Outlook Customer Manager にアクティビティを記録する

Outlook Customer Manager では、様々なアクティビティを追跡し、それらを案件、連絡先、または会社にリンクさせることができます。会議を追加、タスクを作成、ファイルをアップロード、および任意のアイテムからメモを入力することができます。

連絡先、会社、または案件にアクティビティを追加する

Outlook Customer Manager では、連絡先に送信するすべてのメール メッセージが自動的に記録されます。ただし、会議、通話、メモ、またはファイルなど、その他の種類のアクティビティがある場合は手動で追加することができます。

  1. Outlook Customer Manager で、連絡先、会社、または案件を開きます。

    Outlook Customer Manager のようこそ画面
  2. 会議ログ、通話ログ、または投稿を追加するには、タイムラインの見出しのすぐ下のボックスに直接入力することができます。例: Called Kim at 3pm on Wednesday to discuss new deal. 既定のアイテムの種類は新しい投稿ですが、代わりに会議または通話アイコンを選択することができます。入力するにつれて、Outlook Customer Manager は、追加するアクティビティの種類を検出し、オプションを提案します。提案を承諾するか、別のアクティビティの種類を選びます。メモの入力が完了したら、[保存] を選択します。

    Outlook Customer Manager に新しいアクティビティを追加する

    注: アクティビティを保存すると、タイムラインの一部となります。必要に応じて、あとでアクティビティを選択し、詳細を編集することができます。

  3. 他の種類のアクティビティを追加することもできます。

    • 長い形式のメモを追加するには、[タイムライン] の隣にある [メモ] を選択します。[メモの追加...] ボックスに入力を開始します。完了したら、[保存] を選択します。

      この方法で追加したメモは、タイムラインの一部になりませんが、常に連絡先、会社、または案件にリンクされます。

    • ファイルをアップロードするには、[ファイル] オプションを選択します。[ファイルの追加] を選択し、[URL でファイルを追加] または [ファイルのアップロード] を選択します。

      注: ファイルは OneDrive for Business および SharePoint​​ に保存されるため、オンラインのファイルに加えたすべての変更は、連絡先、会社、または案件で保存された項目に反映されます。

    • 案件のタイムラインにメールを追加するには、メールから [Customer Manager] ボタンを選択します。[Show all related (すべての関連情報を表示)]を選択して、案件の隣にある [ + ] 記号を選択し、案件の名前を入力します。Outlook Customer Manager は、案件のマッチングを提案します。適切な案件を選択し、[保存] を選択します。

Outlook Customer Manager の詳細

Outlook Customer Manager についてご質問がある場合や、製品についてのドキュメントを閲覧する場合は、「Outlook Customer Manager FAQ (Outlook Customer Manager によく寄せられる質問)」を参照してください。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×