

    • 企業は、同じ名前が含まれている場合、重複として識別されます。

    • 取引は、同じ名前が含まれている場合、重複として識別されます。

  7. もう一度 [次へ] を選び、Outlook Customer Manager がファイルを検証することを許可し、[インポートの開始] を選択します。

  8. インポート プロセスがバック グラウンドで実行され、画面の下部にある進捗状況を表示できます。

Outlook Customer Manager の詳細

Outlook Customer Manager についてご質問がある場合や、製品についてのドキュメントを閲覧する場合は、「Outlook Customer Manager FAQ (Outlook Customer Manager によく寄せられる質問)」を参照してください。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×