Outlook 2016 for Mac でビューをカスタマイズする

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

Outlook 2016 for Mac を長時間使用する場合、作業環境に合わせてセットアップしたいことがあります。たとえば、メールや予定表アイテムの表示スペースを広げるために、一部の要素を非表示にできます。また、列を移動、追加、削除、サイズ変更して、情報を好みに合わせて表示することもできます。

リボンを最小化または展開する

リボンを最小化して、タブだけを表示できます。

  • [ビュー] メニューで [リボン] をクリックします。

    ヒント: アクティブなタブをクリックするか、 [リボンを折りたたむ] ボタン をクリックして、リボンを最小化することもできます。

フォルダー ウィンドウを表示または非表示にする

  • [ビュー] メニューで [フォルダー ウィンドウ] をクリックします。

メール フォルダーのグループを解除する

既定では、Outlook は、すべてのメールおよび Microsoft Exchange アカウントの受信トレイのような類似するフォルダーをグループ化します。この機能を使うと、複数のメール フォルダー間を移動せずに、すべてのメールを一度に読むことができます。この機能は、必要に応じて無効にして、すべてのアカウントとフォルダーをフォルダー一覧に個別に表示できます。

  1. [Outlook] メニューで [環境設定] をクリックします。

  2. [個人設定] で、[全般] をクリックします。

    Outlook の [環境設定] で [全般] アイコンが表示されます。

  3. [フォルダー一覧] で、[受信トレイなど、異なるアカウントの類似するフォルダーをグループ化する] チェック ボックスをオフにします。

閲覧ウィンドウを配置する、または非表示にする

閲覧ウィンドウ (プレビュー ウィンドウと呼ばれることもあります) を使うと、アイテムを開かなくても読むことができます。閲覧ウィンドウは、好みに応じてカスタマイズできます。閲覧ウィンドウは、Outlook ウィンドウの右側やアイテム一覧の下に表示したり、非表示にしたりすることができます。

  • [整理] タブで、[閲覧ウィンドウ] をクリックしてから、オプションをクリックします。

    注記: 

    • 閲覧ウィンドウのサイズを変更するには、閲覧ウィンドウとアイテム一覧の間の境界線にポインターを置いて、境界線をドラッグします。

    • 閲覧ウィンドウは、カレンダー ビューでは利用できません。

アイテム一覧をカスタマイズする

アイテム一覧には、メッセージ、連絡先、タスク、メモが一覧表示されます。既定では、アイテム一覧は、ナビゲーション ウィンドウと閲覧ウィンドウの間に縦方向に表示されます。

注: アイテム一覧は、カレンダー ビューでは利用できません。

アイテム一覧の並べ替え順序を変更する

  • [整理] タブの [並べ替え] をクリックして、オプションをクリックします。

アイテム一覧の列を選択する

閲覧ウィンドウが非表示になっているかアイテム一覧の下にある場合、アイテム一覧の上部に表示する列を選ぶことができます。利用できる列は、一覧のアイテムの種類によって異なります。

  1. [整理] タブで、[閲覧ウィンドウ] をクリックして、[] または [オフ] を選択します。

  2. [表示] メニューの [] をポイントして、列名をクリックします。 現在のビューの列には、チェック マークが表示されます。

    ヒント: 

    • アイテム一覧で、並べ替えの基準にする列見出しをクリックします。

    • 列を並べ替えるには、列見出しをクリックして、新しい位置にドラッグします。

    • 列のサイズを変更するには、ポインターを列見出しの右端に置いてポインターの形が変わったら、端をドラッグします。

受信メッセージのテキスト サイズを変更する

  1. ナビゲーション ウィンドウの一番下にある [メール] をクリックします。

  2. メッセージをクリックして、[書式設定] メニューで、[フォント サイズの拡大] または [フォント サイズの縮小] をクリックします。

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×