Outlook 2016 for Mac でメールの言語を自動認識してスペルをチェックする

1 通のメールの中で複数の言語を使うことが多い場合は、Outlook 2016 for Mac の言語を自動認識してスペルをチェックする機能を利用すると、時間を節約できます。

これは 2 段階のプロセスです。最初に、最もよく使う言語を選択します。次に、メッセージを作成します。

優先する言語を選択する

  1. Mac で、[システム環境設定] ( Mac の [システム環境設定] ボタン )、[言語と地域] ( Mac の [言語と地域] ボタン ) の順に選択します。

  2. [優先する言語] の下の [+] を選択します。

  3. 使用する予定の言語を選択して [追加] を選択します。

  4. 最優先の言語を選択します。

  5. 言語ごとに繰り返します。

メール メッセージを作成する

  1. Outlook が開いている場合は、いったん終了して再起動すると言語の追加が反映されます。

  2. 新しいメール メッセージを開き、メッセージの本文にカーソルを置いて [編集]、[言語]、[言語] の順に選択します。

    Outlook 2016 for Mac の [編集] > [言語] メニュー

  3. [自動的に言語を認識する] を選択して [OK] を選択します。この設定は Outlook を終了しても記憶されているため、以降は再設定の必要はありません。

    Outlook 2016 for Mac の [自動的に言語を認識する] 設定

  4. メッセージのテキストを各言語で入力します。Outlook による自動チェックが実行され、スペルが誤っている部分には赤色の下線が表示されます。

    ヒント: 言語認識は、完全な文に対してのみ機能します。文の最後に必ず句読点を入力してください。これで言語認識が開始します。

    英語の文とドイツ語の文。ドイツ語の単語のスペル ミスがあります。スペルが誤っている部分に赤色の下線があります。

  5. Ctrl キーを押しながらクリックして、スペルの誤りのある単語の修正候補を一覧から選択します。

関連項目

Office 2016 for Mac で別の言語でのスペル チェックと文章校正を行う

Office 2016 for Mac のプログラムの言語を変更するためにシステムの言語を変更する

Office 2016 for Mac でサポートされる言語

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×