Outlook 2016 for Mac でメール メッセージの書式を設定する

Outlook 2016 for Mac のテキストの書式設定ツールで、フォント、箇条書き、色などのオプションを活用すると、個性を生かしたコンテンツを作成できるようになります。重要な用件のメッセージは外見をフォーマルにしたり、状況に応じて、より遊び心のある外見にしたりします。Word 2016 for Mac や PowerPoint 2016 for Mac など、その他の Office 2016 for Mac アプリを使い慣れている場合は、新しいメールを作成したり、既存のメールに返信したりするときに、リボンにあるこれらのボタンに見覚えがあるはずです。

Outlook for Mac のリボンの書式設定オプション

この記事では、フォントの変更、リンクの埋め込み、テキストや画像のメール メッセージへの貼り付けなど、人気の書式設定タスクについて説明します。

フォントを変更する

Outlook に初めてサインインするときの既定のフォントは、Calibri (本文) 11 です。ただし、他にもさまざまなフォントが用意されています。

  1. フォントを変更するテキストを強調表示します。

  2. ドロップダウン リストから、フォントとフォント サイズを選びます。

    Outlook for Mac のフォントとフォント サイズ

  3. [フォントの色] から色を選び、色を追加します。

    Outlook for Mac のフォントの色

リンクを埋め込む

メール メッセージにハイパーリンクを含めることは簡単です。ハイパーリンクが設定されたテキストには下線が付き、青のフォントで表示されます。ただし、これはテキストのため、ハイパーリンクのフォント、サイズ、色を編集できます。また、強調表示、太字、斜体にすることも可能です。

  1. リンクとして指定する単語を強調表示します。

  2. [ハイパーリンクを追加する] を選びます。

    Outlook for Mac リボンのハイパーリンク ボタン

  3. 使用する URL を入力して、[OK] をクリックします。先ほど選択した単語がハイパーリンクになり、メールの受信者がこれをクリックすると直接 Web ページに移動します。

    Outlook for Mac のハイパーリンク ダイアログ

  4. URL を編集するには、もう一度ハイパーリンクに設定された単語を選び、[ハイパーリンクを追加する] をクリックします。

  5. ハイパーリンクの書式設定を編集するには、ハイパーリンクに設定された単語を選び、適用する書式ボタンをクリックします。

    Outlook for Mac の書式設定ボタン

テキストと画像をメッセージに貼り付ける

別のメール、ドキュメント、Web ページからの抜粋を共有したいときに、思ったように抜粋できないことがあります。抜粋するコンテンツを増減して調整すると、うまくいくかもしれません。あるいは、貼り付け作業のときに書式設定を変更するのも、一案です。Outlook の貼り付けツールが役に立ちます。

  1. メッセージに追加するコンテンツを選んでコピーします。

    コピーする部分を選択した Web ページのスクリーン ショット

  2. メール メッセージに移動して、[編集]、[貼り付け] の順に選びます。

  3. 貼り付けたテキストの下に、貼り付けコントロールのアイコンが表示されます。クリックして、貼り付けオプションを表示します。

    テキストを Outlook for Mac に貼り付けるときの貼り付けオプション

    • [元の書式を保持] をクリックすると、元の書式設定と画像が保持されます。

    • [貼り付け先の書式を適用] をクリックすると、使用しているメッセージと同じフォントに変更されます。画像は変更されません。

      ヒント: テキストをメッセージに貼り付けるときにフォントが拡大する場合は、この貼り付けオプションを使用して、問題を解決します。

    • [テキストのみ保持] をクリックすると、すべての書式設定と画像が削除され、テキストだけが残ります。

  4. 希望するものを選びます。

リストを追加する

メールにリストを追加する必要がある場合は、Outlook 2016 for Mac の箇条書きと段落番号や、より複雑なケースのために入れ子になったリストを利用できます。さまざまな行頭文字や番号の書式を使用したり、独自で作成したりすることも可能です。

リボンのリスト ボタンは、行頭文字または数値の表示形式を選ぶ場所にあります。インデント ボタンでリストのセクションを上げ下げして、入れ子のリストを作成することもできます。

Outlook for Mac リボンのリスト ボタン

  1. 箇条書きが必要な場所にカーソルを置きます。

  2. [メッセージ] タブで、[行頭文字] または [段落番号] の横の矢印をクリックします。

  3. 行頭文字または段落番号のスタイルを選んで、入力を開始します。行頭文字で使用できるスタイルの例は、次のとおりです。

    一覧にするテキストを強調表示して、行頭文字または段落番号ボタンをクリック

  4. Enter キーを押して新しい箇条書きを挿入するか、Enter キーを 2 回押して箇条書きを終了します。

ヒント: 段落をアスタリスクとスペース (*) で始めるか、番号 1 とピリオド (1.) で始めると、Outlook には、[オートコレクションのオプション] が表示され、箇条書きまたは段落番号の作成が開始されます。箇条書きや段落番号が不要な場合は、[オートコレクションのオプション] をクリックしてから、[箇条書きを自動的に作成しない] または [段落番号を自動的に作成しない] をクリックします。

段落番号の自動設定が表示されるオートコレクト ボタン

よく寄せられる質問

  1. 表を挿入することはできますか。

    まだできません。回避策として、Word や Excel などの Office アプリで表を作成して、メッセージに貼り付けてください。コーナーや列と行の罫線をドラッグすると、サイズを変更できます。

  2. 書式のコピー/貼り付けはどこにありますか。

  3. 書式のコピー/貼り付けは、Outlook 2016 for Mac ではまだ利用できません。

関連項目

Insert pictures in Office for Mac (Office for Mac に画像を挿入する)

メール メッセージの画像のサイズを変える

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×