Outlook 2016 for Mac で自分のアカウントの種類を確認する方法

Outlook 2016 for Mac は、POP、POP3、IMAP などのさまざまなアカウントの種類をサポートしています。Outlook の一部の機能を使うには、Microsoft Exchange Server アカウントが必要です。Microsoft Office 365 には Exchange Online が含まれており、一部のインターネット ホスティング プロバイダーからも Exchange アカウントが提供されています。

ヒント: Outlook 2016 for Mac にアカウントを追加するときにアカウントの種類がわからない場合は、メール プロバイダー、インターネット サービス プロバイダー (ISP)、またはメール管理者に問い合わせてください。

使用しているアカウントの種類を確認するには、次の操作を行います。

  1. [ホーム] タブの [アカウント] をクリックします。

  2. [アカウント] ボックスの左側のウィンドウで、アカウントをクリックします。

    右側のウィンドウの上に、そのアカウントの種類 (Exchange、IMAP、POP など) が表示されます。

注: ほとんどの最近のメール クライアントとサーバーは、POP3 をサポートしています。POP3 と IMAP の 2 つは最も普及しているメール用のインターネット標準プロトコルであり、Gmail、Outlook.com、Yahoo! Mail などの多くの Web メール サービス プロバイダーで使用されています。これらのプロバイダーは IMAP または POP3 でのメールのダウンロードもサポートしています。

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×