Outlook 2016 for Mac でフォルダーを共有および委任するためのオプション

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Microsoft Exchange アカウント共有でき、同じ Exchange サーバー上のユーザーとOutlook 2016 for Mac電子メール メッセージ、予定表のイベント、連絡先、タスク、およびノートを委任できます。

注: 代理人をアドレス帳、予定表、メール フォルダーを共有すると、代理人またはそれらのフォルダーを共有するユーザー可能性のある] ビュー、個人的な連絡先、イベント、または電子メール メッセージを他のソフトウェア アプリケーションを使っています。お客様のプライバシーを保護するには、独立した、非共有アドレス帳、予定表、またはメール フォルダーにプライベートなアイテムを配置します。

フォルダーを共有するためのオプション

フォルダーを共有する場合は、フォルダーにアクセスする各ユーザーが何を実行できるかを定義するアクセス許可を設定できます。

アクセス許可レベル

共有ユーザーが実行できるアクティビティ

所有者

共有フォルダー内のすべてのアイテムの作成、閲覧、変更、削除を行います。 所有者は、そのフォルダーに対する他のユーザーのアクセス許可レベルを変更できます。

発行編集者

すべてのアイテムの作成、閲覧、変更、削除、サブフォルダーの作成を行います。

編集者

すべてのアイテムの作成、閲覧、変更、削除を行います。

発行作成者

アイテムの作成と閲覧、サブフォルダーの作成、作成したアイテムの変更と削除を行います。

作成者

アイテムの作成と閲覧、作成したアイテムの変更と削除を行います。

非編集作成者

アイテムの作成と閲覧、作成したアイテムの削除を行います。

参照者

アイテムの閲覧のみを行います。

投稿者

アイテムの作成のみを行います。

ユーザー設定

フォルダーの所有者によって定義された操作を実行します

空き時間情報、件名、場所

予定表の共有のみ、閲覧、空き時間情報、件名、および予定表のイベントの場所。

空き時間情報

予定表を共有する場合のみ、予定表のイベントの空き時間情報を説明します。

なし

何も行いません。 ユーザーはアクセス許可リストに残りますが、アクセス許可がなく、フォルダーを開くことができません。

フォルダーを委任するためのオプション

代理人を追加する場合、予定表、受信トレイ、アドレス帳、タスク、メモの各フォルダーに対して個別のアクセス許可レベルを代理人に与えることができます。

アクセス許可レベル

代理人が実行できるアクティビティ

編集者

アカウント所有者が作成したアイテムの変更と削除を含め、アイテムの閲覧、作成、変更を行います。 たとえば、編集者アクセス許可を持つ代理人は、アカウント所有者の予定表で直接、会議出席依頼を作成したり、アカウント所有者の代わりに会議出席依頼に返信したりできます。

作成者

アイテムの閲覧と作成、自分が作成したアイテムの変更と削除を行います。

参照者

アイテムの閲覧のみを行います。 たとえば、代理人はアカウント所有者の受信トレイのメッセージを閲覧できます。

関連トピック

Outlook 2016 for Mac で予定表を共有する

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×